カードローン 相続

カードローンの相続ってどうなるの?どうするの?

「相続」という言葉からは、不動産や貯蓄といったプラスの財産を受け継ぐといったイメージを持ちますが、民法上では、借金のようなマイナスの財産も含めて、被相続人(故人)が亡くなった時点で、相続人は全てを相続することとなるため、被相続人がカードローンの借金を残して亡くなった場合には、その返済義務は、相続人が引き継ぐということになります。

カードローンの借金といった債務を、相続人が背負わずにすむ方法は2つあり、明らかにプラスの財産よりも、はるかにマイナスの財産の方が多い場合には、「相続放棄」をすることにより、故人の全ての財産を相続しないことにできるため、プラスの財産もマイナスの財産も引き継がないこととなります。この方法を選択した場合には、「相続放棄の申述書」を家庭裁判所に提出することにより手続きを行うことができます。

もう一は「限定承認」という方法で、プラスの財産とマイナスの財産をしっかりと試算してみないとどちらが多いのか、はっきりとしない場合に使われ、もしも、マイナスの財産の方が多い場合においても、プラスの財産の範囲内での債務のみにとどまるため、相続人が借金を背負うという事態は避けることができる方法になります。

この2つ方法はいずれも、「自分が相続人になったことを知った時から3カ月以内」に家庭裁判所に申述しなければならない点においては同じですが、「限定承認」の場合は、期間内に故人が住んでいた管轄の家庭裁判所に財産目録を提出し、限定承認をする旨の申し立てをする必要があり、相続人は全員が足並みを揃えて、共同して行う必要があります。

手続きが煩雑なため、スムーズにことを進めるために、専門の法律家などに相談しながら行う人が多いようです。そのような場合、手数料を支払わなくてはなりませんので、その点を確認してから行う方がいいでしょう。この2つの方法、どちらの手続きもしない場合には、無条件で全ての財産を受け継ぐこととなり「単純承認」したということに自動的になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加