カードローン 過払い

カードローンで借りたお金の過払い金や返還請求について

カードローンを利用したことのある人の中には、「もしかして、自分が返済し続けていたカードローンの返済額も多く払い過ぎているのではないだろうか?」「もしそうならどのようににしたら返還してもらえるのか?」とその方法が知りたいところではないでしょうか。

「過払い」とは、利息制限法を超える金利で借りていて、長期間に渡りその利息を払い続けたことにより、借り入れた元金が完済となっているにも関わらず、超過利息を支払っていた場合に多く発生します。返済期間としての目安は、5~10年以上借入れをしていた人が多いですが、期間が10年以上借り入れていても、必ず発生するとは限りません。

過払いが発生しているのかどうかを確認する方法は、借り入れをした金融業者に対して、契約時の利率、借りた日付や金額、そして返済した日付やその金額の履歴が明記されている「取引履歴の開示」を請求するところから始まります。

この取引履歴から、利息制限法に基づいた利率により計算のし直しをした結果、この法律の制限を超える利息を払ってしまっている場合には、その払い過ぎている分は、まず、元金に充当され、更には、元金に充当してもなお、払い過ぎている部分に関しては、返還請求をすることが可能ということになります。

この取引履歴に関しては、本人のみが開示を求めることが出来、それを元に払い過ぎているかどうかを計算するためには、無料の計算ソフトがインターネット上にいくかありますので、そちらをダウンロードして自分で計算することもできますが、弁護士や司法書士といった専門家に相談してみるのもいいでしょう。専門家への相談に関しては、信用がおけるかどうかの面と、費用の面を確認してから、依頼するといいでしょう。

最近では、着手金が0円で、過払い金が発生している時だけ報酬が発生するところもあり、更には、分割での支払いが可能なところなどがあるようなので、比較検討して決めるといいでしょう。また、過払い金請求に関しては、時効が過払い金発生の日から10年間と定められていますので、気になる方は早めに行動を起こすようにした方がいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加