カードローン 延滞

カードローン返済を遅滞しそうな時、してしまった時にするべき事

何かと忙しい毎日を過ごしていて、気が付けばカードローンの借入額が増えていたり、複数のカードローン会社から借入をしていたり、なんてこともあるのではないでしょうか。「うっかり忘れていた」「適当に返済すれば大丈夫」とカードローン返済の遅滞に対して安易に考えるのは危険です。

カードローンの返済が滞ると、遅延損害金が加算されるばかりではありません。最悪の場合には利用額の減額や契約の停止、または、信用情報機関に登録されることになり、新たなローンを組む時に支障をきたす可能性もあります。

カードローンが遅滞すると、その日数分に遅滞損害金が発生し、追加の金利が加算されます。その期間によっては、大変高い金利となってしまうため、支払いが困難になってしまうことも実際にありますので、確実に返済期日を守るということは基本です。

もしも、「うっかり忘れてしまい」遅滞してしまった場合には、出来るだけ早くカードローン会社に連絡を入れましょう。こちら側から連絡をして、その後、速やかに支払いがあった場合には、会社に与える印象も違ってきますので、信用を保つことが出来ます。忘れてしまいそうな時には、自動引き落としにするなどの対策をしておきましょう。

また、病気やリストラなど、予期せぬ出来事が起こり、返済が困難になってしまった場合には、借入れ先の会社へ相談をしてみます。その際に、自分の収支の状況と、どのようにすれば返済出来るのかを伝え、会社との双方の話し合いにより、返済計画を決めるようにしましょう。

このような連絡や相談もなく、度々、遅滞を繰り返したり、遅滞期間が長くなってきたりした場合には、信用情報機関に情報が登録されてしまい、個人としての信用度に影響をきたし、将来的にも他のローンを組む際に支障をきたす可能性が出てきますので、ただ、漠然と返済日を見送るのではなく、返済の遅滞をしないように、しっかりと自己管理するようにしましょう。

また、返済に行き詰まるような状況に陥った場合には、公的な機関などへの相談や、法律の専門家などに相談してみるのも一つの手段です。一人でじっと抱え込まずに、「相談」して「解決」するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加