カードローンの金利や返済について

記事一覧

カードローン利用時の重要ポイントである「利率」について

カードローンを利用する際に、最も意識するのは「利率」ではないでしょうか。借り入れたお金に対して、返す時にはいくら多く返さなければならないのかは、この利率によって決まってくるため、確かに重要なポイントと言えます。

カードローンにおける「利率」とは、借り入れた金額に対して1年という期間でどれくらいの「利息」がつくのかを示した数値となります。計算方法は、「元金×利率×借入している日数÷365日(1年)=利息」となり、通常の利率が高めのカードローン会社でも、条件によっては無利息、つまり、元金だけの返済で済む場合などのケースを除き、一般的には、この利率が高いほど多くの利息を払うことになります。

カードローン会社の広告やホームページには、同じ意味を持つ言葉として「実質年率」・「年利」・「金利」といった表記をしているのを見かけます。もしかすると、カードローンを取り扱う場合には、これらの用語の方が多く使われているかもしれません。また、利率は「○%~○%」といった幅を持たせた表記のされかたをしており、この幅のどの利率が自分の借入額に設定されるのかは、申し込み後に決定されることになります。

利率の決定に関しては、個人の信用度、利用限度額、借り入れている期間などをもとに、各会社の規定により決定されます。事前に、おおまかな数値を把握する方法として便利なのは、シミュレーションをしてみることでしょう。各会社のホームページには、申し込みのシミュレーションや、返済シミュレーションなどが設置されており、無料でしかも簡単な操作で瞬時に結果が出るので、検討材料として利用してみてはいかがでしょうか。

カードローンは繰り上げ一括返済で得をする方法

カードローンを利用した際にかかる金利は、一般的に元金(残金)に対して日割で利息として加算されていきます。元金にプラスされる利息分をいかに少なく抑えるかは、いかに短い返済期間で完済するのかがポイントとなります。そのため、金利の面を考慮すれば、一括で繰り上げ返済をすることがベストな返済方法となります。

カードローンの返済方法は、「リボルビング払い」という方法が一般的で、毎月、指定日に決まった金額を返済していくものです。返済額が決まっているため、利用しやすいのですが、支払い期間が長くなる傾向があるため、金利を多く支払うことになり勝ちです。そこで、残金を一気に繰り上げ返済することにより、返済期間が短縮されますので、金利を少なく抑えることが出来る返済方法が「一括返済」ということになります。

借り入れている金額が大きく自力での一括返済が難しい場合には、低金利のローンへの「借り換え」を行い、返済総額を少しでも少なくする方法もあります。これは、複数に借り入れがある場合なども、低金利のローン会社に借り換えることで、ローンを一本化し返済総額を少なくするだけではなく、管理もしやすく出来るというメリットがあります。これが「おまとめローン」と言われている方法です。

ただし、金利の低い金融会社の借り換えとはいっても、金利の決定は申し込みをした後になりますので、金融会社が表記している最も低い金利が適用されるとは限らないため、このおまとめローンを利用しない方がいいケースもある点には、注意が必要となります。

このようなケースを出来るだけ避ける手段の一つとしては、各金融会社のホームページに設置してあるシミュレーションを活用して参考値を出し、利用する前の検討材料にする方法が有効的です

カードローンの計画的な利用には金利の計算も欠かせません

カードローンを利用しようとする時には確認をする「金利」。この金利がほんの少し違うだけでも返済総額が違ってくるため、少しでも低金利のところを探そうとする方は多いと思いますが、借りてしまった後は、ただ漠然と、毎月、決まった金額を払っているという方も多いのではないでしょうか。

毎月の支払額の中に含まれる元金分と利息分がどのような内訳になっているのか、自覚しながら月々の返済をされている方がどれくらいいらっしゃるでしょうか。カードローンの返済をスムーズな完済に導くためには、ご利用前に返済計画を立てておくことが大切です。「借り入れる額」や「月々の返済額」、「返済期間」が自分の状況から、無理のないものかどうかを確認した上で、借り入れをしているかがポイントとなります。

この返済計画を立てるためには、金利がかかることにより返済総額がいくらになるのかを把握しておく必要があります。加算される利息は、金利や借入額、借り入れている期間により変動するため、そのことを加味しての金利の計算が欠かせません。

基本的な金利の計算方法は、「借り入れた金額×実質年率×借りている日数÷365日」となっており、例えば、30万円を年利17%で1年間借入れた場合には、300,000×17%×365÷365=51,000円が利息で、351,000円が返済総額となります。

そして、これを毎月分割で返済していくということになりますが、毎月の返済額については、返済方式によっても変わってくるため、少し複雑になってきます。そこで、便利なのが各会社のホームページに設置されている返済シミュレーションを利用することです。

会社によっては、ボーナス時の追加返済をした場合のシミュレーションをしてくれるところもあり、自分にとって無理のない返済ペースと、金利を可能なかぎり節約する返済期間などを検討しながらシミュレーションをすることが出来ます。

面倒な計算もこの機能を利用することで、手軽に参考値を算出してくれるので、返済計画を立てる時には、お勧めです。利用状況をしっかりと把握するようにして、カードローンを賢く便利に利用するためにも活用していただきたいものです。

カードローンの利用は、返済方法も重要な確認事項です。

カードローンを利用する時には、金利や金融会社の信用度など、「借り入れのしやすさ」に目が行きがちですが、もう一つ、重要なポイントとして「返済のしやすさ」があげられます。金融会社の広告やホームページにも、借りる際の便利さが前面に出ている場合が多いですが、返済方法についてもしっかり確認してから利用するようにしましょう。

カードローンの返済方法として一般的なのは、銀行口座からの自動引き落とし、指定口座への振り込み、提携ATMからの返済などがあげられます。最近では、インターネットバンキングからの送金といった方法などもあります。

このように、返済方法もとても多様化していますので、一通り把握をしておき、毎月の指定日に滞りなく返済ができる自分に合った方法を選ぶようにしましょう。振込やATMでの返済方法を利用する場合には、手数料がかかる場合がありますので、そういった点もチェックしたおいた方がいいでしょう。

契約の際に、どの形で返済をするのか決定しますが、後から変更することも可能な場合が多く、例えば、銀行の引き落としという方法を選択して契約をしたが、後日、都合が悪いと感じた場合には、手続きをすることによりATMからの返済に変更することも大抵の可能です。

また、指定日に決まった額の返済を毎月していく他に、余裕がある時には追加で全額、もしくは一部を繰り上げ返済が出来る仕組みを取り入れている金融会社もありますが、その場合には、普段は銀行引き落としで返済をすることにしていても、追加返済はATMでする。という形になる場合もありますので、こういった点もしっかりと確認をしておき、スムーズに完済できるように準備しておくといいでしょう。

カードローンは自分に合った金利の比較をして選びましょう。

カードローンをこれから利用しようとしている方の場合、どのカードローン会社を選ぶべきか迷うところです。信用度はどうか、速やかな対応をしてもらえるかなど、選ぶ決め手は何点かありますが、特に金利の大きさは気になるポイントではないでしょうか。

金利の面からいうと、銀行系のカードローン会社が他の金融会社に比べ、金利の安いところが多いです。また、融資額も他の会社に比べて大きいのが特徴です。ただし、銀行系ということで信用度も高く安心して利用出来る分、審査は他の会社に比べ、若干厳しくなっていると言えるでしょう。

消費者金融系に関しては、金利の面から見ると、他の金融会社よりも高くなっています。しかし、審査の面では比較的甘く、スピーディな対応とサービス面での幅の広さが特徴で、「無利息期間」を設定している会社も多くあります。そのため、「無利息期間」内での借入額の完済が可能な場合には、元金のみの返済となりますので、実質、無利息で借り入れができることになります。

また、お買い物の際に利用することの多いクレジットカードでおなじみの信販系のカードローン会社については、金利は銀行系よりに低めで、融資額も大きめでありますが、審査の面では銀行系よりは緩やかとなっている点が特徴となっています。

金利の比較をした場合、金利が安いという面だけでいうと、銀行系のカードローン会社が一番良いということになるものの、短期間での借り入れを考えると消費者金融系の無利息期間での利用が良いということになります。また、金利は、借り入れの期間や借入額によっても違ってきますので、それぞれの金融会社の金利に加えて、それぞれの特徴も調べて、自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

カードローンに返済シミュレーションを積極的に活用する理由

カードーンは、お金を借りる時の便利さも大切ですが、賢く使いこなすためには、お金を借りる一歩手前に返済プランを立てておくことがポイントとなります。その返済プランを立てるのに役立つのが金融会社のホームページに設置されている「返済シミュレーション」です。

カードローン利用者に意外と多いのが、毎月の定額のお支払いを漠然と続けていらっしゃる人たちです。実は、カードローンをより賢く利用するには、自分が借り入れた元金に対する金利や返済期間、そして返済総額をしっかり把握しておくことが大切です。そのために「返済シミュレーション」は無料で利用できるので、積極的に活用したいものです。

返済シミュレーションには、借入額に対する「毎月の返済額」や「完済までの返済期間(月数)」そして、自分の提示する「毎月の返済額」や「返済期間(月数)」などの条件による「借入れ可能額」を算出してくれるパターンなど、3方向からのシミュレーションが用意されていることが多いです。

会社によっては、シミュレーションの結果を返済計画表として表示してくれるものもあり、月々の支払額、また、その支払額に含まれる元金分、利息分といった内訳、残高、そして返済総額までを解りやくい表で確認できるものもありますので、より完済までのイメージがつかみやすくなっているものもあります。

ただし、金利や利用限度額については、各会社の規定により違うことや、自分が受ける融資額や返済期間により、変わってきますので、確認が必要となります。また、シミュレーションでの計算結果については、あくまでも参考値として検討材料の一つであるという認識は必要です。

しかし、このように前もってシミュレーションすることにより、月々の支払額に無理はないか、どれくらいの期間で完済することができるのか、または、自分が借り入れようとしている金額が妥当なものであるのか、などを把握することができ、無理のない計画的な利用に役立てることはできますので、より賢く利用するためのツールとしては、お勧めです。

カードローンを無利息で利用する方法と注意点

カードローンは専用のカードさえ持っていれば、あちらこちらに設置されているATMなどから、簡単にお金が借りられるため、急な出費に手持ちが足りない時にはとても便利です。気がかりな点としては、他のローンよりも自由度が高い分、金利が高めなところでしょうか。

借入れをする以上、利息も併せて返済するのは当然ではあるものの、出来ることなら、その利息分は少ないにこしたことはありません。そこで、金利の低いカードローン会社を選んだりするのですが、条件さえ整っていれば、その利息分を払うことなく、元金だけを返済することも不可能ではありません。

カードローン会社の中には、一定期間を無利息にしているところがあり、その利息が発生しない期間内に借りた元金を全て返済することが出来れば、「無利息」。つまり、タダでお金を借りることが可能であるということになります。

例えば、1週間後にボーナスが支給されるので、まとまったお金が手に入る当てがある状態であり、手持ちのない今をしのぐためにカードローンを利用するなどといった場合であれば、借入れた金額を無利息の期間内に元金を全額返済する目処が立っている状態なので、無利息カードローンを利用することは、賢い借入れ方法と言えるでしょう。

この無利息期間が適用される条件は、各会社によってそれぞれに違い、多く見られるのは「初回のみ」、「キャンペーンにつき」といったものや、「インターネット経由でのお申込みに限り」などで、新規の融資のみに適用している会社が多いものの、何度でも可能なところもあります。また、無利息の「期間」についても各会社により違いがあり、同じ会社でも借入れする金額によって、期間が変わるケースもあります。

注意点としては、無利息期間内での既定の返済日に返済が滞ってしまった場合には、遅延損害金が発生するばかりではなく、その日以降、通常の金利が加算されてしまうこともありますので、無利息期間内と言えども、返済日をしっかり守る必要がある点などがあげられます。

以上のように、しっかりと契約内容を確認のうえ、返済の目処が立っている状態であれば、無利息カードローンは、断然お得な借入れ方法であると言えるでしょう。

カードローンを上手に利用するコツは、ご利用前の返済計画にあります

急にお金が必要になった時、素早く簡単に応えてくれるカードローンが利用できることは、とても助かります。簡単便利なカードローンではありますが、お金を借りるということは、利息をプラスした分を返済する必要があるということに変わりありません。

カードローンを上手に利用するということは、極力少ない利息分に留め、完済させるというところにあります。「これだけの額を借りた場合」「毎月最低でもいくらを返済しなければならないのか」という最低返済額を出し、その金額が十分に可能であるのかどうかを見極めること。

また、返済期間中に最低返済額以外に、返済に充てられる余裕がある時がどれくらいあるのか、見通しを立てておく、つまり、無理のない返済計画を立てておくことがポイントとなります。

カードローンの返済方法には、「約定返済」と「随時返済」の2つの方法がありますが、「約定返済」とは、月々決まった日に、決まった額を返済する方法で、返済の中身は、元金と利息分を合わせたものとなっています。これが滞ってしまうと、金融会社の信用をなくしてしまうばかりか、延滞利息が加算されるため、支払う利息を増やしてしまうこととなります。この返済に関しては、最低限、守っていく必要があるということになります。

もう一つの方法である「随時返済」とは、余裕のある時に毎月の決まった返済額以外に、任意の金額を繰り上げ返済する方法のことをいい、約定返済とは違い、すべて元金に充てられますので、多くするほど元金は減り、利息も減ることとなります。つまり、約定返済は滞りなく、随時返済を出来るだけ多くすることが、利息を最小限に留めながら、短い期間での返済を可能にするコツということになります。

各カードローン会社のホームページ上では、「返済シミュレーション」を設置されていることが多く、「これだけの借入額だと毎月いくらずつの支払いになるのか」「何回くらいの回数で完済することができるのか」など、あらゆる面からのシミュレーションが出来るため、借りたお金を完済するまでのイメージをつかむことが出来るので、無理のない返済計画を立てるにはとても役立つツールと言えるでしょう。

金利を確認してからが賢いカードローンの利用方法

急な出費でお金が必要になった時など、手軽に素早く利用することができるカードローンはとっても便利です。カードローンは、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンとは違い、使用目的が自由であることや保証人や担保を必要とせず、審査基準が目的別ローンに比べると緩やかで、カード発行までが早いという特徴があります。

カードローンは、この特徴から気軽に利用できるものの「お金を借りる」という行為には変わりがなく、借りた金額に利息分をプラスして月々、返済していく仕組みは、他の融資と変わりません。やはり、金利は気になるところです。

金利が数%違うだけで返済総額が大きく異なってきますので、利用する前に金利の確認をして、少しでも低金利のカードローンを賢く利用した方がいいでしょう。金利は金融会社によりそれぞれ違います。各社、元金に対して「1年間でどれくらいの利息が付くのか」という「実質年率」を表示する決まりとなっているので、利用者は簡単に金利を確認することが可能です。

大抵の場合、○%~○%といったように幅を持たせた表記をしていますが、小さい方の値を下限金利、大きい方の値を上限金利といい、一般的に金利は、融資額が大きいほど下限金利に近く、小さいほど上限金利に近い数字となります。
そのため、カードローンのような個人向けの小口融資の場合は、上限金利を意識してチェックしておくといいでしょう。

実際に支払う利息に関しては日割計算となり、元金(残高)×実質年率×日数÷365日=「利息」という計算方法が取られ、例えば、5万円を7日間借りていたと仮定し、実質年率が17%だったとすると、50,000×17%×7÷365=「163円」が利息分となり、返金総額は50,163円ということになります。つまり、できるだけ短期間で返済した方が払う利息は少なくて済むということになります。

カードローンは、いざという時に役立つ便利なものですが、返済の目処をはっきりさせ、金利を比較してから利用する方が、より賢い利用方法であるということが言えるでしょう。

カードローン選びは低金利?無利息?あなたにあった選び方

給料日を目前にして緊急の出費が発生した際などの緊急事態を乗り切る方法として、カードローンという手段があります。カードローンは、使途目的が自由な点や、申し込み時に保証人や担保を必要としない点などでも、気軽に利用しやすく、万が一の時には役に立ってくれるので、専用のカードを持っておきたいところです。

ただ、お金を借りるということは、返済時には利息分も払うこととなり「借りた金額よりも多い金額を返す」というわけですから、金利は低いにこしたことはないでしょう。また、その利便性の高さから、他の融資に比べ、カードローンの金利はやや高めに設定されていますので、尚更、金利の比較はしておきたいところです。

金利は、貸し付けをする会社によりそれぞれ違いますが、一般的に、低金利とされているのは、銀行系のカードローンです。メリットは、他に比べて低金利であること、利用限度額も他よりも大きく、信用度が高いところでです。デメリットは、他の会社よりも審査がやや厳しく、カード発行までの時間が他に比べると多少かかる、といったところです。

これまでに、返済などのことで事故を起こしていない方や、他での借入れがない方などは、イザという時のために、カードを作っておくのもいいのではないでしょうか。対して、消費者金融系は、銀行系に比べると金利は高めになっているデメリットはあるものの、対応の迅速さは銀行よりも優れているメリットもあります。また、決められた日数内での返済により、無利息で借りられる仕組みもあります。

このように、各会社メリットデメリットはそれぞれありますので、金利ばかりが検討内容ではありませんが、金利が高ければ返済の時に苦労する可能性もありますので、低金利な会社を選びたいところです。また、無利息期間などを設定している会社もありますので、状況により使い分けることがもっとも、賢い利用方法となるのではないでしょうか。

<1 2 3