カードローン 相続

知らないと怖い、カードローンにまつわる相続の話。

カードローンは本人が申請し、本人が利用し返済していく仕組みのものです。その利用者本人が、返済を残したまま他界してしまうと、未返済のローンは返さなくていいとは言えないのです。

これが財産であったら、残された親族で財産分与をし、それぞれが受け取るように、未返済のローンや借金もマイナスの財産として、親族が受け継ぐものなのです。もちろん、相続放棄することもできますが、その場合、財産も借金もすべてを放棄することになりますので、財産だけは分与して借金は放棄するという都合のいいようにはいきません。

このプラスの財産とマイナスの財産を足し引きし、もしマイナスの財産の方が多いなら、相続放棄を選択することになるでしょう。この場合、いつでも放棄できるわけではなく、自分が相続人になったということを知ってから3カ月以に、家庭裁判所へ相続放棄申述書を提出することになっています。

もちろん、この書類を期限内に提出しなければ、相続を受け入れたこととみなされ、プラスの財産も、マイナスの財産もすべて相続人の物になりますので、放棄したい場合は早急に手続きすることが重要です。

また、本人が月々払ってきたローンですが、相続人が引き継いだ場合、一括で返済しなくてはならなくなります。借入先で相談することになると思いますが、ほとんどの場合、一括返済が基本です。

もし、あなたが相続になったら、そういったことも含め、財産を承認するのか放棄するのか、決められた期限の中で十分に検討し、手続きを忘れないよう気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加