カードローン

カードローンについての知識は万全ですか?

キャッシング カードローン

カードローンの基礎知識

カードローンでお金を借りようと思っているそこのアナタ!キャッシングについての知識は万全ですか?借りてしまってから、やってしまってから知らなかったではすみません。お金は大切です。失敗しないためにまずは基礎知識や正しい情報を学びましょう。



カードローン 審査

カードローンの申込み・審査について

カードローン審査についてあなたはどれくら知っていますか?どうやって審査しているか、審査基準や明らかに審査に通らない人たちがいることをご存知ですか?自らのカードローン申請を上手く通すためには、カードローンの審査について詳しく知りましょう。



カードローン 金利

カードローンの金利や返済について

カードローンで借りたお金はもちろん返さなければなりません。しかし返済といっても金利であったり返済方法であったり沢山の選択肢や知っておききた知識があります。なるべく損をないように少ない金利で返済できるようしっかり返済計画を立てましょう。



カードローン 比較

カードローン会社の比較・情報

カードローンサービスを行なっている金融会社やキャッシング業者はたくさんありますが、それぞれに特徴があります。いくつもあるカードローン会社からあなたにあったサービスを見つけるために、なるべく多くの業者を比較して借りる所を検討しましょう。



カードローン返済に行き詰まりを感じた時の相談先について

便利なカードローンを使用しているうちに感覚が麻痺してしまい、気が付くと複数のカードローン会社から借入れをしていて「返済額が思っていた以上に大きくなっていた」という人も少なくありません。そして、現状での返済に行き詰まりを感じている人もいるのではないでしょうか。

このような時は、まず、どの会社にいくら借入れをしているのか、金利はいくらで借りているのか、複数の金融会社から借り入れている総額はいくらであり、月々の返済総額はいくらなのかなど、現状を把握してみましょう。現実の数字に向き合うことは、勇気のいることかもしれませんが、把握してから相談する方が、より具体的なアドバイスをもらうことができます。

対応策の一つとしては、金利の低い金融会社に借り換えをする「おまとめローン」という方法です。何度もある返済日が月に一度となるので、自己管理がしやすく、金利が低くなるため、返済総額も減る可能性があります。また、一本化するにあたり、再度、自分が抱えている借金の返済計画を見直すチャンスにもなりますので、「おまとめローン」を取り扱っている会社へ相談してみるのもいいでしょう。

ただ、審査が通らない場合もあることや、借入れに適用される金利が思ったほど、低くない場合には、月々の返済がこれまで以上に苦しくなることも考えられますので、その点に関しては、担当者にしっかりと確認をする必要があります。まとめた方が、損になる場合には、得策とは言えません。

また、債務整理などの法的な対応策を考えている場合には、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談してみるといいでしょう。この場合は、通常、高額な費用がかかります。「相談無料」「着手金無料」など、事務所により、報酬の支払額や方法も違ってきますので、費用の面を確認して、信用のおける専門家に依頼するようにしましょう。

その他には、消費生活全般に関する公的な相談窓口が各居住地にあり、多重債務に関する相談も受け付けていますので、こういった専門機関に、まずは相談をしてみることにより、的確なアドバイスを受けられますのでお勧めです。このように、相談先はいくつもありますので、一人で悩まずに、返済についての相談をすることにより解決の糸口を見つけるようにしてみましょう。

あなたが借りられるカードローンの限度額ってどのくらい?

カードローンを利用するときに、いくら借りられるのかが気になるところですね。総量規制が実施されてからは、年収の1/3以上は借りられなくなったのはご存じのところでしょう。

では、初めてカードローンを利用するときにも年収の1/3まで融資してもらえるかというと話は別です。ローン会社にとっては初めての顧客にお金を貸すわけですから、その人がきちんと返してくれるかどうかを判断する必要があります。

まず、審査をクリアしたとして、最初の融資額は50万円程度の場合が多いでしょう。その後の返済がきちんと実行されていけば、信頼度は高くなりますので、今後、年収に見合った融資額まで借りられるということになっていきます。

銀行系の会社は、総量規制の対象外となっていますので、他と比べて融資限度額が高く、500万~700万円のところもあります。もちろん、その分、申込時の審査が厳しくなっているのは言うまでもありません。

