カードローン

カードローンについての知識は万全ですか?

キャッシング カードローン

カードローンの基礎知識

カードローンでお金を借りようと思っているそこのアナタ!キャッシングについての知識は万全ですか?借りてしまってから、やってしまってから知らなかったではすみません。お金は大切です。失敗しないためにまずは基礎知識や正しい情報を学びましょう。



カードローン 審査

カードローンの申込み・審査について

カードローン審査についてあなたはどれくら知っていますか?どうやって審査しているか、審査基準や明らかに審査に通らない人たちがいることをご存知ですか?自らのカードローン申請を上手く通すためには、カードローンの審査について詳しく知りましょう。



カードローン 金利

カードローンの金利や返済について

カードローンで借りたお金はもちろん返さなければなりません。しかし返済といっても金利であったり返済方法であったり沢山の選択肢や知っておききた知識があります。なるべく損をないように少ない金利で返済できるようしっかり返済計画を立てましょう。



カードローン 比較

カードローン会社の比較・情報

カードローンサービスを行なっている金融会社やキャッシング業者はたくさんありますが、それぞれに特徴があります。いくつもあるカードローン会社からあなたにあったサービスを見つけるために、なるべく多くの業者を比較して借りる所を検討しましょう。



金利をぐっと抑えたいなら、担保ローンがおすすめです!

カードローンの最大の魅力は、保証人が不要で、無担保、即日にお金が借りられるということですよね。その代わり、少し高い金利が設定されているという商品ですが、不動産などを所有しているなら、その不動産を担保にして借りる担保ローンがあります。

この不動産担保ローンは、無担保ローンに比べて金利が安く、融資限度額もぐっと高くなります。例えば、セゾンカードの不動産担保ローン。セゾンの不動産担保ローンは、融資額が100万円から1億円未満で、利率は4.8~10.9パーセントです。同社の無担保で融資が受けられるフリーローンは、融資額が10万円~300万円、融資利率が8.8~17.4パーセントですから、その差は歴然としています。

金利が低く、高額な融資が受けられるのが魅力の担保ローンですが、返せなくなったりすると、担保を取られてしまい、大変なことになりますので、言うまでもありませんが、確実に返済することが絶対条件となります。

また、よく見かける「クルマで融資」という看板がありますが、クルマを担保にしてお金を貸してくれるのは、銀行で言えば、東京スター銀行のトラック、バス、トレーラー、タンクローリーなどの商用車を担保に取る商用車担保ローンなどがありますが、普通の金融機関でクルマを担保にとるということは、あまりありません。

もし、その看板のクルマ担保ローンでお金を借りたとしても、クルマの本来の価値とはそぐわない金額の融資であったり、法外な利息を取られたり、保管料や手数料などを取られてしまうことがあるので、十分気をつけましょう。

使用目的を設定しなくてもいいのが魅力のカードローン。

「ローン」と聞くと、どんなローンが思いつきますか?住宅ローン、教育ローン、オートローン、フリーローン…。今、私たちの社会には、多種多様、様々なローンサービスがあふれています。

この数々のローンは、それぞれどういった特徴があるのでしょうか

まず、一番わかり易いのは住宅ローンやオートローン、教育ローンといった、何のためにお金を使うのかというのがハッキリとわかっている目的別ローンです。そして、これらはローン契約の際に、その使途を明確に記入し、それを証明する書類等を添付して審査へと進んでいきます。

目的を限定することによって、金利が少し低く抑えられるというのがこの目的別ローンの長所ですが、その目的を果たすために使うことを条件としますから、その契約に違反し、目的外に利用した場合は、金融機関から金利の引き上げというペナルティを課せられたり、一括返済を求められたりすることになります。

これに対して、フリーローンや多目的ローンと言われるローンは、使用目的を限定せずに組むローンのことです。カードローンもその一つで、特に決まった使用目的がなくとも、お金を借り入れることができるローンです。目的別ローンと比べて、金利が少し高く設定されることもありますが、自由に使えるというのは、大きなメリットですよね。

今、人気の、多数の借り入れを一つにまとめる(=一本化する)おまとめローンは、「おまとめローン」という名目の商品として扱っているところもありますし、金融機関によっては、多目的ローンやフリーローンという商品で、多数の借り入れをまとめることができるようなものもあります。

複数の消費者金融から借り入れがある場合などは、返済額を軽減し、返済日も月に一度とわかりやすく、計画が立てやすくなる低金利のおまとめローンにまとめることをおすすめします。

カードローンとクレジットカードができることの違いを考える。

一見、同じようなサービスにも思えるカードローンとクレジットカード。その違いは一体何なのでしょうか。まず、各サービスについて詳しくみていきましょう。

カードローンは、契約時に発行されたカードを使って、キャッシュディスペンサーやATMを使って現金を借りることができますが、最近では、クレジットカードもカードローンと同じように、キャッシングができるものも多くなってきました。利息についても、クレジットカードでおこなうキャッシングもカードローンのキャッシングも、あまり変わらないと考えていていいでしょう。

もう一方のクレジットカードの特色は、何といってもショッピングという機能がメインだということです。
クレジットカードのショッピング機能というのは、お店やインターネットを通して買い物を楽しむことで、世界中、どの国にいても、そのお店が自分の契約しているクレジット会社に加盟していれば、そこのお店で現金を払わずに、クレジットカードで決済することができます。それに比べて、カードローン専用カードを使ってのショッピングは、国内外を問わず、することはできません。

また、クレジットカードは、海外でもキャッシングが出来るという特色を持っています。海外のキャッシュディスペンサーやATMを使って、現地通貨をキャッシングできるのです。この機能はとても便利で、現地の両替商や銀行に行くわずらわしさを解消でき、海外旅行者にはとても喜ばれているサービスです。この外貨キャッシングも、カードローンのカードではできません。ただ、気をつけておきたいのはクレジットカードのショッピングとキャッシングの利息の違いです。

ショッピングでは、一括払いなどを選択すれば、手数料や利息も無料という会社が多いですが、リボルビング払いやキャッシングなどの機能を使うと、利息が一気に高まりますので、注意が必要です。

カードローン専用カードと、クレジットカードの二つを比べると、クレジットカードを持っている方が、便利さで言えば有利でしょう。ですが、キャッシングの借り入れ限度額が高く設定されているのはカードローンです。どちらも、それぞれの特徴を出し、上手く棲み分けしているのですね。もちろん、両方とも、総量規制の対象になりますので、使いすぎには十分気をつけましょう。

あなたは大丈夫?カードローンユーザーの危険度を簡単チェック!

最初は「すぐ返すから」という心積もりで利用し始めたカードローン。でも、気がついたら毎月借入れて、毎月返済しているというふうになっていませんか。

ここでは、あなたの借入金額が危険か安心かを、簡単にチェックし、これからのお金の計画を立てていくためのヒントを考えていきたいと思います。

計算方法はとても簡単です。
1.あなたの月収に、0.1をかけます。
2.その金額を倍にします。

さて、いくらになりましたか?具体例を上げてみましょう。
Aくんは契約社員で、毎月19万円の手取りがあります。
1.19万 × 0.1 = 1万9千円
2.1万9千円 × 2倍 = 3万8千円

一般的に、月々の返済額が月収の1割を超え始めると、危険度が徐々に高まってきます。Aくんで言えば、月に1万9千円を超える返済をするようになると、危険度が増してきます。そして、月収の2割(0.2)を超えると、もし月収が減った時に、返済不能に陥るような危険な額だと言われています。

Aくんは、2で計算したとおり、月々3万8千円の返済を抱えてしまうと、生活にも支障が出始めてくるという金額です。

高い金額の買い物をしても、リボルビング払いを利用しているから、月々の返済額は月収の1割以下というあなたも、危険です。というのも、リボルビング払いや分割払いは、金利が低いもしくはかからない一括返済とは異なり、金利が高めに設定されていますし、さらに毎回のリボ払い利用手数料が発生するのです。

カードローンを利用し、限度額を自分が自由に使えるお金だと勘違いし始めて、カード地獄に陥ったという話をメディアで見ることがありますが、気をつけなければあなたも、同じ道をたどることになるかもしれないのです。

カードローンやクレジットカードは、賢い使い方をすれば、ポイントが貯まったり、インターネットなどで買い物が楽しめたりと、とても便利なツールです。その便利なツールを楽しく使うためにも、はじめに、先に述べた計算方法で、自分の月収では、いくらまでが安全ゾーンなのかを知り、上手く利用していくことをおすすめします。

対応の良さと知名度で大人気!プロミスのカードローンなら信頼できる

知名度抜群、CMでもおなじみのプロミスは三井住友銀行グループの消費者金融会社です。主な商品には以下のようなものがあります。
*フリーキャッシング
最大300万円まで。年利6.3%~17.8%(単一金利)
*レディースキャッシング
最大300万円まで。年利6.3%~17.8%(単一金利)
女性専用ダイヤルで、女性オペレーターに対応してもらえるので、慣れない方にも安心してご利用いただけます。
*おまとめローン
最大300万円まで。年利6.3%~17.8%(単一金利)
複数あるローンをひとつにまとめると、毎月の返済を軽減することができます。
*自営者カードローン
最大300万円まで。年利6.3%~17.8%(単一金利)
自営業者対象のローン
*目的ローン
最大300万円まで。6.3%~16.5%(単一金利)
結婚や教育など用途が決まっている場合にご利用できます。

インターネットなら24時間365日申込み可能で、申し込み条件は20歳~69歳までの安定した収入がある方。パート、アルバイト、主婦でも安定した収入があれば申込み可能です。借入れや返済は提携のATMやコンビニATMで可能。

総量規制の導入により銀行系カードローンが新規顧客を伸ばす中、消費者金融会社は苦戦を強いられていますが、その中においても変わらず人気をキープしているのがプロミス。大手消費者金融会社の知名度とクリーンなイメージ戦略で顧客を獲得しています。何といっても社員教育が徹底しており、対応はピカイチ!親身になって相談に乗ってくれたり、金利の見直しに対応してくれたり、とにかく信頼できると評判です。

はじめての利用に限り、30日間無利息サービスありますので給料日前に出費が重なってしまった場合などには大変心強いサービスです。ある程度の安定した収入があれば、パート・アルバイトでも申込みは可能で銀行系に比べて審査が厳しくないのも人気の秘訣といえるでしょう。ただし、審査が厳しくない分、返済能力以上に借りてしまうことのないように注意する必要があります。

レイクは総量規制対象外!新生銀行カードローンのレイクです。

中堅消費者金融会社だったレイクは2011年に新生銀行の傘下に入り、新生銀行カードローンのレイクとして営業を展開中です。これによって銀行系カードローンの仲間入りを果たしたレイクは総量規制の対象外となり、年収の三分の一以上の融資もできるようになりました!これは他の大手消費者金融会社にはできないことです!

そんなレイクのカードローンの内容はこちら。
*満20歳以上70歳以下で安定した収入のある方(パート・アルバイト可)
*利用限度額は500万円まで
*実質年率は4.5%~18.0%
**来店不要で、平日14時までにお手続きが完了すれば、即日借入可能
*提携ATMの利用手数料無料
*メールで返済日をお知らせサービス
*利用明細は会員ページでの確認です。

注目したい商品は2つの無利息商品!どちらも初めて借入れをする利用者が対象ですから新規利用客獲得の手段でしょう。①初めてなら5万円まで180日間無利息!(契約額1~200万円の利用者に対して)②初めてなら借入額全額30日間無利息!これはかなりありがたい話です。他にはないサービスとなります。

また女性向けのサービスとして《レディースレイク》があります。これは専任の女性スタッフが対応してくれるため、こういったことに慣れていない女性でも安心して問い合わせることができます。主婦、パート、アルバイト、派遣でも安定した収入があれば借りられます。

ちなみに、総量規制の導入時に、収入のない専業主婦への貸し出しは配偶者の同意が必要となったため、消費者金融会社は、それまで夫に内緒で借り入れて家計のやりくりをしていた専業主婦への融資ができなくなりました。そのため、総量規制の対象外である銀行系カードローンに利用客がだいぶ流れたのですが、レイクは銀行系になったためこの顧客層も取り入れることができるのです。

今のところ、金利は他の銀行系カードローンに比べてやや高めで利用限度額も大きくはありませんが、これから銀行のノウハウを取り入れてぐんぐん伸びる可能性のあるカードローンといえるでしょう!今のうちにカードを作っておいてもいいかもしれません!

厳選しました!本当にオススメできるカードローン会社リスト

急にまとまったお金が必要になった!そんなイザという時に役立つのがカードローンです。カードローンの中でも特にオススメなのが、銀行系カードローンといわれるものです。これは、銀行が提供しているカードローンのこと!お金に関しては銀行以上に信頼できる会社ってないですよね。その安心感と知名度がダイレクトに影響していて、利用者に大人気です!

しかし銀行系の魅力はそれだけではありません。貸金業法の総量規制についてお聞きになったことはありませんか?これは年収の三分の一以上の借入れはできないという法律なんです。しかし銀行系カードローンの場合はこの対象外とされるため、審査さえ通れば年収と同じ額の大口融資を受けることも可能となります。

さらに!銀行系は金利が圧倒的に安いんです。これはお金を借りる側にとっては非常に大切なポイントです。銀行系のカードローンもかなりの種類がありますから、その中でも特にオススメのカードローンを厳選して挙げてみました。

銀行といえば、やっぱり信頼のメガバンク!というわけで、まず以下の二つ。

*三井住友銀行カードローン

その最大の魅力は何といっても金利の安さ!年利4.0~14.5%というのは銀行系の中においてもかなり安い!さらに当行での住宅ローン利用者にはさらに金利が1%安くなるという特典もあります。最大利用限度額は800万円!総量規制対象外ですからかなりのまとまった金額の融資を受けることが可能です。ただし、審査は厳しめであるといわれていますので、他社で借入れがなく安定した収入のある方に特にオススメしたいカードローンです。ちなみに当行に口座がなくても申込みは可能です。

*三菱東京UFJのカードローン、「バンクイック」

銀行系カードローンの中でもおそらく最も知名度があり、人気もあるのがこちら!バンクイックです!金利は4.6~14.6%と安く、最大融資額は500万円です。三井住友銀行のカードローンと比べてやや条件が劣りますがそれでも人気なのはなぜか。それはメガバンクのカードローンで信頼感が抜群なのに、審査が比較的甘いと言われているためです。審査にあまり自信がない場合は、三井住友銀行カードローンよりこちらに申し込んでみることをオススメします!

*楽天スーパーローン
こちらは近年存在感がぐんぐん増しているネット銀行の楽天銀行のカードローンです!年利は4.9~14.5%、利用限度額は最大500万円とメガバンクと条件はほぼ同じでもちろん総量規制の対象外。楽天のスーパーポイントの獲得も可能なので楽天ユーザーには嬉しいカードローンです!

*アコムのカードローン
おなじみの大手消費者金融会社です。総量規制が適用されますので年収の3分の1以下の借入れしかできません。年利は4.7%~18.0%で利用限度額は500万円まで。銀行系と比べると条件はやや劣りますが、審査は甘いので人気です。銀行系の審査には通らなそうだ。という方にオススメします。

専業主婦の口コミ評価ナンバーワンはイオン銀行カードローン!

流通小売業でおなじみのイオングループの金融事業の一角に属するのがイオン銀行です。カードローンとしては以下の2種類が出ています。
*イオン銀行カードローン
申込み条件は契約時に20歳以上65歳未満、日本国内に在住、イオン銀行に普通預金口座を持っていること、本人または配偶者に安定した収入のある方、保証会社のイオンクレジットサービス㈱の保証を受けられること。となっています。
借入れの際の年利は14.8%、10万円、30万円、50万円の限度額から選べるしくみになっています。

*イオン銀行カードローン ユトリプラン
申込み条件は契約時に20歳以上60歳未満、日本国内に在住、イオン銀行に普通預金口座を持っていること、本人または配偶者に安定した収入のある方、保証会社のイオンクレジットサービス㈱の保証を受けられること。となっています。
借入れ利率は5.0~8.8%で限度額は最大500万円!

パート、アルバイト、自営業者、専業主婦は申込みが可能ですが、学生は不可です。イオン銀行は特に主婦層から信頼が厚く、人気があります。日常的にジャスコやサティ、イオンで買い物をする層にとっては、ATMがスーパー内に設置されていることは大変利便性が高いですし、親しみ安さもあって、抵抗感無く気軽に申込みができるのでしょう。スーパー内に設置されたATMは利用が無料なことも人気の秘訣です。

ただし銀行業としては、社員教育にまだ未熟な点があるようで、口コミではたまに厳しいコメントもついています。また審査にもやや時間がかかるようです。しかしイオンの店舗を頻繁に利用する人たちには評判が良く、全国展開している多数の店舗での勧誘にも積極的なため、この先まだまだ加入者は増えていくでしょう。イオン銀行は総量規制の対象外ですから年収の3分の1以上でも借入れが可能です。流通業と提携した金融サービスをこれから展開していけば、専業主婦層の取り込みをさらに広げて伸びていく可能性のある銀行です。

口コミでも高評価のオリックス銀行カードローンがおすすめ!

オリックス信託銀行が2011年に社名変更して《オリックス銀行》になりました!メガバンクにはないきめ細かで柔軟な対応を目指した新しいタイプの銀行です。無店舗型の銀行で対応は電話かインターネット。店舗運営にまつわる余計なコストをカットすることで、より魅力ある商品提供につなげています。利用者目線の”しなやかな発想”を期待できるでしょう。

そんなオリックス銀行から2012年3月にカードローンが誕生しました!
年利はなんと業界最低水準の3.0~17.8%。これは他の銀行系カードローンと比べてもかなり安いです!!利用限度額も業界最高水準の最高800万円!

申込みの条件としては、国内在住(※外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)で20歳以上65歳以下であること、毎月安定した収入のある方、保証会社であるオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること、となっています。申込み条件に毎月安定した収入のある方と明記している会社は少ないですから、どの層の利用客を対象にしているか判断しやすいと言えます。毎月安定した収入のある方となると、アルバイトやパートでは難しい金額ですから、フルタイムで働いていて継続的な月収がある方を対象にしているのでしょう。

審査さえ通れば金利はどこよりも低いですからとてもお得にカードローンを利用できます。しかもオリックス銀行カードローンの利用限度額は最高800万円ですから、かなりまとまった額の融資を受けることも可能です。

オリックス銀行カードローンは最近スタートしたばかりのカードローンなので、口コミ数はまだ少ないものの、金利の低さで評判は上々です。オリックス銀行は定期預金の利率が良いのも好評で、メインバンクではないけれどセカンドバンクとして上手に利用するのが良いという意見が多数あります。またホームページも大変シンプルで使いやすいです。

いくら金利が安いといっても、無理のない借入れをすると返済が大変になります。一度でも返済が滞ると次に借入れが必要になった際に審査が通らなくなることもありますので、必要な額だけを借りてすばやく返済するのがカードローンを賢く利用するコツです!

抜群の知名度で人気!アコムのカードローンが選ばれる理由

三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社となったアコムは大手消費者金融会社!みなさんにもCMでお馴染みですね。アコムの社名の由来は「愛情」(Affection)「信頼」(Confidence)「節度」(Moderation)の頭文字から来ているんです。

そんなアコムから出ているカードローンは以下の2タイプから選べるのが人気!

*キャッシング専用のアコムカード
利用限度額は1万円~500万円で利用用途は自由です。
実質年利は4.7%~18.0%
申込み可能なのは、20歳以上69歳まで
返済はリボルビング方式

*ショッピング機能付 ACマスターカード
キャッシング機能の他にクレジットカードとしての利用も可能、海外旅行にも使えます!
年会費、入会費無料
利用限度額は10万円~300万円(カードローンとの合計金額は500万円まで)
実質年利は10%~14.6%

2種類に共通する条件は以下のとおり
*24時間ネットで申込み可能(3秒で借入可能かどうか診断できます)
*急ぎの場合は店頭窓口の”むじんくん”で即日カード発行も可能
*提携金融機関のATMやコンビニATMの利用が可能
*利用明細の送付なし。店頭またはATMで受け取れるため、プライバシーが守れます。

利用限度額は500万円までと高額ですから、他社の借入れをまとめることもできて便利です。ただし、アコムは消費者金融業者ですから、総量規制の対象になります。つまり、年収の3分の1以上の借入れはできません。

総量規制後も変わらない人気の秘密は、その抜群の知名度から来る親しみやすさに審査のスピード!さらに、審査が甘いという口コミの多さからだと思われます。また対応の丁寧さについて常に高評価な口コミが多いので社員教育も徹底していると言えます。

銀行系に比べて審査が甘いとい言われる消費者金融ですが、借りたら利息を加えて返済しなくてはなりません。簡単に借りられるからといって無理な借入れをするのは大変危険です。計画性を持って利用するように心がけましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >