カードローン

カードローンについての知識は万全ですか?

キャッシング カードローン

カードローンの基礎知識

カードローンでお金を借りようと思っているそこのアナタ!キャッシングについての知識は万全ですか?借りてしまってから、やってしまってから知らなかったではすみません。お金は大切です。失敗しないためにまずは基礎知識や正しい情報を学びましょう。



カードローン 審査

カードローンの申込み・審査について

カードローン審査についてあなたはどれくら知っていますか?どうやって審査しているか、審査基準や明らかに審査に通らない人たちがいることをご存知ですか?自らのカードローン申請を上手く通すためには、カードローンの審査について詳しく知りましょう。



カードローン 金利

カードローンの金利や返済について

カードローンで借りたお金はもちろん返さなければなりません。しかし返済といっても金利であったり返済方法であったり沢山の選択肢や知っておききた知識があります。なるべく損をないように少ない金利で返済できるようしっかり返済計画を立てましょう。



カードローン 比較

カードローン会社の比較・情報

カードローンサービスを行なっている金融会社やキャッシング業者はたくさんありますが、それぞれに特徴があります。いくつもあるカードローン会社からあなたにあったサービスを見つけるために、なるべく多くの業者を比較して借りる所を検討しましょう。



お手軽開始のカードローンなら即日OK

今は何でもスピーディに事が運ぶ時代です。カードローンも例に漏れることなく、即日融資をうたう会社も多くあります。本当に緊急な物入りの時には大変重宝ですね。そんな時のために知識を持っておくことも大切な世の中です。

即日融資と言っても、手続きなどは会社ごとに異なります。通常カードローンを利用する場合、手続きを行い、カードを受け取った後にATMや窓口でお金を借りますが、即日融資の場合、インターネットで手続きを行うと、指定口座に振り込んでもらえます。カードはその後に郵送されるシステムです。

また、即日とはいっても申込者にとっても即日である場合と、ローン会社にとっての即日の場合があります。ローン会社にとっての即日とは手続きが完了した当日の融資という意味です。審査に時間がかかるような銀行系のローンの場合、このケースが多くなっているようです。銀行系ローンよりは、消費者金融系のローンの方が即日に対応出来るようですから、緊急の際にはそちらの方が確実だと言えます。また休日や祝日は対象外のケースも少なくありませんので、その点の確認が必要です。

さらに、即日融資可能なローンの場合、通常よりも金利が高めに設定されている場合があります。もちろん、どうしても必要な場合は有無を言わさず必要でしょうが、仮に返済が滞るようなことがあった場合、延滞金が発生しさらに高金利になる恐れもありますので、それらのリスクを踏まえて利用しましょう。

収入に不安がある人も甘い審査で融資可能なカードローン選びを。

一般的にカードローンにおける審査は、年収や勤務年数、雇用状態など、その人の就業に関する情報が重要視されています。もちろん返済能力のない人にはお金は貸せないということです。

一方で、学生向けや専業主婦向けのカードローンもあるように、ニーズのあるところにはそれなりの条件で融資する会社もあるのです。学生向けローンのほとんどは金利が低く設定されており、融資額も50万円までとなっていますので、アルバイトをしていれば融資してもらえます。滞りなく返済できていれば、親に連絡が行くようなことはありません。学生向けローンを利用する際には、身分を証明する物の一つとして、学生証の提示が必要です。

専業主婦向けのローンは、収入のない専業主婦にお金を融資するわけですから、配偶者の同意が必要となります。配偶者にどうしても知られずにお金を借りたかったら、銀行系のカードローンを利用するしかありません。銀行カードローンは総量規制の対象外となっているため、専業主婦でも借りることができるからです。もちろん限度額は低く、30万~50万円位までとなっています。

一般のカードローンに比べ、収入という大きなポイントの審査基準が甘くなっているのがこれらのローンの特徴です。同じように、収入が不安定なフリーターなどでもある程度の勤務年数があれば融資を受けることも可能です。いずれにしても借入限度額が低いことと、金利が高くなってしまうことは考慮しなくてはならないようです。

いくら金額が低いからと言って、月々の返済を甘く見てはいけません。収入に不安があるならば、余計に返済計画をしっかり立てて、毎日の生活に影響のない範囲で利用するように心がけることが大切です。

初めてのカードローン申込なら、じっくり会社選びから。

カードローンを利用したいと思ったら手続きが必要です。カードローンは銀行系や消費者金融系などがありますので、まずはどこで借りるかを検討し、申込用紙を準備します。申込用紙の他に必要な書類を用意しておきますが、借りる先によって必要書類は異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

一般的には本人確認が取れる、運転免許証や健康保険証、パスポートなどになります。借り入れる額によっては給与を証明するものとして源泉徴収票や給与明細を求められる場合もあります。

必要な書類が揃ったら、いよいよ申込です。カードローン会社や銀行に直接出向いて提出しますが、その他にもATMで手続きが可能であったり、パソコンからも申し込むことができます。パソコンならば24時間好きな時に手続きできるので、忙しい方にはとっても便利です。

ローンの手続きをすると、通常、ローンを受けるための審査が行われます。なかには審査が即時に終わり、すぐに融資を受けることができる会社もあります。また審査時に、本人の勤務状況を確認するために会社あてに電話をかけるところもあります。ローンを受けるための審査が終わるといよいよ融資を受けることができるのです。

金利も低く、融資額が高いことで人気のある銀行カードローンには個人向けと法人向けの2種類あります。個人向けは担保が不要な無担保型のものが多く、保証人や保証料も不要なものがほとんどです。一方、消費者金融系のローン会社も、最近では低金利のものが増えてきているので、申込するまえにいろいろな会社のメリットデメリットを検討し、よりよい条件や自分に見合った条件のところを探しましょう。

審査時間もスピーディ。より身近になったカードローン

手続きが簡単になって、ますます身近な存在になったカードローン。昔よりの低金利商品や融資までの期間が非常に短く済むものなど、さまざまなローンがありますので、必要に応じてうまく活用することができます。

通常、カードローンを申し込むと、融資可能かどうかの審査が行われます。審査の基準は各会社によって異なり、A社では可能であっても、B社では断られるようなことはよくあります。この審査を通らないことには融資を受けることはできません。

一般的に審査の基準となるのが、利用者の信用情報だと言われます。信用情報とは、その人の収入や勤務先、他社の利用履歴や返済状況などを言います。たとえば、勤務先が大企業だった場合、融資の額が多かったり、収入は高くなくても、勤続年数が長かったり、持家だったりすると有利になったりといった具合に、各会社で信用情報を元に判断されるのです。

インターネットを活用すると、その会社の審査に通るかどうかを瞬時に知ることができます。一度に何社かの審査を確認することができますので、いざという時にすぐ借りられるところを調べておくのも手です。

ただし注意が必要なのは、インターネットでの審査は仮審査であって、その後に書類提出による本審査があるということです。仮審査の際にきちんと申請して入力しないと、本審査でNGとなることもあるのです。審査はスピーディに行われますが、審査自体が甘くなっているわけではありませんので、そのあたりを勘違いしないようにしましょう。

持っているだけでお得!見逃しがちなカードローンのキャンペーン!

各カードローン会社が、カード利用者に対して行なっている「キャンペーン」というのがあることをご存知でしょうか。そのキャンペーンには、金利を一定期間下げるキャンペーンの他、新規入会者に対してギフトカードをプレゼントしたり、抽選で旅行が当たったりと、様々なものがあります。

VISAやJCBのブランドクレジットカードでは、独自に展開しているキャンペーンの他、提携カードの種類によっては、新規入会者にギフトカードやキャッシュバックがあったり、マイルを付与されたりするキャンペーンがあります。また、一定の期間に一定金額以上を利用することで、プレゼントがもらえたりするようです。

例えば、JCBカードのキャンペーンには、期間中、ファミマ.comで一定額以上買い物をすると、必ず300円のクーポン券がもらえるキャンペーンや、エントリーするだけでディズニーリゾートの招待券が抽選でもらえるキャンペーン、毎月の公共料金を引き落とすことでエントリーの権利が発生し、1万円のギフト券が当たるキャンペーンなど、様々な景品が用意されています。

VISAカードのキャンペーンでは、ロンドンオリンピック観戦ツアーや最大5万円のキャッシュバックなどがあります。

また、信販会社のオリコカードが展開するキャンペーンでは、映画鑑賞券やアーティストのサイン、デジタルカメラ等の豪華景品が当たるなど、たくさんのキャンペーンが用意されているほか、旅券やツアーの割引なども用意されています。

また、アプラスのキャンペーンでは、ツタヤのTポイントやアプラスのとっておきポイント、提携クレジットカード会社が展開するポイントを付与や、アマゾンのギフト券や掃除機などの生活家電やブランド自転車などが抽選でもらえるキャンペーンなども展開しています。

ぜひ、お手持ちのカードのホームページを見て、キャンペーン情報をチェックしてください。想像以上のプレゼントや豪華景品、キャッシュバックのキャンペーンが用意されていること間違いなしです!

ブラックリストに自分の名前が載っているかどうかを調べる方法。

ブラックリスト。この言葉を聞いて、クレジットカードやカードローンを利用したことのある人なら、誰でも、自分の名前が載っているのかいないのかを知りたいと思うことでしょう。

実際は、ブラックリストという1つのリストは存在しません。

では、どんなものが「ブラックリスト」と言われているのでしょうか。現在、日本に3社ある個人信用情報機関が保有している個人の信用情報で、ローンの審査時などにローン会社が、申込者のクレジットカード利用履歴を見ることができるというものがあります。

これは、もちろん本人も見る権利があり、手数料を支払って、必要書類を揃えれば、窓口や郵送で照会することができます。また、最近ではインターネットを通しての照会もできるようになっていますし、機関によっては、携帯電話からでも簡単に照会できるようになっています。

その個人信用情報に掲載されているのは、今までの返済履歴や利用額のほかに、3回以上の返済の延滞や、自己破産、債務整理などの事故情報、クレジットカードやローン、キャッシングの申し込みが複数同時に行われたことなども掲載されます。これが、いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるものになります。

この事故情報は、ある一定の期間を過ぎると消えますが、その掲載期間は事故の形態や情報機関によっても異なります。延滞の場合の掲載期間は、延滞継続中はもちろん、延滞解消後1年から5年。自己破産した場合は、その情報が5年から10年は登録されています。

一度登録された情報は、それが間違いでない限り、どのような方法をもってしても、消すことはできません。詐欺にあってしまったり、まれに間違いであったりした場合は、それを申し立てると、機関が時間をかけて念入りに調べ、それが誤情報であると判断された場合、消去されることもあるようです。

この事故情報は、信用情報機関3社すべてが共有できるシステムになっていて、どこかで事故情報が掲載されると、すべての情報機関にその情報が共有されるため、一度ブラックリストに載ると、どの貸金業者からも借りられなくなるどころか、住宅ローンや車のローンといったものまで、お金を借りることが一切できなくなるのです。

信用情報機関は、クレジット会社全社が加盟する株式会社シーアイシー(CIC)、貸金業者が加盟する株式会社日本信用情報機構(JICC)、銀行や信金などの金融機関が加盟する全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つで、各連絡先は下記のとおりです。

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)http://www.cic.co.jp/index.html (照会方法)パソコン、携帯電話、郵送、窓口(照会手数料)1000円。

・株式会社日本信用情報機構 http://www.jicc.co.jp/ (照会方法)携帯電話、郵送、窓口(照会手数料)1000円。

・全国銀行個人信用情報センター http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/ (照会方法)郵送(照会手数料)1000円。

ローンの一本化は、損か得か。あなたにあった返済方法を選びましょう

複数のクレジットカード会社や信販会社からローンやキャッシングをしていると、返済日や金利もまちまちで、残高があとどれくらい残っているのかも把握しにくくなってはいませんか?それならいっそのこと、複数あるローンを低金利のローン一つにまとめてしまえば、残高の確認もしやすく、支払い日が決定して計画も立てやすいですし、金利が下がることによって、返済が楽になり、お金のやりくりもしやすくなります。

複数のローンを一本化することによって生じるメリットは、上記のようにたくさんあります。では、どこに借り換えればいいのでしょうか。

まず、自分の借りているローン会社のなかで、おまとめローンや、用途を限らないフリーローンなどを扱っているところがないかどうかを調べましょう。もし、今現在借りている会社で、低金利のおまとめローンがあれば、他社の分もまとめて、そこに一本化すればよいのです。また、どこの会社もおまとめローンなどを提供していない場合や、そのおまとめローンの金利が高い場合、他の金融機関のおまとめローンを探してみるのもよいでしょう。

また、一本化することによって生じるデメリットもあります。

一本化するということは、A会社、B会社、C会社から借りていたお金を、X会社に一括で支払ってもらうということで、A会社、B会社、C会社からみた、あなたの信用度が上がり、さらに融資枠を上げて貸せる顧客として登録されます。

もう、他社でお金を借りなければいいのですが、X会社に一本化したあとも、だらだらとA会社やB会社などからお金を借りるようでは、元の木阿弥、何のために一本化したのか分からなくなってしまいます。

複数社から借りていたお金を一本化し、お金の使い方ややりくりの計画を立てやすくすることが目的なのですから、そこを忘れないでおきましょう。「

年収の3分の1超の借り入れがあると借りられなくなる総量規制とは

「総量規制」と小難しく表記されるこの貸金業法のルール。それは一体どんなものなのか、できるだけ優しく解体してみていきましょう。

まず、総量規制が有効なのは、たった一つ。貸金業者が個人にお金を貸す時だけです。貸金業者が個人や法人にお金を貸す契約(貸付けの契約)の種類は、大きく分けて4つありますが、この総量規制が適用されるのは、個人にお金を貸す「個人向け貸付」のみですので、ほかの貸付の契約には適用されません。

また、「総量規制」というルールは貸金業法という法律のなかの一つで、ここでいう「貸金業」というのは、例えば消費者金融、質屋、信販会社、クレジットカード会社などです。銀行は貸金業者には含まれません。ですので、銀行のカードローンで借り入れをする時は、ただちに総量規制に抵触することはありませんが、銀行カードローンの審査時に、多額の借入金があると、不利であることは間違いありませんので注意しましょう。

次に、この総量規制には「除外」と「例外」があります。「除外」というのは、不動産購入または不動産に改良のための貸付け、自動車購入時の自動車担保貸付け、高額療養費の貸付けなどです。既に年収の3分の1の借り入れがあっても、オートローンや不動産購入の借り入れは、総量規制の貸付残高には含まれないので、年収400万円の人がすでに年収の3分の1にあたる133万円以上のローンやキャッシングがあっても、車や不動産は購入できますし、逆に車のローンが残り133万円以上あっても、総量規制の貸付残高としてカウントされないため、ローンやキャッシングは可能なのです。

「除外」と「例外」の違いは、貸付残高を含むか含まないか、カウントするかしないかという点です。さきほど、オートローンで説明したように、オートローンは除外なので、キャッシングやローンの貸付けの際にカウントされませんが、例外の場合は貸付残高にカウントされます。

「例外」とは、一体どのようなものがあるのでしょうか。緊急医療費の貸付や、配偶者と合わせた年収の3分の1以下の貸付けなどです。緊急の医療費のために、お金を借入用とした時、すでに年収の3分の1の借金があったとしても、例外規定ということで、借りられる場合があります。

総量規制とは、個人消費者が借金苦に陥らないようにしようという行政の取り決めです。が、万が一の時は、除外や例外があることを知っておくことで、ピンチを切り抜けることもできるでしょう。

カードローンの限度額が500万の主婦と、50万円の会社役員の謎

カードローンの広告を見ていると、「低金利」や「即融資」といった謳い文句にならび、「借り入れ限度額200万!」や、「ご融資は、最高500万円までOK!」と、高額な限度額が掲示されています。

その下段に「学生、パートでもご融資可能」なんて書かれていると、正社員でない、言わば不安定な収入なのに、いきなり200万や300万、時には500万円といった高額な融資が、即日に受けられるなんて、ちょっと危険な予感!なんて思ってしまいますよね。「限度額」というものについて、少し考えてみましょう。

融資限度額とは、その名の通り、「銀行がいくらまで貸せますよ」という額で、基本的には収入や職業などの審査をして、融資する側が融資限度額を決定します。利用者が借り入れ希望額を限度額いっぱいに書いたとしても、それが初回ですんなりと認められることは、まず少ないと考えてよいでしょう。というのも、あなたとカードローン会社の間に「信用」という実績が、融資をする際に大変重要な位置を占めるからです。

初めての利用で、カードローン会社から認められる限度額は、大体が約50万円前後と言われています。それを期限内にきっちりと返済し、また借りる。これを繰り返し行うことによって、カードローン会社とあなたとの間に「信用」が生まれ、その信用が増すごとに、限度額が引き上げられていきます。

たとえば、自分には収入の無い主婦がカードローンを申し込んで、最初の審査で限度額が30万円に設定されたとしても、その融資の範囲内での貸し借りをきちっとコンスタントに繰り返すことによって信用が生まれ、融資額が引き上げられて、最高融資額が300万や500万円へとなるのです。

これが、役員などを務める正社員がカードローンに申し込み、最初の融資額で100万円の融資限度額が設定されたとしても、返済が滞ってしまったり、全く借りないでいたりすると、カードローン会社との間に信用が築かれないために、限度額の引き上げはあまり無いのです。

カードローンやキャッシングで困ったときに相談するのはここだ!

カードローンやキャッシングなどでお金を借りて、返済に困ったり、身に覚えのない請求があったりした時に、相談しやすいということで、親や身内に相談して、相談された人が借金を肩代わりしたりするケースもあるようです。が、返済に困って多重債務に陥ると、利息で利息を返しているということになり、返済しているつもりが、借金が減らないどころか膨らんでいるといった場合もあります。

返済に困った時や、困りそうになった時、よくラジオ広告や電車の中吊り広告で見る「弁護士へ相談してください!」というのを思い出し、「弁護士に相談するのは、お金もかかるようだし、ちょっと敷居が高いなぁ…。」とお思いになる方も多いでしょう。しかし、返済についての相談窓口を設置しているのは、弁護士だけではなく、消費生活センターや日本貸金業協会、銀行協会やクレジットカウンセリング協会など、多様です。もしもために、あらかじめ相談できる窓口を知識として蓄えておくと安心でしょう。

以下に記す相談窓口は、クレジットカードなどの返済に困った場合や、多重債務などで相談したい場合ももちろん、日本貸金業協会のホームページ内では、あなたの家計のやりくりが健全かどうかをチェックしたり、消費行動を分析したりできます。消費者行動診断は、YES/NO形式で簡単に行え、結果は注意するポイントまで教えてくれます。

時間があるときに、一度ホームページを見て、返済や多重債務に関する相談事例などを読んでみるのもよいでしょう。

消費者ホットライン(消費生活センター)0570-064-370
国民生活センター平日バックアップ03-3446-1623
各地方自治体の多重債務相談窓口 お住まいの市町村役所にお問い合わせください。http://www.fsa.go.jp/ordinary/madoguti/jititai.html
一般社団法人 全国銀行協会http://www.zenginkyo.or.jp/adr/
公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会http://www.jcca-f.or.jp/
日本貸金業協会 0570-051-051 http://www.j-fsa.or.jp/(消費行動診断などがあります)
日本司法書士会連合会http://www.shiho-shoshi.or.jp/consulting/what_we_can/money/index.html
日本弁護士連合会 http://www.nichibenren.or.jp/contact/consultation.html
法テラス http://www.houterasu.or.jp/

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >