カードローン

カードローンについての知識は万全ですか?

キャッシング カードローン

カードローンの基礎知識

カードローンでお金を借りようと思っているそこのアナタ!キャッシングについての知識は万全ですか?借りてしまってから、やってしまってから知らなかったではすみません。お金は大切です。失敗しないためにまずは基礎知識や正しい情報を学びましょう。



カードローン 審査

カードローンの申込み・審査について

カードローン審査についてあなたはどれくら知っていますか?どうやって審査しているか、審査基準や明らかに審査に通らない人たちがいることをご存知ですか?自らのカードローン申請を上手く通すためには、カードローンの審査について詳しく知りましょう。



カードローン 金利

カードローンの金利や返済について

カードローンで借りたお金はもちろん返さなければなりません。しかし返済といっても金利であったり返済方法であったり沢山の選択肢や知っておききた知識があります。なるべく損をないように少ない金利で返済できるようしっかり返済計画を立てましょう。



カードローン 比較

カードローン会社の比較・情報

カードローンサービスを行なっている金融会社やキャッシング業者はたくさんありますが、それぞれに特徴があります。いくつもあるカードローン会社からあなたにあったサービスを見つけるために、なるべく多くの業者を比較して借りる所を検討しましょう。



カードローンの相続ってどうなるの?どうするの?

「相続」という言葉からは、不動産や貯蓄といったプラスの財産を受け継ぐといったイメージを持ちますが、民法上では、借金のようなマイナスの財産も含めて、被相続人(故人)が亡くなった時点で、相続人は全てを相続することとなるため、被相続人がカードローンの借金を残して亡くなった場合には、その返済義務は、相続人が引き継ぐということになります。

カードローンの借金といった債務を、相続人が背負わずにすむ方法は2つあり、明らかにプラスの財産よりも、はるかにマイナスの財産の方が多い場合には、「相続放棄」をすることにより、故人の全ての財産を相続しないことにできるため、プラスの財産もマイナスの財産も引き継がないこととなります。この方法を選択した場合には、「相続放棄の申述書」を家庭裁判所に提出することにより手続きを行うことができます。

もう一は「限定承認」という方法で、プラスの財産とマイナスの財産をしっかりと試算してみないとどちらが多いのか、はっきりとしない場合に使われ、もしも、マイナスの財産の方が多い場合においても、プラスの財産の範囲内での債務のみにとどまるため、相続人が借金を背負うという事態は避けることができる方法になります。

この2つ方法はいずれも、「自分が相続人になったことを知った時から3カ月以内」に家庭裁判所に申述しなければならない点においては同じですが、「限定承認」の場合は、期間内に故人が住んでいた管轄の家庭裁判所に財産目録を提出し、限定承認をする旨の申し立てをする必要があり、相続人は全員が足並みを揃えて、共同して行う必要があります。

手続きが煩雑なため、スムーズにことを進めるために、専門の法律家などに相談しながら行う人が多いようです。そのような場合、手数料を支払わなくてはなりませんので、その点を確認してから行う方がいいでしょう。この2つの方法、どちらの手続きもしない場合には、無条件で全ての財産を受け継ぐこととなり「単純承認」したということに自動的になります。

カードローン地獄から抜け出すためにした方がいいこととは

カードローン返済のため、収入から生活費を確保できなくなり、また借入れをしてしまう、そして、返済にあてるお金が足りなくなり、別の会社から借りて、別の会社への返済にあてることを繰り返す。このような、多重債務者になると、頭の中は、月に何度もある返済日を乗り切ることで一杯になってしまいます。

これが「カードローン地獄」という状態に陥っている症状ではないでしょうか。精神的にも大変つらいものです。一日でも早く抜け出す方法を具体的に考えて、行動に移してみてはいかがでしょうか。

まず、最初にしてみた方がいいことは、何社から、総額いくらを借り入れているか?各会社の金利はどうなっているか?月々の返済総額は?など、自分の現状を把握してみましょう。現実に目を向けることは、勇気が必要なこともありますが、これは避けて通れるものではありません。

次に、分散されている借入れを一本化できないものか検討してみましょう。低金利の金融会社から借入れをして、一旦、完済をした上で、その低金利の会社1社に返済をしていく方法である「おまとめローン」に切り替えることが出来ると、返済日は月に一度となり、低金利の分、返済総額を減らすことが出来ます。

ただし、設定される金利によっては、返済総額が逆に増える可能性もありますので、その点には注意が必要です。まとめることによる「損得」を検討して、利用するかしないかを決めましょう。また、お申込みをしても審査が通らないこともあります。

もし、一本化することが厳しい場合には、弁護士や司法書士といった、法律の専門家に相談してみることをお勧めします。この場合、依頼費用がかかりますので、「相談に関しては無料」といった法律事務所を利用してみるといいでしょう。また、多重債務者からの相談窓口は、公的な機関でも設けられていますので、まずは、そのような窓口に相談しみると安心かもしれません。

いずれにしても、カードローン地獄から抜け出すためには、自力での解決は不可能に近いと言っても過言ではないでしょう。一人で悩まず、専門の窓口へ相談して、解決への糸口をつかみましょう。

カードローンで借りたお金の過払い金や返還請求について

カードローンを利用したことのある人の中には、「もしかして、自分が返済し続けていたカードローンの返済額も多く払い過ぎているのではないだろうか?」「もしそうならどのようににしたら返還してもらえるのか?」とその方法が知りたいところではないでしょうか。

「過払い」とは、利息制限法を超える金利で借りていて、長期間に渡りその利息を払い続けたことにより、借り入れた元金が完済となっているにも関わらず、超過利息を支払っていた場合に多く発生します。返済期間としての目安は、5~10年以上借入れをしていた人が多いですが、期間が10年以上借り入れていても、必ず発生するとは限りません。

過払いが発生しているのかどうかを確認する方法は、借り入れをした金融業者に対して、契約時の利率、借りた日付や金額、そして返済した日付やその金額の履歴が明記されている「取引履歴の開示」を請求するところから始まります。

この取引履歴から、利息制限法に基づいた利率により計算のし直しをした結果、この法律の制限を超える利息を払ってしまっている場合には、その払い過ぎている分は、まず、元金に充当され、更には、元金に充当してもなお、払い過ぎている部分に関しては、返還請求をすることが可能ということになります。

この取引履歴に関しては、本人のみが開示を求めることが出来、それを元に払い過ぎているかどうかを計算するためには、無料の計算ソフトがインターネット上にいくかありますので、そちらをダウンロードして自分で計算することもできますが、弁護士や司法書士といった専門家に相談してみるのもいいでしょう。専門家への相談に関しては、信用がおけるかどうかの面と、費用の面を確認してから、依頼するといいでしょう。

最近では、着手金が0円で、過払い金が発生している時だけ報酬が発生するところもあり、更には、分割での支払いが可能なところなどがあるようなので、比較検討して決めるといいでしょう。また、過払い金請求に関しては、時効が過払い金発生の日から10年間と定められていますので、気になる方は早めに行動を起こすようにした方がいいでしょう。

カードローン返済を遅滞しそうな時、してしまった時にするべき事

何かと忙しい毎日を過ごしていて、気が付けばカードローンの借入額が増えていたり、複数のカードローン会社から借入をしていたり、なんてこともあるのではないでしょうか。「うっかり忘れていた」「適当に返済すれば大丈夫」とカードローン返済の遅滞に対して安易に考えるのは危険です。

カードローンの返済が滞ると、遅延損害金が加算されるばかりではありません。最悪の場合には利用額の減額や契約の停止、または、信用情報機関に登録されることになり、新たなローンを組む時に支障をきたす可能性もあります。

カードローンが遅滞すると、その日数分に遅滞損害金が発生し、追加の金利が加算されます。その期間によっては、大変高い金利となってしまうため、支払いが困難になってしまうことも実際にありますので、確実に返済期日を守るということは基本です。

もしも、「うっかり忘れてしまい」遅滞してしまった場合には、出来るだけ早くカードローン会社に連絡を入れましょう。こちら側から連絡をして、その後、速やかに支払いがあった場合には、会社に与える印象も違ってきますので、信用を保つことが出来ます。忘れてしまいそうな時には、自動引き落としにするなどの対策をしておきましょう。

また、病気やリストラなど、予期せぬ出来事が起こり、返済が困難になってしまった場合には、借入れ先の会社へ相談をしてみます。その際に、自分の収支の状況と、どのようにすれば返済出来るのかを伝え、会社との双方の話し合いにより、返済計画を決めるようにしましょう。

このような連絡や相談もなく、度々、遅滞を繰り返したり、遅滞期間が長くなってきたりした場合には、信用情報機関に情報が登録されてしまい、個人としての信用度に影響をきたし、将来的にも他のローンを組む際に支障をきたす可能性が出てきますので、ただ、漠然と返済日を見送るのではなく、返済の遅滞をしないように、しっかりと自己管理するようにしましょう。

また、返済に行き詰まるような状況に陥った場合には、公的な機関などへの相談や、法律の専門家などに相談してみるのも一つの手段です。一人でじっと抱え込まずに、「相談」して「解決」するようにしましょう。

無職でのカードローン。審査通過はありか?なしか?

