カードローン

カードローンについての知識は万全ですか?

キャッシング カードローン

カードローンの基礎知識

カードローンでお金を借りようと思っているそこのアナタ!キャッシングについての知識は万全ですか?借りてしまってから、やってしまってから知らなかったではすみません。お金は大切です。失敗しないためにまずは基礎知識や正しい情報を学びましょう。



カードローン 審査

カードローンの申込み・審査について

カードローン審査についてあなたはどれくら知っていますか?どうやって審査しているか、審査基準や明らかに審査に通らない人たちがいることをご存知ですか?自らのカードローン申請を上手く通すためには、カードローンの審査について詳しく知りましょう。



カードローン 金利

カードローンの金利や返済について

カードローンで借りたお金はもちろん返さなければなりません。しかし返済といっても金利であったり返済方法であったり沢山の選択肢や知っておききた知識があります。なるべく損をないように少ない金利で返済できるようしっかり返済計画を立てましょう。



カードローン 比較

カードローン会社の比較・情報

カードローンサービスを行なっている金融会社やキャッシング業者はたくさんありますが、それぞれに特徴があります。いくつもあるカードローン会社からあなたにあったサービスを見つけるために、なるべく多くの業者を比較して借りる所を検討しましょう。



カードローンを無利息で利用する方法と注意点

カードローンは専用のカードさえ持っていれば、あちらこちらに設置されているATMなどから、簡単にお金が借りられるため、急な出費に手持ちが足りない時にはとても便利です。気がかりな点としては、他のローンよりも自由度が高い分、金利が高めなところでしょうか。

借入れをする以上、利息も併せて返済するのは当然ではあるものの、出来ることなら、その利息分は少ないにこしたことはありません。そこで、金利の低いカードローン会社を選んだりするのですが、条件さえ整っていれば、その利息分を払うことなく、元金だけを返済することも不可能ではありません。

カードローン会社の中には、一定期間を無利息にしているところがあり、その利息が発生しない期間内に借りた元金を全て返済することが出来れば、「無利息」。つまり、タダでお金を借りることが可能であるということになります。

例えば、1週間後にボーナスが支給されるので、まとまったお金が手に入る当てがある状態であり、手持ちのない今をしのぐためにカードローンを利用するなどといった場合であれば、借入れた金額を無利息の期間内に元金を全額返済する目処が立っている状態なので、無利息カードローンを利用することは、賢い借入れ方法と言えるでしょう。

この無利息期間が適用される条件は、各会社によってそれぞれに違い、多く見られるのは「初回のみ」、「キャンペーンにつき」といったものや、「インターネット経由でのお申込みに限り」などで、新規の融資のみに適用している会社が多いものの、何度でも可能なところもあります。また、無利息の「期間」についても各会社により違いがあり、同じ会社でも借入れする金額によって、期間が変わるケースもあります。

注意点としては、無利息期間内での既定の返済日に返済が滞ってしまった場合には、遅延損害金が発生するばかりではなく、その日以降、通常の金利が加算されてしまうこともありますので、無利息期間内と言えども、返済日をしっかり守る必要がある点などがあげられます。

以上のように、しっかりと契約内容を確認のうえ、返済の目処が立っている状態であれば、無利息カードローンは、断然お得な借入れ方法であると言えるでしょう。

カードローンを上手に利用するコツは、ご利用前の返済計画にあります

急にお金が必要になった時、素早く簡単に応えてくれるカードローンが利用できることは、とても助かります。簡単便利なカードローンではありますが、お金を借りるということは、利息をプラスした分を返済する必要があるということに変わりありません。

カードローンを上手に利用するということは、極力少ない利息分に留め、完済させるというところにあります。「これだけの額を借りた場合」「毎月最低でもいくらを返済しなければならないのか」という最低返済額を出し、その金額が十分に可能であるのかどうかを見極めること。

また、返済期間中に最低返済額以外に、返済に充てられる余裕がある時がどれくらいあるのか、見通しを立てておく、つまり、無理のない返済計画を立てておくことがポイントとなります。

カードローンの返済方法には、「約定返済」と「随時返済」の2つの方法がありますが、「約定返済」とは、月々決まった日に、決まった額を返済する方法で、返済の中身は、元金と利息分を合わせたものとなっています。これが滞ってしまうと、金融会社の信用をなくしてしまうばかりか、延滞利息が加算されるため、支払う利息を増やしてしまうこととなります。この返済に関しては、最低限、守っていく必要があるということになります。

もう一つの方法である「随時返済」とは、余裕のある時に毎月の決まった返済額以外に、任意の金額を繰り上げ返済する方法のことをいい、約定返済とは違い、すべて元金に充てられますので、多くするほど元金は減り、利息も減ることとなります。つまり、約定返済は滞りなく、随時返済を出来るだけ多くすることが、利息を最小限に留めながら、短い期間での返済を可能にするコツということになります。

