カードローン 踏み倒し

カードローンの返済をせずに、踏み倒すことはできるのか?

「ローン会社からの督促の電話も通知もひたすら無視をして、返済することをせず、5年を我慢すれば、借金を踏み倒すことができる」などということを聞いたことはないでしょうか。これは、借金の時効が5年であることからきている言葉だと思いますが、世の中はそんなに甘いものではありません。

確かに、カードローンなどの借金の時効は通常5年と定められていることは事実ですが、相応の措置をとることにより、その時効を伸ばすことは出来るのです。事実、金融会社が債務名義を取得した場合には、時効期間はその取得日から10年となります。単純に考えただけでも、15年もの間、逃げ隠れしながらの生活を送ることとなります。

また、「返済をしない」でいるということは、遅延損害金がその期間に加算され続けていることになりますので、返済額はどんどん大きくなっていくこととなります。また、なんの対応もせずに返済を長期間怠っている場合には、信用情報機関にも登録されることになるため、将来的にローンを組みたい状況になった場合に、それは不可能となる確率が大変高くなります。

やはり、カードローンなどで借入れをする場合には、最初から短期間での完済を計画して利用するようにした方が得策と言えるでしょう。また、不測の事態に陥り、返済に行き詰まるようなことになった場合には、取引をしている金融会社への相談をしてみるか、弁護士や司法書士と言った専門家に相談をしてみることをお勧めします。

この他にも、公的な機関においても借金の問題を受け付けてくれる窓口は、各居住地にも設けられていますので、まずは、そちらに相談してみるというのが、安心できる方法ではないでしょうか。「踏み倒す」ことは、不可能だと思った方が賢明なのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加