カードローン 返済期間

カードローンの返済期間が長い人は、過払い金が発生している?

「過払い金」とは、賃金業者に対して払い過ぎた利息のことを言います。利息制限法の金利は、借入れをする元金の金額により年利15%~20%と定めされており、それを超える金利で、カードローンの返済を長期間に渡って支払い続けた結果、借り入れた元金が法律上では、完済となっているにもかかわらず、尚も、超過利息分を支払い続けた場合に発生します。

過払い金が発生する条件には、ある程度(5年~10年以上)利用していることがあげられますが、「カードローンの返済期間が長ければ発生している」というものではなく、金利が利息制限法の範囲内で利用している場合においては、10年以上借り入れ続けている人でも発生することはありません。

過払い金が発生しているかどうかを確認するためには、賃金業者から「取引履歴」を取り寄せる必要があります。通常であれば、電話で「取引履歴を下さい」と連絡を入れることで、郵送などで送ってくれますので、それを確認しながら利息制限方に基づき再計算をすることで、算出することができます。計算ソフトは、インターネット上に無料ソフトがありますので、そちらをダウンロードして使用すると簡単に計算することが出来ます。

この段階で、払い過ぎていることが明らかになった場合には、「過払い金」として返還請求が可能となります。自力で賃金業者に対し、返還請求をすることもできるのですが、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼してお任せした方が、確実かもしれません。ただし、この場合には、費用がかかりますので、その点の比較と、信用できるかどうかも併せて、確認をした上で依頼するといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加