カードローン 返済 端数

カードローンの返済、1,000円未満の端数はどうなるの?

「カードローンの返済のため、毎月の指定日にATMなどで定額を支払っています。もうすぐ、完済となるのですが、いつも自分が使っているATMは、紙幣しか取り扱っていないようなのですが、1,000円未満の端数はどうしたらいいのだろう?」という疑問を持ったことはありませんか?

この疑問は、ATMを返済方法として選択している方に多いと思います。銀行口座からの自動引き落としの場合には、残高に応じで毎月定額を引き落とされ、完済時にも、その金額が全て自動で引き落とされます。しかし、ATMの場合には、それが出来ないことがあります。

金融会社が提携しているATMは、かなりの設置数であるため、困った時に借り入れをするにも便利ですし、仕事で遅くなってもコンビニなどに設置されているATMを利用することができますので、普段であれば時間帯や曜日も気にする必要がありません。

しかし、端数も含めた返済額を支払う場合には、金融会社が提携しているATMの中から硬貨を取り扱うものを選ぶ必要があります。また、この時だけ、窓口で返済をするという方法か、指定口座へ振り込みをするという方法をとることにより可能となります。

また、金融会社によっては、利用残高が1,000円未満になった場合、この残高に関しては、「利息・手数料を付けず、支払期限を設定しない残高」とし、次に利用した際に、最初の支払い時に清算する。という形をとっている会社もあります。つまり、残高が1,000円未満まで返済が進んでいれば、契約を継続している場合に限り、「一旦、完済したとみなす」ということです。

金利と同様に、各金融会社により返済時の規定もそれぞれに違いがありますので、ご利用時には確認をしておくといいでしょう。また、残高の正確な数字が曖昧な場合や、完済と同時に解約をする場合など疑問がある場合にも、利用しているカードローン会社へ直接お問い合わせをして確認をしてみるといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加