カードローン 契約者 死亡

カードローン契約者が死亡の場合、残高の支払いはどうなるのか?

カードローンの返済を残したまま契約者が死亡した場合、その借金を家族が引き継がなくてはならないのか?といった疑問を抱く方は、多くいらっしゃると思います。この点については、法律上のルールを認識しておく必要があります。

法律上、故人が亡くなった時点で、特別な手続きをしなくとも自動的に遺産相続は開始されることになります。この「遺産(財産)」には、不動産や貯蓄といった「プラスの財産」のみならず、カードローンの債務といった「マイナスの財産」も含まれており、その両方を相続することになります。このことを「単純承認」と言います。

それに対して、「プラスの財産」も「マイナスの財産」も両方相続しない方法を「相続放棄」といい、家庭裁判所に「相続放棄の申述書」を提出することにより行うことができます。これは、明らかにマイナスの財産が多い場合にとる方法で、各相続人が個々に行うことができます。

もう一つには「限定承認」という方法があり、こちらは、しっかりと試算をしてみないと、「プラスの財産」と「マイナスの財産」どちらが多いのかが解らない場合にとる方法で、仮にマイナスの財産が多い場合でも、プラスの財産の範囲内での返済に留まるため、相続人の財産を取り崩して返済をする必要はありません。

ただ、手続きはこちらの方が煩雑で、正確な財産目録を家庭裁判所に提出する必要があり、相続人は全員で足並みを揃えて行う必要があります。「相続放棄」も「限定承認」も期限は、「自分が相続人であると知った日から3カ月以内」となっています。法的な処理となるため、専門の法律家に依頼する人も多く、その場合は、費用の面も確認してみることをお勧めします。

この2つの方法をとらずにいる場合には、「単純承認」をしたこととなるため、カードローンの契約者が死亡した時点で、その返済義務は自動的に相続人が継承する形となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加