たとえば、他社からの借り入れ総額や、その人の資産なども判断要素となっていますし、公務員や大企業に勤める人や、フリーターでは融資限度額が変わってくることにもなります。総合的なあなたの信用評価も、限度額に影響しているということを忘れてはいけません。

また、利息についても気になるところですが、融資限度額が高ければ高いほど、金利は低くなっています。とはいっても、借りた金額が高額であるということは、支払う利息も多くなるわけですから、金利が低いからといって油断は禁物です。

年金受給者が利用できるカードローンってあるのでしょうか。

総量規制が実施されてから、カードローンの利用は年収の1/3までしか借入できなくなりました。すなわち、収入のない人には融資去れなくなったのです。学生や主婦、定年退職している方がそれに該当します。

定年を迎えた60歳以上の方であれば、労働に起因する収入こそありませんが、その代わりに年金をもらっている方が多いでしょう。では、この年金収入でカードローンを利用することが可能なのでしょうか。

そもそも、以前は年金受給者のための、年金担保ローンという制度がありました。これは年金収入で生活している人が病気にかかったり、住宅リフォーム、冠婚葬祭などのためのローンでした。

ところが、近年では借金返済のためであったり、ギャンブルなどに使ってしまったりと、当初の目的とは違った理由で利用されることが増えたため、廃止になってしまったのです。

この年金担保ローンは、支給される年金から天引きされるものなので、有無を言わさず、徴収していきます。本来年金は、老後の生活の大切な収入源です。これを使い込んでしまっては生活に重大な支障を生むことになってしまうのです。

こういった背景を元に、2010年にこの年金担保ローンは廃止されました。では、年金受給者はカードローンを一切利用できなくなったのでしょうか。年金は天引きさえされなければ、安定した収入源です。これを元に民間の金融機関などでは受給者むけの商品をいろいろ用意しています。

もちろん、審査も行われますし、融資額にも制限が付きます。金利についても7%前後の商品が主流となっているので、決して低金利商品とは言えませんが、それでも利用することは可能です。

年金受給者は、現役世代とは違って年金収入がどんどん増額されることはありませんので、今ある収入から返済に回せる額を十分に検討して、計画的に利用することが大切です。せっかくの年金ですから、有意義に使うことを考えましょう。

ついついやってしまう嘘。カードローンではその嘘が命取りなんです。

カードローンは誰でも簡単に利用できるものではありません。カードローンも借金と同じです。他者からお金を融通してもらうわけですから、見ず知らずの他人に自分を信用てもらえるような証拠を示す必要があります。

カードローンの世界では、それが書類による審査になるわけです。会社が安心してお金を貸せるような、信用情報を提供してください、ということです。では、一般的に第三者があなたを信用するためには何が有効でしょう。

第一に、借りたお金を返せるだけの「返済力」です。その「返済力」を一般的な尺度で示せるのが、定職に就いているかどうかです。得るものがあって、はじめてお金を借りることができるというわけです。

定職がありお金を借りることができたとして、そこでの年収が高ければ高いほど、高額の融資が可能だと判断されます。また、勤務年数が長いということで、社会的な信頼性と安定した収入が見込めるとして、プラス評価を受けることができます。

出来るだけ多くの額を借りたい、確実に審査に通りたいと思っても、ローン会社の審査によってはそれがかなわないこともあります。もちろん、申告時に年収や勤続年数など有利なように虚偽の申告としたとしても、その後の本審査で証拠書類を提出するため、嘘は分かってしまいます。

嘘をつくようでは、大切な信用情報に大きなマイナスになってしまします。個人信用情報はローン会社共有の個人データであり、そこに借り入れのすべての記録が記されているのです。

たとえば、何社からも審査に落とされているとか、返済に滞りがあるとか、申告時に虚偽の報告がなされた・・・などなどです。このように個人信用情報にマイナス要素があると、どこの会社からもお金を借りられなくなることもあるのです。

そんなリスクを冒すよりも、正しく申告し、その上で融資してもらえる会社を探す方がどれだけいいことか知れません。たとえ自分の条件が悪かったとしても、嘘の報告をして得することはありませんので、そういった行為は絶対に避けるべきでしょう。