各カードローン会社のホームページ上では、「返済シミュレーション」を設置されていることが多く、「これだけの借入額だと毎月いくらずつの支払いになるのか」「何回くらいの回数で完済することができるのか」など、あらゆる面からのシミュレーションが出来るため、借りたお金を完済するまでのイメージをつかむことが出来るので、無理のない返済計画を立てるにはとても役立つツールと言えるでしょう。

金利を確認してからが賢いカードローンの利用方法

急な出費でお金が必要になった時など、手軽に素早く利用することができるカードローンはとっても便利です。カードローンは、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンとは違い、使用目的が自由であることや保証人や担保を必要とせず、審査基準が目的別ローンに比べると緩やかで、カード発行までが早いという特徴があります。

カードローンは、この特徴から気軽に利用できるものの「お金を借りる」という行為には変わりがなく、借りた金額に利息分をプラスして月々、返済していく仕組みは、他の融資と変わりません。やはり、金利は気になるところです。

金利が数%違うだけで返済総額が大きく異なってきますので、利用する前に金利の確認をして、少しでも低金利のカードローンを賢く利用した方がいいでしょう。金利は金融会社によりそれぞれ違います。各社、元金に対して「1年間でどれくらいの利息が付くのか」という「実質年率」を表示する決まりとなっているので、利用者は簡単に金利を確認することが可能です。

大抵の場合、○%~○%といったように幅を持たせた表記をしていますが、小さい方の値を下限金利、大きい方の値を上限金利といい、一般的に金利は、融資額が大きいほど下限金利に近く、小さいほど上限金利に近い数字となります。
そのため、カードローンのような個人向けの小口融資の場合は、上限金利を意識してチェックしておくといいでしょう。

実際に支払う利息に関しては日割計算となり、元金(残高)×実質年率×日数÷365日=「利息」という計算方法が取られ、例えば、5万円を7日間借りていたと仮定し、実質年率が17%だったとすると、50,000×17%×7÷365=「163円」が利息分となり、返金総額は50,163円ということになります。つまり、できるだけ短期間で返済した方が払う利息は少なくて済むということになります。

カードローンは、いざという時に役立つ便利なものですが、返済の目処をはっきりさせ、金利を比較してから利用する方が、より賢い利用方法であるということが言えるでしょう。

カードローン選びは低金利?無利息?あなたにあった選び方

給料日を目前にして緊急の出費が発生した際などの緊急事態を乗り切る方法として、カードローンという手段があります。カードローンは、使途目的が自由な点や、申し込み時に保証人や担保を必要としない点などでも、気軽に利用しやすく、万が一の時には役に立ってくれるので、専用のカードを持っておきたいところです。

ただ、お金を借りるということは、返済時には利息分も払うこととなり「借りた金額よりも多い金額を返す」というわけですから、金利は低いにこしたことはないでしょう。また、その利便性の高さから、他の融資に比べ、カードローンの金利はやや高めに設定されていますので、尚更、金利の比較はしておきたいところです。

金利は、貸し付けをする会社によりそれぞれ違いますが、一般的に、低金利とされているのは、銀行系のカードローンです。メリットは、他に比べて低金利であること、利用限度額も他よりも大きく、信用度が高いところでです。デメリットは、他の会社よりも審査がやや厳しく、カード発行までの時間が他に比べると多少かかる、といったところです。

これまでに、返済などのことで事故を起こしていない方や、他での借入れがない方などは、イザという時のために、カードを作っておくのもいいのではないでしょうか。対して、消費者金融系は、銀行系に比べると金利は高めになっているデメリットはあるものの、対応の迅速さは銀行よりも優れているメリットもあります。また、決められた日数内での返済により、無利息で借りられる仕組みもあります。

このように、各会社メリットデメリットはそれぞれありますので、金利ばかりが検討内容ではありませんが、金利が高ければ返済の時に苦労する可能性もありますので、低金利な会社を選びたいところです。また、無利息期間などを設定している会社もありますので、状況により使い分けることがもっとも、賢い利用方法となるのではないでしょうか。

カードローンに年収制限?実はとっても大切なんです。

2010年6月から改正賃金業法が施行され、新しく総量規制が導入されました。この導入により、借りる人の年収の1/3までが融資額と定められたのです。この規制の対象となったのが、消費者金融や信販会社、クレジット会社などであり、銀行からの借り入れは対象外となりました。また、住宅ローンや自動車ローンなども対象外となっています。

このことで、話題となったのが専業主婦のような無収入者は、事実上、独断で融資を受けることができなくなったということです。専業主婦が融資を受けたい場合は、配偶者の同意と婚姻の事実を示すものの提示が必要となりました。専業主婦の中には、配偶者に内緒で日々の生活費や家計を、カードローンで賄っていた人も多く、これらの人には大変大きなニュースとなって報道されました。

しかしこの規制は、弱者を守るための規制であることは間違いありません。返せる見込みのない人にも平気で高い金利で融資をするようなローン会社から守るための規制だと言えるのです。実際、高い金利に苦しめられ、融資額を返金することができず、自己破産に至るケースが後を絶たないことからも、こういった規制は必要だったのかも知れません。

カードローンを受ける場合のもう一つの規制が、すでに年収の1/3以上借り入れがある人は、新たにローンを申込むことが出来ないということです。この規制も、もうこれ以上返せる見込みのない人に、新たなローンを生まないようにするための規制です。複数のローン会社とローン契約を結んだ結果、ローンを返済するためのローンを抑止するための規制と言えるでしょう。

カードローンの年収制限は、借り手側には都合の悪いこともあるかも知れませんが、ある程度の規制の中で、ローン計画を立てることが最も大切なことなのです。

カードローンで見られるあなたの信用情報とは

人からお金を借りるとき、一番必要なのはその人との信頼関係ではないでしょうか。何も知らない初対面の人に、いきなりお金を貸す人はいませんよね?たとえお金を貸す会社であったとしても、基本的な考え方は同じことです。何も調べずにお金を貸すことはないのです。

では、何を持ってその人の信頼性を測るのでしょうか。個人に関する情報は個人情報といい、氏名や生年月日、住所・勤務先などがそれにあたります。いわゆるその人自身を特定してしまう情報のことです。この個人情報に、年収や住宅に関する情報、ローンの有無や公共料金の支払情報を加えたものが信用情報と言われ、カードローンをなどのローンを組む時に見られる情報なのです。

カード会社が融資に関する審査を行う時、申込者の信用情報を個人信用情報機関に確認します。ここでは、クレジットカードやキャッシングの利用状況や現在の借入額などが記録されていますので、多重債務のある人や支払の滞納がある人が判明するのです。

お金を借りる際、公務員や大企業に勤めていたとしても、返済意思が低いと判断されると融資を断られる場合があります。いくら安定した収入があり、高収入だったとしても、延滞履歴があったり、未払いがあるのは返済意思がないと判断されかねないのです。逆にいえば、収入は低くクレジットなどの利用頻度が高くても、滞りなく返済が行われている場合は信用度が高くなります。

現在私たちの生活は、カード払いや料金後払いの銀行振り込みなどが頻繁に使われいます。日頃から、後払いの請求を期限期限内に済ませることや引き落としの残高不足にしないことなどに気をつけて生活することが大切なのです。

ポイントを押さえて信用アップ。カードローンにおける審査基準。

カードローンを申請すると、申込と同時に審査が行われます。その際みられるのが本人の返済能力と信頼性です。その上で融資出来るか否か、また借入の限度額が設定されます。会社によって、審査基準は異なりますが、一般的には次の事項が審査材料となっています。

①年収について。当然のことながら、収入が高ければ審査に通りやすくなります。高収入=返済能力が高いと判断されるからです。また借入限度額も高く設定してもらえます。

②住宅形態と居住年数について。持家である場合、住所変更の可能性が低く、何かあった時にも連絡を取りやすいということや、家賃がかからないため返済が安定すると評価されます。また、社宅住まいの場合も家賃が安く、転職などの可能性が低いことから安定していると評価してもらえます。居住年数についても、持家に長く住んでいるということは、住宅ローンがだいぶ減っていると考えられるため、安定した返済が可能であると判断されます。

③職業について。公務員や大企業は収入が安定していることや、待遇が恵まれていることから転職のリスクが低いと判断され、審査に通りやすく融資額も高く設定されます。また、年収というよりは、安定した職業であることや勤続年数の長さが評価されると言えます。

④年齢や家族構成について。20代後半から30代の独身者で、定職のある人ならば収入面での心配がもっとも低いと言えます。扶養家族が多いとその分出費が増えるわけですから、マイナス評価となります。また50代以降は定年が近いことから敬遠される場合もあります。

⑤他社の利用状況について。収入が高くても、他社からの借り入れが複数あったり、高額であれば審査に通らないこともあります。また未払いや返済遅延のある場合も当然ながら評価を下げる要因となります。

以上のことから、カードローンの審査基準はいくつかのポイントがあるのが分かりますね。安定した収入と返済できる見込みが立つかどうか、これが一番のポイントと言えるでしょう。

カードローンの仮審査ならすぐに結果が見えるんです。

インターネットの普及に伴って、ますます利便性の高まったカードローンです。昔のように窓口に行く必要もなく、申込が行えるようになったのです。ローン契約にはもちろん審査が必要となりますが、ある程度収入があり他の返済額が低ければ、パソコン上で融資可能かどうかの判断が数秒で確認できるサービスもあります。

もちろん会社ごとにそのサービス内容は異なりますが、基本的には、年収と生年月日と保険の種類、他の借入額や件数を入力すると仮審査の結果がすぐに分かります。仮審査に通ると、そのまま申込画面に行こうするところもあります。あとは指示に従って、個人情報を登録していけば申し込みが完了するわけです。

仮審査に通らなかった場合、電話での問い合わせ先が表示されますので、さらに詳しい条件などをオペレーターに確認することができます。たとえ一社の仮審査に通らなくても、会社を変えれば仮審査に通ることもあります。その審査基準もさまざまですから、パソコンさえあれば自宅に居ながら、条件にあうローン会社を選ぶことができます。

さて、仮審査とはあくまでも仮の審査に過ぎません。もちろんその後に本審査があるわけです。本審査では、仮審査の際に入力した内容と本審査の際に提出された確認書類に相違がないかどうかを見極めます。当然ながら、仮審査時に嘘を入力していれば、本審査に通るわけはありません。本審査でも問題なければ、いよいよ融資へとなるわけです。

急な出費で困ったら、即日融資のカードローンで解決!

いくら計画をたてて生活しているつもりでも、急な出費は避けられないものです。冠婚葬祭や事故や病気、しかも出費が一時に重なることもよくある話です。昔なら、気のいい親せきのおじさんや、親しい友人にちょっとお金を借りるなんてことはよくありましたが、人とのつながりが薄れてきている現代において、知人からお金を借りることはなかなか勇気のいることではないでしょうか。

そんな時代に沿うように、最近巷にあふれているのがカードローンです。ATMは街を歩くと至る所に存在していますし、テレビのCMなどでもよく流れていますから、カードローンは現代人にとって親せきや友人よりも、頼りになる存在になっているのです。

さらに便利な事に、ローンを開始する際に必要な手続きがとても迅速だということです。早いところでは数秒で審査が終わり、融資が開始する会社もあるのです。まるでキャッシュカードで自分の口座から払い出ししたかのような手軽さとスピードが存在しているのです。

これらの消費者金融や信販会社などは、それぞれ特徴を持っています。銀行系ローンのように低金利で融資出来る会社や、即日融資出来る会社、審査が比較的楽な会社・・・。それぞれの特徴が、自分の必要な要素を満たしてくれるのかどうかが選ぶポイントとなるでしょう。金利よりも今すぐ借りたい・審査には自信があるから信頼度の高いところから借りたいなどなど。

急な出費は避けられないと冒頭で言いましたが、それでもきちんとした返済プランが見込めるだけの金額に抑え、その場しのぎの融資にならないよう、しっかり考えておきましょう。手軽に大金を借りることが、どのようなリスクをはらんでいるのかをしっかり理解しておくことが大切です。

「カードローン審査に通らない」にはきちんとした理由あり。

決まった収入がある人や、定職についていない人、専業主婦に学生。どんな立場の人にも急にお金が必要となることはありますね。頼れる人がいればいいのですが、周りに迷惑をかけず自分で何とかお金の都合をつけたいときなど、やはりカードローンはとても助かる存在です。

さて、先に挙げたいろいろな立場の人の中で、一番カードローンを受けやすい人は誰でしょう。お金を貸す側に立って考えれば、だれもが「決まった収入のある人」が安心して融資できると考えるのではないでしょうか。その理由は簡単です。「きちんと返済してもらえそう」だからですね。

もちろん、お金を借りる人の「人と成り」を知っていれば、たとえ収入の安定しない人であっても、「この人は必ず約束を守る人」だという信頼の元にお金を貸すことはできるでしょう。ただ、それが対会社となると、人と成りを知る由もないわけですから、やはり見た目の条件で信頼できるかどうかを決めるしかないのです。ローン会社にとって、その見た目の条件が収入の安定性なわけです。

定職さえあれば、たとえ非正規社員ではなくても、その勤続年数なども考慮され審査が通ることもあります。フリーターの場合、半年以上は勤めていなくてはなかなか審査基準には通らないようです。

融資を受ける際には融資限度額が決められますので、その人の収入に見合った額を限度額として設定されます。ですから、審査基準としては確実に返済してもらえるかどうかが重要であり、どのくらいの収入があるのかは審査基準ではないのです。年収の高い人にはたくさん融資出来るし、年収が低い人にはそれなりの融資を行えばいいわけです。

たとえ定職を持っている人であっても、他社からの借り入れがたくさんあったり、公共料金の支払いが滞っている場合、審査に通らないこともありますので注意が必要です。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >