カードローン 返済

カードローンを上手に利用するコツは、ご利用前の返済計画にあります

急にお金が必要になった時、素早く簡単に応えてくれるカードローンが利用できることは、とても助かります。簡単便利なカードローンではありますが、お金を借りるということは、利息をプラスした分を返済する必要があるということに変わりありません。

カードローンを上手に利用するということは、極力少ない利息分に留め、完済させるというところにあります。「これだけの額を借りた場合」「毎月最低でもいくらを返済しなければならないのか」という最低返済額を出し、その金額が十分に可能であるのかどうかを見極めること。

また、返済期間中に最低返済額以外に、返済に充てられる余裕がある時がどれくらいあるのか、見通しを立てておく、つまり、無理のない返済計画を立てておくことがポイントとなります。

カードローンの返済方法には、「約定返済」と「随時返済」の2つの方法がありますが、「約定返済」とは、月々決まった日に、決まった額を返済する方法で、返済の中身は、元金と利息分を合わせたものとなっています。これが滞ってしまうと、金融会社の信用をなくしてしまうばかりか、延滞利息が加算されるため、支払う利息を増やしてしまうこととなります。この返済に関しては、最低限、守っていく必要があるということになります。

もう一つの方法である「随時返済」とは、余裕のある時に毎月の決まった返済額以外に、任意の金額を繰り上げ返済する方法のことをいい、約定返済とは違い、すべて元金に充てられますので、多くするほど元金は減り、利息も減ることとなります。つまり、約定返済は滞りなく、随時返済を出来るだけ多くすることが、利息を最小限に留めながら、短い期間での返済を可能にするコツということになります。

各カードローン会社のホームページ上では、「返済シミュレーション」を設置されていることが多く、「これだけの借入額だと毎月いくらずつの支払いになるのか」「何回くらいの回数で完済することができるのか」など、あらゆる面からのシミュレーションが出来るため、借りたお金を完済するまでのイメージをつかむことが出来るので、無理のない返済計画を立てるにはとても役立つツールと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加