在日の外国人も利用できます。銀行・銀行系系カードローン

以前は閉鎖的だった日本も、最近はたくさんの外国人が住み、その2世、3世も珍しくなくなった今、話す言葉は日本語、教育も全て日本で受けてきた外国籍の人も増加しています。そんな、「ほとんど日本人」な外国人には、日本で暮らすなかで、日本国籍が無いということで、たくさんの弊害があります。住宅ローンを使っての不動産の購入はもちろん、賃貸住宅に住むにも一苦労です。

それはやはり、万が一、何かがあった時に逃げられる国外に場所がある、ということが、足踏みさせてしまっているのでしょう。

カードローンに関して言えば、現金を借りるだけ借りて帰国してしまい、日本に帰ってこなくなるのは、かなりの痛手ですから、なんらかの保証、デポジットを要求してくるのは当然でしょう。しかし、2世3世となっては、帰るところといえば、もはや日本の家。それなのに借りられないとなると、息苦しいですよね。

カードローンは、外国人であっても、外国人登録証や永住権を持っていれば、クリアできるケースがたくさんありますが、外国人が使えるカードローンは、消費者金融が多いんじゃないの?とお思いになる方も多いはず。ですが、そんなことはありません。

都市銀行のみずほ銀行カードローンは、では、永住権があれば申請できますし、銀行系と呼ばれる、銀行と消費者金融会社が提携した子会社が提供する「銀行系カードローン」も利用ができます。

例えば、三井住友と提携しているプロミスや、じぶん銀行が運営するじぶん銀行カードローン、イーオンが運営するイーオン銀行カードローン、オリックス銀行が運営するオリックス銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンのマイカードプラスやバンクイックなどであれば、外国人でも、外国人登録証や永住権をもって、申し込むことができます。

総量規制や過払い金、カードローンを取り巻く法律を知りましょう。

カードローンを取り巻く法律は、どんなものがあるのでしょうか。最もよく見聞きするものが、「過払い金請求」と「総量規制」の2つだと思います。この二つについて、詳しく見ていきましょう。

まず、テレビやラジオ、電車の中吊り広告などでよく目にする、過払い金請求とはなんなのでしょうか。

貸金業者の実質年率は、法定利息18パーセントと決められています。この18パーセント以上の利息を支払っている場合は、過払い金請求が可能となります。まず、ご自分の契約書を見て、利息がいくらになっているのかを調べてみましょう。完済し終わって10年経つと時効となってしまいますが、それ以内であれば、いつでも請求することが可能です。

特定非営利活動法人の国民再生支援サポートセンターでは、過払い金請求の相談やサポートを無料でおこなっています。弁護士や司法書士に委任する場合は実費が生じますが、過払い金請求は、自分でもできますので、そのすべてのサポートは無料で受けられます。

自分自身でやってみようという方は、是非相談してみることをおすすめします。

また、過払い金の計算を無料でおこなっていますので、特定非営利活動法人国民再生支援サポートセンターのホームページを一度見てみるのも良いでしょう。

次に、総量規制についてです。これはとても新しい法律で、2010年6月に施行になった法律です。

年収の3分の1以上の借り入れを原則禁止とした法律で、これによって、借り過ぎを防ごうというものです。が、実際、多額の借り入れをする人たちは、借入額が既に年収の3分の1に達している場合が多く、さらなる借り入れが禁止されてしまうので、仕方なくヤミ金などに手を出さざるを得なくなる人も出てきてしまっているようです。

この法律は、貸金業法ですので、銀行には該当しません。ですので、銀行自身が提供しているカードローンは総量規制の対象外となります。

また、この法律には緊急の医療費が必要になった時や、個人事業の資金としての貸付けなどは例外となっていますので、すでに年収の3分の1の借り入れがある場合でも、借り入れができることがあります。

また、自動車を買うときのオートローンや、住宅ローンなどのローンなどは、総量規制からは除外となっていますので、住宅ローンやオートローンで年収の3分の1以上の借り入れがあっても、カードローンを契約することが可能です。

過払い金請求や総量規制のように、カードローンを取り巻く法律が利用者に大きな影響を与えます。このような法律の情報は、日本貸金業協会などのホームページから見ることができます。法律を知り、味方につけていれば、いざというときに役に立つこと間違いなしでしょう。

カードローンのデメリットを知って、賢く有利に使おう。

銀行が提供するカードローンや消費者金融カードローン、いずれのカードローンが持っているデメリットを考えたことはありますか?

カードローンのデメリットは、個人信用情報機関に載る、個人信用情報以外にほかありません。

日本には、各銀行が加盟する信用情報機関、クレジット会社などが加盟する信用情報機関、そして、消費者金融などが加盟する信用情報機関の3つの個人信用情報機関があります。

あなたがカードローンや、何がしかのローンを組もうとした時に、審査会社がこの信用情報機関に、あなたの借り入れや契約状況といった個人情報を紹介します。

この個人信用情報機関に保管されているあなたの個人信用情報には、あなたが今、どれだけの借り入れをしているのか、何社から借入れをしているのか、また、未払いや滞納になっている支払いの有無や、さらには何社のローンカードを持っているのか(何社と契約を交わしているのか)ということまで、詳細に掲載されています。あなたが自己破産や債務整理をしたときの事故情報も一定期間掲載されますし、一度に何社にも申し込んだ時にも、その事実が半年間ほど掲載されます。

この、個人信用情報機関が保有するあなたの個人信用情報が、「デメリット」として動き始めるのです。

というのも、あなたが複数社のカードローン会社と契約し、借り入れが多額であると分かってしまうので、いざ、住宅ローンやクルマのローン、教育のためのローンといった、人生の中でも、とても重要なローンを組もうとした時に、審査会社にこれらの情報が全て透けて見えてしまうということです。

審査会社は、あなたが多くのカードローンを契約していると、「この人は、金策に困っているのかな」という印象を持ってしまい、貸したお金を確実に回収できないかもしれないと危惧し、あなたの申し込みを拒否、審査に落ちてしまうのです。

また、カードローンの申し込みをしたのに、その後、契約という状態にならない信用情報を見ると、そのカードローン会社の審査に落ちたということが明確に分かってしまいますから、ほかのカードローン会社の審査も、自然と難しくなってきます。

あなたがクレジットカードを持っていたり、カードローンをたとえ使っていなくとも、契約している限り、個人信用情報機関にその情報が掲載されることになりますので、完済し終わったカードローンは、きっちりと解約してしまうことが肝心です。クレジットカードも、利用したものは延滞することなく支払うことによって、あなたの個人信用情報を綺麗なものにすることが、個人信用情報をデメリットとして動かさないための唯一の手法であるといえましょう。

女性でも気軽に借りられる、女性限定カードローンのラインナップ

女性専用のカードローンは、普通のカードローンと何が違うのでしょうか。金利が安いのでしょうか?それとも返済方法にバリエーションがあるのでしょうか?

普通のカードローンと女性専用または、女性限定カードローンの違いは、対応するスタッフにあります。女性限定のカードローンは、全て女性スタッフが対応し、女性でも安心して契約や相談ができるという点です。女性限定のローンカードを具体的にご紹介しましょう。

オリックス・クレジット株式会社が提供している「VIP Lyra(ライラ)カード」は、実質年率11.4~17.6パーセントで最高融資額は200万円。対応は全て女性のスタッフです。

また、新生銀行とレイクが提案する、「レディースレイク」は実質年率4.5%~18.0%で最高融資額は500万円。こちらも、対応は全て女性のスタッフがおこないます。

レディースフタバという女性専用のレディースキャッシングは、実質年率が15.0~18.0パーセント、最高融資額は50万円です。

女性限定のカードローンを提供しているのは、消費者金融のカードローンばかりでなく、いくつかの信用金庫も、低金利で女性限定のカードローン商品を展開しています。信用金庫のカードローンは、金利も低く、年収の3分の1を超える借り入れを禁じる総量規制の対象外となり、とてもお得に借り入れができますので、押さえておくといいでしょう。

但陽信用金庫のレディースプライベートカードは、固定金利の9.0パーセント。コースが4種類設けられており、10万円コース、20万円コース、30万円コース、50万円コースからなっていて、専業主婦なら、30万円コースまでが申し込めます。

消費者金融業者に比べ、金利が低く、総量規制外という点で大変有利な信用金庫のカードローンですが、何かと信用金庫を使うためには、その信用金庫の営業区域内に居住していなければならなかったり、勤務先が営業区域内になければならなかったりしますので、まずは、お住まいの地域の信用金庫を調べてみるのもいいでしょう。

1万円を出し入れするだけで210円!カードローンの手数料とは

キャッシングをした時に利息がかかるのは当然のことですよね。それに比べて、案外見落としがちなのが、カードローンを利用するときに発生する手数料です。ここでは、そのキャッシングの手数料の説明をしましょう。

まず、カードローンを使ってATMやキャッシュディスペンサーでキャッシングすると、手数料がかかります。プロミスを例にとってみると、プロミスATMで取引するにあたっては、借り入れの時も返済の時も、手数料は無料ですが、全国にある提携ATMを使う場合は、借りるときに105円、返す時に105円の手数料がかかります(1万円利用時)。一万円を超える借り入れ、返済の時は、手数料も210円と倍になり、借りる際に210円、返す際に210円の、合計420円が取られることになります。

Aさんが、カードローンを使って、提携ATMを使って2万円借りて30日後に同じ提携提携ATMで返した時の支払総額を計算してみましょう。

仮に、利息が18パーセントとして計算すると、2万円(借り入れ金)×0.18(年率)÷365(1年)×30日(利用日数)=295となり、利息だけだと295円です。そして、それに借りた時の手数料210円と返す時の手数料210円の合計420円の手数料を足すと、2万円借りると、30日後に返すお金は2万715円となり、715円も余分にかかることになります。自分の普通預金からお金を引き出すときは、時間外などでいくら高く手数料が取られたとしても、210円程度。利息も込みの金額ではありますが、3倍以上もかかります。

この手数料の設定は、どの金融会社も同じですから、もし、キャッシングするのであれば、その手数料がいくらかかるのかもしっかりと確かめてから借りましょう。

カードローンでは避けたい「多重」とは?多重が引き起こす障害。

お金が急に必要になった時に、簡単にお金を借りられるのが、カードローンのメリットですが、その便利さに、お金が足りない時はいつでもカードローンでキャッシングをしてしまい、気が付けば限度額いっぱいいっぱいになっていて、仕方なく、他社でも借りて…と繰り返すことを、多重債務といいます。この多重債務の状態に陥ってしまう人が、結構たくさんいるというのは、みなさんご存知のとおりです。

多重債務に陥ると、月に何度も返済日がやってきますし、どこでいくら借りたのかということすら、こんがらがってしまうようです。そして、借金を借金で返してしまうことになる人も多く、なかなかその連鎖から抜け出せずにいる人も多くいます。

その状態から抜け出すためには、一本化して返済するという、おまとめローンがおすすめですが、ここで気をつけたいのが、一本化できたとしても、また、ちょっとしたことで他社から借り入れをしないということです。

一本化するということは、新たに契約した金融機関が、あなたに変わり、複数の金融機関に一括返済をします。そうすると、あなたが最初に契約したいくつもの金融機関は、あなたを「一括返済した優良顧客」として登録し、さらに条件を優遇して融資をしようとします。この誘惑に負けてしまわないためにも、一本化したあとは、そのほかのカードローン会社の契約を確実に解約しましょう。

また、急な資金調達のため、一度に何社もの金融機関に審査を申し込む、「多重申し込み」というのもあります。

何社にも申し込んだのに、なんで審査が通らないのか、不思議に思われる方もいるかもしれませんが、これにはカラクリがあります。クレジットカードやカードローンを申込む際は、必ず審査を必要とします。この審査は、審査会社が個人信用情報機関にあなたの個人情報を照会します。この信用情報には、あなたの今までの借り入れの契約、月々の支払額、返済の遅延の有無や債務整理等の事故情報などが明記されています。あなたが一度に複数の金融機関にカードローンやクレジットカードを申し込むと、申し込んだだけで、その情報が一定の期間、記載されてしまいます(一定の期間とは、大体半年と言われています)。

審査係の人たちは、その情報を見ると、「この人は、お金に困ってそうだな、何らかの金策に走っているな」と感じ、審査を落としてしまいます。また、申し込みの事実があるのに、契約したという情報が載っていないということは、審査に落とされたということですから、そこから信用を得て審査に通るというのは、かなり難しいでしょう。

そしてなにより、多重債務や多重申し込みが掲載された個人信用情報によって、住宅ローンやオートローンなどが組めなくなることすら、あるのです。お金を借りるうえで、最も避けたいのは、多重です。この点をしっかり踏まえて、計画的に利用しましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >