カードローン 債務整理

カードローンの返済時の債務整理4つの方法について

カードローンの返済額の方が収入より大きくなってしまい、返すための借り入れが必要となった時は、債務整理を考えなくてはなりません。債務整理と言うと、即「自己破産」を連想してしまいがちですが、実は、その方法は4つの種類に分けられます。

そして、それぞれにメリットとデメリットはありますが、どの方法にも共通しているメリットは、金融会社からの督促がなくなるということであり、デメリットは、5年~10年の間、新たなローンを組むことができないといった点にあります。

デメリットである、新たなローンを組むことのできない期間が一番短いものには「任意整理」があり、一定収入があることを条件に行うことのできる方法です。これは、弁護士などの法律の専門家が取引業者との間に立ち、交渉することにより、返済額を減額するように和解を進める方法になります。また、この場合、「過払い金」がある場合には、その点も含めての減額の交渉となります。債務整理の中で、もっともダメージの少ない方法と言われています。

また、「個人再生」という方法は、定期収入があることを条件とし、持ち家がある場合、それを残す方向で、返済額の減額を交渉していく方法となります。裁判所の手続きが必要となります。これに対しては、一定の収入がなく支払い能力が認められない場合には、「自己破産」という方法をとることになります。この方法は、返済義務を免れる代わりに、さまざまな制約が課せられることとなります。

この他に、「特定調停」という方法があり、任意整理を裁判所を通して自分でやる方法となりますが、交渉不足でうまくいかないケースが多いと言われています。自分がおかれている状況により、どのような債務整理をするべきなのか、どのように進めていくべきなのか、煩雑なことも多いため、弁護士や司法書士といった専門家に依頼した方がいいでしょう。

その場合、費用がかかってきますので、「相談無料」「着手金無料」などと事務所により、費用も違ってきますので、その点を比較検討して依頼をするようにした方がいいでしょう。また、借金についての相談窓口として、公的な専門機関もありますので、まずは、そちらに相談してみるのもお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加