カードローン 払えない

カードローン、「もう払えない」そんな時の対処法

カードローンは利用しやすい分、金銭感覚が鈍ってしまう方も少なくありません。便利に利用をしているうちに収支のバランスが崩れ、気が付けば、毎月の支払いが困難になり、A社の返済のために、B社から借入れをして返済するような状態になっている場合は、「もう払えない」状況にあるということで、すみやかに対処するために行動しましょう。

カードローンの返済に行き詰まった時には、どうしても目の前の返済を無事にやり過ごすことばかりに神経を擦り減らしてしまいがちですが、借金を借金で支払う状況に陥っている以上、すでに自力での解決は不可能な状態であることが多いため、専門の機関への相談をした方がいいでしょう。

信用のおける弁護士や司法書士といった、専門家に相談をすることにより、債務整理をすることが出来ます。債務整理というと、「自己破産」はよく聞きますが、実は、この他にも3つの方法があり、自分の状況に応じた方法を選ぶことができます。自分は、どういった方法を選べるのかを専門家に相談することにより、自分の採るべき行動が見えてくると思います。

このように、法律の専門家に依頼する場合には、費用がかかりますので、着手金や相談料などをよく調べてから、依頼した方がいいかもしれません。昨今では、債務整理の際の着手金がかからず、報酬も成功報酬となっている法律事務所も多々出てきています。

また、どういった専門家に相談するべきか迷う場合には、多重債務者などの相談を受け付けている国の公的な機関もありますので、まずは、そういったところへ問い合わせてみるのもいいでしょう。一人で抱え込まずに、思い切って専門の機関を利用することにより、自転車操業のような先の見えない状況にたたずむよりも、一度、仕切り直しを図ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加