雇用状態が厳しい日本において、リストラや派遣切りなどによって、職を失う人が増えています。職を失うということは、即、生活に影響してしまいますので、とても深刻な状況だと言えます。

そんな中、困ったときにお金を融資してくれるカードローンはとても頼りになる存在です。ところが、総量規制が実施されてからは年収の1/3を超える金額を借りることができなくなってしまいました。当然、収入のない無職の人や専業主婦はお金を借りることが出来なくたってしまったわけです。

専業主婦であれば、夫の同意があれば借りることもできます。無職であっても、不動産収入や在宅収入などで安定した収入を認めてもらえれば審査に通ることもあります。しかし一般的に、職がない状態は返済能力に欠けると判断されても仕方ありません。無職の状態で審査に通ることは非常に厳しいでしょう。カードローンは信用貸しですから、返済能力のない人を信用することは難しいのです。

どうしてもお金が必要であり、カードローンの申請時に虚偽の報告をしたとしても、職場への在籍確認や、個人信用情報の確認で嘘は分かってしまうものです。しかもその虚偽の報告は個人信用情報にも記録として残ってしまうので、今後、どんな審査も通ることはなくなってしまいます。

残念ながら、現在の銀行カードローンや信販系カードローンは全くの無職の人にお金を融資することはないのです。かといって、ヤミ金などの悪徳業者は大変危険ですから、間違って利用することのないよう、注意してください。

カードローン審査には、勤続年数が大きく影響しています。

昔に比べ、転職することがスキルアップにつながると考えるようになった現代ですが、あまりに何度も職を変えることは、信用面で好ましくないことだとも言えるのです。特にカードローンや住宅ローンの申し込みを考えているならば、勤続年数を気にした方がいいでしょう。

カードローンを組む時に、勤続年数はとても重要な情報になります。カード会社にしてみれば、貸したお金を確実に回収したいわけですから、安定した雇用下にある人かどうかを見極めるのは当然のことと言えるでしょう。

審査を有利にするためには、最低でも6カ月以上の勤務期間が必要です。転職したてや、新入社員は審査に通るのが難しいと思った方がいいでしょう。また、勤続年数が足りないからといって、嘘を報告してはいけません。嘘の申告なども含めて、個人信用情報に記録されてしまいますので、大きなマイナス評価になってしまいます。

カードローンの審査に勤続年数が重要視されている一方で、もうひとつカード会社が重要だと判断するもののなかに他社からの借り入れについてがあります。当然ながら、複数の会社からお金を借りていたり、一社であっても多額の融資を受けている場合は審査時に通らないことが考えられます。

インターネットで簡易審査をすることができますが、その入力画面には勤続年数を入れるところはなくても、他社からの借入額の有無は必ずと言っていいほど入力項目になっているのです。もちろん本審査には勤続年数を含む、雇用状況を申請するので、勤続年数が大切だということに変わりはありません。

ブラックリストって実在する?カードローンの審査の仕組みについて。

ブラックリストという言葉、聞いたことがありますよね?でも本当に「ブラックリスト」なるものが存在しているのでしょうか。そして、その「ブラックリスト」にはどのような情報がふくまれているのでしょう。

私たちがローンを組んだり、銀行から融資をうけたり、クレジットやキャッシュカードを利用した場合、いつ、どこから、いくら借りたのか、支払状況はどうなっているのかなどの情報は、個人信用情報に記録されます。

もちろん、誰でもローンを組んだり、クレジットを利用するでしょう。ほとんどの人がその返済も滞りなく完済していることでしょう。それ自体は何の問題もありません。ただ、利用し返済が終わったという情報ですね。

一方、借りたものの返済が何らかの事情によって滞ってしまった場合、その情報が特記事項として記録されてしまいます。この特記事項に追記されたことを、「ブラックリストに載った」と呼んでいるのです。

個人信用情報はローン会社同士、共有することが認められています。1社で延滞が記録されると、どこの会社でもその事実を知ることができるという仕組みです。それによって、ローン審査を通すかどうか、各社審査しているのです。

また、何件か審査から落ちてしまった場合、申込ブラックとなってしまい、どこの会社からも融資してもらえないことになります。たとえば、いくら金利が安いからといって、審査基準が厳しいところに、他社からの借り入れが何件もある人が申込したとしても、申込ブラックになってしまうリスクが高く、利口な方法とは言えません。

ローン会社の審査基準は公表されてはいませんが、不利な要素を持っている人は、金利の低さだけにこだわらず、審査に通りやすいところに申し込む方が無難です。

ますます早くて便利になる。カードローン審査にかかる時間と手間

急にお金が必要になることってありますよね。それが深夜であったり、休日であったりすると、とても困ります。カードローンを利用する場合、消費者金融系であれば、インターネットから必要項目を入力するだけで、事前審査の結果が直ちに出てきます。ここでクリアすれば、申込まであっという間に完了してしまいます。本審査の方も最短30分で可能なところもあり、利便性の高い会社が多くあるようです。

また、銀行系は消費者金融系ほど審査時間が短くはないのですが、自分がすでに所有している口座のある銀行ならば、即日融資可能な場合がありますので、こちらも利用するのに便利です。さらに銀行系であれば、総量規制の適用外ですから、急に高額の融資を受けたいときに頼りになります。

現在はコンビニなどにもATMが設置されているので、いったんカードを作ってしまえば終日融資が可能です。休日においても日中であれば問題なく利用できますし、夜10時頃まで利用できる会社もあります。

また、返済に関してもATMを利用して簡単に返済できますし、深夜まで利用可能なところもありますので、お金の余裕が出来た時にすぐ返済することができます。これならば、つい、うっかり返し忘れたということがなく、本人にとってもローン会社にとっても安心です。

どの世界であっても、時間がスピーディであるということは本当に助かるものです。しかしその分、簡単に手にしてしまう怖さも潜んでいるとも言えます。利用する場合は、安易に判断せず、きちんと返せる見込みがあるかどうか今一度考えてからにしましょう。

カードローン審査に落ちた経験あり?他なら落ちなかったかも。

急にお金が要り用になったとき、役に立つのがカードローンです。審査さえ通れば、比較的早くお金を融資してもらうことができます。そんな便利なカードローンですが、もちろん誰でも利用できるわけではありません。

お金を融資する際、カードローン会社ではその人の信用情報を審査することになります。返済能力の乏しい人にはお金を融資することはありません。いわゆるカードローン審査に落ちた状態です。

では、カードローン会社ではどのような事を審査するのでしょうか。先にも述べたように、返済能力があるかどうかが一番のチェックポイントです。返済能力とは、支出より収入の方が多いことが前提です。いくら収入が高くても、他の支出や他社からの借り入れが多い場合は、審査に落ちる場合も少なくありません。

カードローンの審査基準については各会社でだいぶ異なりますので、自分が通りやすいカード会社に申し込みをすることで、審査に落ちるリスクを軽減することができます。あまり、いろいろな会社に申請し、自分に合わない会社の審査に落ち続けると、ますます他の審査に通らないといった悪循環が起こりえるので注意が必要です。

銀行系のカードローンは低金利と信用が売りですが、審査が厳しいので注意が必要です。もし、他社からの借り入れがない人は銀行系のカードローンを申し込んで診るのもいいでしょう。

一方信販系のカードローンは、銀行ほど審査が厳しくないと言われていますので、他社からの借り入れが数件ある場合、こちらを利用するといいでしょう。低金利をうたっているところは、銀行系よりも利息が低いところもあるので思いのほか利用しやすいと言えるでしょう。

主婦でも安心して借りられるカードローンが今流行ってます。

家計を預かる主婦にとって、夫の収入をやりくりして生活費や教育費、交際費などを捻出するのは大仕事ですね。最近はパートやアルバイトに出る主婦も増えていますが、子どもが小さいと預先である保育所の入所待ちなどがあり、なかなか思うように働きに出ることが出来ないのが現状です。

また、日本経済は明けることのない闇ともいえる状況のなか、夫の収入が減少したり、職を失い収入が途絶えてしまったりと、家庭を守る主婦にとっては非常に厳しい状態が続いています。

主婦にとって頼れる存在であったカードローンでしたが、総量規制が実施されてからは、収入のない専業主婦は夫の同意なしではお金を借りることができなくなりました。信販会社やクレジット会社や消費者金融では、配偶者の同意に基づく融資を取り扱わないことがほとんどですから、実質これらの会社から融資を受けることができなくなりました。

一方、総量規制の対象外となったのが、金融系のカードローンです。融資額は30~50万程度と高くはありませんが、金融系ならば無収入の専業主婦でも利用することが出来ます。

女性がカードローンを利用する理由は、ブランド物を買いすぎてしまったとか、趣味にお金をかけすぎたなど派手な理由が多いと思われがちですが、以外にも日常生活費として急に足りなくなった穴埋めであることがほとんどです。そのため、しっかりした返済計画のもと、お金を借りるケースが多いことから、貸す側からしてみれば大変優良な顧客と言えるようです。

こういった理由から、女性顧客を獲得したい会社は女性向けのローンや女性が利用しやすい環境作りにも配慮しているため、安心して借りられる環境が整ってきているのです。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >