カードローン

カードローンについての知識は万全ですか?

キャッシング カードローン

カードローンの基礎知識

カードローンでお金を借りようと思っているそこのアナタ!キャッシングについての知識は万全ですか?借りてしまってから、やってしまってから知らなかったではすみません。お金は大切です。失敗しないためにまずは基礎知識や正しい情報を学びましょう。



カードローン 審査

カードローンの申込み・審査について

カードローン審査についてあなたはどれくら知っていますか?どうやって審査しているか、審査基準や明らかに審査に通らない人たちがいることをご存知ですか?自らのカードローン申請を上手く通すためには、カードローンの審査について詳しく知りましょう。



カードローン 金利

カードローンの金利や返済について

カードローンで借りたお金はもちろん返さなければなりません。しかし返済といっても金利であったり返済方法であったり沢山の選択肢や知っておききた知識があります。なるべく損をないように少ない金利で返済できるようしっかり返済計画を立てましょう。



カードローン 比較

カードローン会社の比較・情報

カードローンサービスを行なっている金融会社やキャッシング業者はたくさんありますが、それぞれに特徴があります。いくつもあるカードローン会社からあなたにあったサービスを見つけるために、なるべく多くの業者を比較して借りる所を検討しましょう。



カードローンとキャッシング。似て異なるこの二つ。何がどう違う?

カードローンとキャッシング。どちらも、銀行や消費者金融、信販会社にて審査を受けて、専用のカードを作り、無担保でお金を借りるものです。この似て異なる二つは、一体なにが違うのでしょうか。

以前は、カードローンは返済方法が分割やリボルビング払いなどが選択でき、一方のキャッシングと言えば、翌月に一括払いするものであるというような概念がありました。

みなさんがお持ちのクレジットカードにも、お買い物機能の他に、キャッシング機能がついています。最近は、このクレジットカードによるキャッシングの返済方法でも、リボルビング払いや分割払いなどの多彩な返済方法を採用している会社もあります。★さらに、キャッシュディスペンサーやATMからカードを使って現金を借り入れることを「キャッシング」と、ひとくくりに呼んでいることが多く、カードローンとキャッシングの明確な区別は、昔と比べてありません。

お金を借りるという内容も同じ、返済方法も同じ。では一体何がちがうのでしょうか。その答えは、「ない」というのが現状でしょう。この2者の境界線がボケてきている昨今、もっとも気をつけるべきポイントは、その金利です。

キャッシングやカードローンの金利が、教育ローンや住宅ローンや、お買い物クレジットローンなどに比べて高いのは、生活費に困窮する人たちに対し、無担保でお金を貸す貸金業者が、貸し倒れから身を守る術なのです。

一般に、現金を借り入れる時の金利は、返す日程が短ければ短いほど安くなるというのが基本中の基本です。カードローンで現金を借り入れる時も、クレジットカードで現金を借り入れる時も、借り入れるのは必要最低の金額に抑えて、できるだけ早く返済するようにすれば、リーズナブルな金利で上手に利用することができるでしょう。

仕事をしてない専業主婦も借り入れが出来るカードがあるのです!

ポスターや広告に、デカデカと「主婦でも借り入れができます!」と謳っているカードローンを目にすることがあります。でも、商品の商品説明の詳細をよく見ると、「パートなどで一定の収入が本人にあること」と条件に明記されていて、様々な理由で「全く収入のない専業主婦」をしている女性が借りられるカードローンなんて、どう考えたってありそうにないと思ってしまいますよね。本当に、本人に全く収入のない専業主婦が借りられるカードローンなんて、あるのでしょうか。

答えは、「イエス」です。耳を疑うような響きですが、「パートなどの仕事をしていない専業主婦でも借り入れができるカードローン」があるんです。

本人に収入のない専業主婦を対象とした、カードローンのサービスを提供している主な銀行は、三菱東京UFJ銀行バンクイックローン(金利年利14.6%、最高30万円まで)、みずほ銀行カードローン(金利年利14.0%、最高30万円まで)、イオン銀行カードローン(金利年利14.8%、最高30万円まで)など、多数の銀行系カードローンが主婦の「困った!」を応援してくれています。

どの銀行系カードローンも、借り入れの収入条件として、いずれも配偶者に安定かつ継続的な収入があることが必須となっていて、限度額も30万円が上限になっているようです。

また、銀行によっては、住宅ローンを組んでいると、金利がさらに安くなるサービスもあるようです。無理のない範囲で、計画的に利用することを心がけましょう。

サイトマップ

投稿

カードローンでキャッシングも出来る!カードローンの賢い使い方。

「キャッシュカードで時間外や提携ATMで現金を引き出すと、手数料が105円以上かかるけど、クレジットカードやカードローンでキャッシングすれば、手数料はかからない!」という話を聞いたことがありませんか?なるほど、それならば、キャッシュカードで普通預金からお金を引き出す代わりに、キャッシングをして、月末に一括で支払えば、引き出すときにかかる手数料と得する!と思いますよね。しかし、どうやら今は違うようです。

確かに、以前はカードローンやクレジットカードでキャッシングする際、利用手数料は0円ということがありました。ですが、ここ最近は、低金利化や景気の悪化などで、キャッシング利用料を徴収することが多いようです。

さらに、現金をキャッシングした日からお金を返す日までの日数の間、15%~20%程度の利息がかかりますので、例えば、1万円をキャッシングして、2ヶ月(60日)後に請求がきた場合、10000円×18%の利息×60日間÷365=295円となり、295円の利息に、105円のキャッシング利用手数料を合わせて10400円を返済することになります。

しかし、このシステムをうまく利用すれば、トクをするケースもあります。それは、海外旅行などで利用する場合です。銀行で外貨を両替するときにかかる、両替手数料は、315円から630円程度ですから、為替レートによっては、海外でクレジットカードなどを使ってキャッシングするほうが、両替手数料の315円を下回ることだって考えられるのです。

1ドル85円で18%の利息で、100ドルを現地でキャッシングした場合、返済の日まで50日とすると、利息が209円。それに手数料105円を足すと314円になります。為替レートや利息にもよりますが、場合によれば、円高の今なら両替をするよりも安い手数料で済ませることが出来ることもあるようです。

銀行カードローンなのに、消費者金融?カードローンの仕組み

銀行の店舗やATMに足を運ぶと、必ず目に入るカードローンの広告。消費者金融のカードローンと比べ、低金利ですし、銀行というバックボーンが与えてくれる安心感は絶大です。

一口に銀行カードローンといっても、銀行がお金を貸す銀行カードローンと、銀行を窓口にして、銀行と消費者金融が共同で作った子会社が貸し付けを行う銀行系カードローンの2種類があります。

子会社主体で運営されているカードローンは、実際、消費者金融が運営しているようなものなので、返済サービスなども豊富で、様々な返済方法が選択できるもの特徴の一つです。これらをひっくるめて、銀行系カードローンと称しているのです。

銀行カードローンに申し込んで、審査に通らなくても、銀行系カードローンの審査には通るというのは、先にも述べたように、消費者金融が運営する子会社ですから、審査基準も消費者金融の基準と同じなので、同じ銀行の名前がついていても、審査基準が異なるのです。

主なカードローンには、三井住友銀行グループのモビット(金利年利4.8~18.0%、株式会社モビット)、三菱UFJフィナンシャル・グループアコム(金利年利4.7~18.0%、500万円まで、アコム株式会社)オリックスVIPローンカード(金利年利3.5~14.8%、800万円まで、オリックス・クレジット株式会社)、三井住友銀行グループプロミス(金利年利6.3~17.8%、300万円まで、プロミス株式会社)など。

主な銀行カードローンは、オリックス銀行カードローン(金利年利3.0~17.8%、最高800万円まで)、楽天銀行カードローン(金利年利4.9~14.5%、500万円まで)などがあります。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11