カードローン 代位弁済

カードローンの事故情報、代位弁済に気をつけましょう。

カードローンにおける代位返済とは、ローンを支払っていた利用者に返済の滞りが生じ、再三の督促にも応じず、一向に支払う気配がない時に、カード会社に代わって保証会社が支払請求をしていくことです。

そもそもカードローンは、金融機関が指定する保証会社に保証してもらっているので、利用者側に保証人は必要ではありません。もしも、返済が滞ってしまった場合は、保証会社から金融機関に代位弁済し、保証会社は利用者に直接返済してもらうことになっています。

そのため、当初利用していた金融機関等で返済が滞ってしまったら、いずれ保証会社が代わって請求してくることになるのです。カードローン利用者にとっては、まったく借りた覚えのない会社から、ある日突然借金の返済が来るような感覚です。

代位弁済になってしまうと、当然個人情報に記録されますので、今後のカードローン申請ができなくなる可能性があります。この記録は永遠に残るわけではなく、代位弁済で言えば、契約終了日から5年経過で抹消されます。とはいっても、このようなマイナス記録はなるべく残さない方がいいでしょう。

定期的にお金を返済していくことは、なかなか難しいものです。もちろん収入が安定していることが一番ですが、いくら収入があっても、無計画に出費を増やしていけば、返済しきれない日が来るのは目に見えています。

借りたものは滞りなく、当初の約束通り返済していく。この基本的な事を常に念頭に置き、カードローンをむやみに増やさないよう、しっかり計画していくことで、代位弁済のような事故情報を残さないよう、十分気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加