カードローンの金利や返済について

記事一覧

カードローンの事故情報、代位弁済に気をつけましょう。

カードローンにおける代位返済とは、ローンを支払っていた利用者に返済の滞りが生じ、再三の督促にも応じず、一向に支払う気配がない時に、カード会社に代わって保証会社が支払請求をしていくことです。

そもそもカードローンは、金融機関が指定する保証会社に保証してもらっているので、利用者側に保証人は必要ではありません。もしも、返済が滞ってしまった場合は、保証会社から金融機関に代位弁済し、保証会社は利用者に直接返済してもらうことになっています。

そのため、当初利用していた金融機関等で返済が滞ってしまったら、いずれ保証会社が代わって請求してくることになるのです。カードローン利用者にとっては、まったく借りた覚えのない会社から、ある日突然借金の返済が来るような感覚です。

代位弁済になってしまうと、当然個人情報に記録されますので、今後のカードローン申請ができなくなる可能性があります。この記録は永遠に残るわけではなく、代位弁済で言えば、契約終了日から5年経過で抹消されます。とはいっても、このようなマイナス記録はなるべく残さない方がいいでしょう。

定期的にお金を返済していくことは、なかなか難しいものです。もちろん収入が安定していることが一番ですが、いくら収入があっても、無計画に出費を増やしていけば、返済しきれない日が来るのは目に見えています。

借りたものは滞りなく、当初の約束通り返済していく。この基本的な事を常に念頭に置き、カードローンをむやみに増やさないよう、しっかり計画していくことで、代位弁済のような事故情報を残さないよう、十分気をつけましょう。

CMでも宣伝のカードローンのリボ払いって、ほんとにお得?

カードローンのリボ払いってご存知ですか?リボ払いとは、毎月の返済額を一定の額にしていく返済方法のことを言います。利用した額を、一回にいくら払うかで支払期間が変わってきます。

一方分割払いは、利用した額を何回に分けて支払うかを決める払い方ですので、回数によって一回の支払額が決まります。利用した額が増えれば、一度の支払額も増加するため、使い過ぎなどがすぐに生活に影響してしまいます。

リボ払いなら一度の支払額が変わりませんので、利用が増えても毎月の支払に影響を及ぼさないため、日々の生活が安定しやすくなります。それならリボ払いの方が便利でいいではないか、と安易に考えるのは危険な部分もあります。

カードローンは元金と利息から成り立っています。たとえば本人が100万借りたつもりでも、利息が15万円つけば、115万円返さなくてはならないのです。しかもこの利息は返済期間が長くなれば長くなっただけ増加しますから、リボ払いのように、期間が長くなる支払方式ではかなりの負担となるでしょう。

それなのに、毎月の支払額は一向に増えていきませんから、利用している本人もローンが増えていることの自覚が持ちにくいのです。気付けば多額のローンが長期にわたって残っていたなんてことはよくある話です。

下手すると、利息ばかりを払い続けて、元金が全然減っていないなんてことにもなりかねません。お金を貸す側にしてみれば、リボ払いはとてもよいお客様ということになります。リボ払いは、年会費無料や、買い物ポイント授与などの様々な特典が用意されている物もある位です。

このような眼先の特典に惑わされず、利用する側がきちんと自分のことを考えて、賢く利用していかなければ、大変な事になってしまいます。うまく利用すれば、便利な払い方ともいえるリボ払い。その裏側をよく理解し、自己管理を徹底させて活用していきましょう。

知らないと怖い、カードローンにまつわる相続の話。

カードローンは本人が申請し、本人が利用し返済していく仕組みのものです。その利用者本人が、返済を残したまま他界してしまうと、未返済のローンは返さなくていいとは言えないのです。

これが財産であったら、残された親族で財産分与をし、それぞれが受け取るように、未返済のローンや借金もマイナスの財産として、親族が受け継ぐものなのです。もちろん、相続放棄することもできますが、その場合、財産も借金もすべてを放棄することになりますので、財産だけは分与して借金は放棄するという都合のいいようにはいきません。

このプラスの財産とマイナスの財産を足し引きし、もしマイナスの財産の方が多いなら、相続放棄を選択することになるでしょう。この場合、いつでも放棄できるわけではなく、自分が相続人になったということを知ってから3カ月以に、家庭裁判所へ相続放棄申述書を提出することになっています。

もちろん、この書類を期限内に提出しなければ、相続を受け入れたこととみなされ、プラスの財産も、マイナスの財産もすべて相続人の物になりますので、放棄したい場合は早急に手続きすることが重要です。

また、本人が月々払ってきたローンですが、相続人が引き継いだ場合、一括で返済しなくてはならなくなります。借入先で相談することになると思いますが、ほとんどの場合、一括返済が基本です。

もし、あなたが相続になったら、そういったことも含め、財産を承認するのか放棄するのか、決められた期限の中で十分に検討し、手続きを忘れないよう気をつけましょう。

今は便利なんです。カードローンもシュミレーションで安心返済!

インターネットが普及したので、わざわざ窓口に出向かなくてもカードローンの手続きが完了してしまいます。人と顔を合わせなくて済みますし、自分の都合のいい時間に自宅でも手続きできるのが一番の利点です。

その利便さゆえに、無計画に借りてしまってはいませんか?手続きが簡単になったとはいっても、返済することには変わりありません。きちんと毎月の生活の中で、支払っていけることを確認したうえで、利用しなくてはなりません。

各社、ホームページ上で返済シュミレーションを確認できるサービスを実施しています。これによって、自分の返済可能金額から、借りられる額を算出出来たり、逆に借りたい額を、どのくらいの期間で返せばいいのかを確認することができます。

あくまで、シュミレーションですが、これをしておくだけで返済のイメージがわいてくることでしょう。無理な計画で借りてしまっても、結局返せず苦しむのは当事者です。シュミレーションの際も、冷静に自分の返済能力を確認する作業だと思って、現実を受け止めましょう。

返済シュミレーションはホームページ上で、何度でも内容を変えて確認することが可能です。出来れば、慌てて申込よりも、何社もシュミレーションを重ねたうえで利用できそうなプランを申し込むのがベストですね。

もちろん、シュミレーション画面で確認してから、条件がかなえばそのまま申込画面に移行することもできます。印刷をして手元に残すことも可能ですから、事前の準備や申し込んでからの返済管理をきちんと整理していくことが大切です。

カードローンだって繰り上げ返済して利息分を減らしましょう。

手持ちのお金に余裕が出来た時に、カードローンの返済をどんどん済ませてしまうことができます。それが繰り上げ返済です。カードローンは毎月の決まった返済があり、それを滞納せずに支払っていくのが一般的ですが、繰り上げ返済をすると、その分の利息が減るので、支払総額が少なく済むのがメリットです。

繰り上げ返済で返す部分は、ローンの元金に充てられますので、その元金につくはずだった利息をカットすることができるわけです。ローンの返済の初めの部分は、ほとんどが利息分になっています。元金が減らないからには、返済は完了しませんね。手持ちのお金に余裕ができたら、繰り上げ返済を考えてみるのもいいでしょう。

繰り上げ返済には、残額を一括で返してしまう「全額繰り上げ」と一部だけを返済する「一部繰り上げ」があります。いずれも支払利息を減らすことが可能ですから、繰り上げできる金額によって、検討していきましょう。

いいことだらけの繰り上げ返済ですが、気をつけてほしい点もあります。繰り上げ返済の手続きをする際に、手数料がかかる場合があるということです。会社によって異なると思いますが、手続きの都度発生するものならば、手続き回数を考える必要も出てきます。現在はほとんどの会社で繰り上げ返済が可能ですので、各社の繰り上げ返済に関する手続きや手数料について、調べておくと無駄がありません。

それから、忘れてならないのは、繰り上げ返済はあくまでも臨時の支払であって、毎月の支払とは別だということです。いくら支払総額が減るからと言って、あまり無理をし過ぎて、毎月の返済が遅れるようなことにならないよう、計画立てて活用していきましょう。カードローンは信用が第一。毎月の返済を遅れることなく返していくことが最低限必要な事です。

今話題のカードローンの借り換えなら、銀行ローンがお薦めです。

いろいろなところのローンを抱えている人は意外と多いものです。それぞれの借入先で、金利や返済日も異なっています。クレジットカードや消費者金融系ローンは金利が高く設定されているので、返済期間が長期間になれば、それだけ多くの金利を支払わなくてはならないわけです。

そんな時に、金利が比較的低いローン1本にまとめてしまえれば、高い金利を払い続けることがなくなるのです。当初高い金利で借りたお金を、借り換えることによって、低い金利に移行出来てしまうわけです。

銀行ローンの「おまとめローン」がそれにあたりますが、銀行ローンなら、比較的金利が低いので、ずいぶんと返済が楽になるでしょう。ただし、銀行ローンは審査が厳しいので、一定の収入があることや、返済見込みが明らかな場合に借り換えすることが可能です。

また、何社からも借りていると、返済日や返済額などが煩雑になり、ついつい返済期日を過ぎてしまったなどという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。この、「ついうっかり」がのちのち、大きなマイナス材料となって自分にはね返ってくることもあるのです。

むやみに自分の信用情報を傷つけたりしないよう、ローンの一本化を図って、返済計画も分かりやすく、スッキリ組み立てていきましょう。ここ数年、需要の高まっている「おまとめローン」ですから、多くの銀行で導入されていますし、利用する側にとっても、利用価値は大きいと思います。

カードローンの返済、1,000円未満の端数はどうなるの?

「カードローンの返済のため、毎月の指定日にATMなどで定額を支払っています。もうすぐ、完済となるのですが、いつも自分が使っているATMは、紙幣しか取り扱っていないようなのですが、1,000円未満の端数はどうしたらいいのだろう?」という疑問を持ったことはありませんか?

この疑問は、ATMを返済方法として選択している方に多いと思います。銀行口座からの自動引き落としの場合には、残高に応じで毎月定額を引き落とされ、完済時にも、その金額が全て自動で引き落とされます。しかし、ATMの場合には、それが出来ないことがあります。

金融会社が提携しているATMは、かなりの設置数であるため、困った時に借り入れをするにも便利ですし、仕事で遅くなってもコンビニなどに設置されているATMを利用することができますので、普段であれば時間帯や曜日も気にする必要がありません。

しかし、端数も含めた返済額を支払う場合には、金融会社が提携しているATMの中から硬貨を取り扱うものを選ぶ必要があります。また、この時だけ、窓口で返済をするという方法か、指定口座へ振り込みをするという方法をとることにより可能となります。

また、金融会社によっては、利用残高が1,000円未満になった場合、この残高に関しては、「利息・手数料を付けず、支払期限を設定しない残高」とし、次に利用した際に、最初の支払い時に清算する。という形をとっている会社もあります。つまり、残高が1,000円未満まで返済が進んでいれば、契約を継続している場合に限り、「一旦、完済したとみなす」ということです。

金利と同様に、各金融会社により返済時の規定もそれぞれに違いがありますので、ご利用時には確認をしておくといいでしょう。また、残高の正確な数字が曖昧な場合や、完済と同時に解約をする場合など疑問がある場合にも、利用しているカードローン会社へ直接お問い合わせをして確認をしてみるといいでしょう。

複数のカードローン返済、一つにまとめることを検討してみましょう

複数の会社のカードローンを利用していると、返済の支払日が月に何度もあったり、引き落とし口座が分散されていたりと、管理がしづらく、うっかりしていると残高不足にも気づかず、遅滞の原因にもなりかねません。カードローンは、使いやすさばかりに目が行ってしまいがちですが、「返しやすさ」もとても大切なことです。

まずは、複数のカードローン会社からの借り入れを一本化することを検討してみてはいかがでしょうか。複数に分散されている返済中のカードローンをできるだけ「まとめる」ための方法としてあげられるのが「おまとめローン」です。一つの金融会社に一本化することにより、返済日が月に一度になりますので、すっきりと管理がしやすくなります。

また、おまとめローンのメリットは、ローンを借り換える際に、条件によっては、現在より低金利での借り入れが可能のため、総支払額を減らせることも期待できる点です。もう一つのメリットとして、現在の借入れ状況を把握して、完済までの返済計画を立て直すチャンスにもなる点もあげられます。

金利のパーセンテージよっては、一概に「おまとめローン」にさえすれば、返済が楽になるとは言い切れませんが、申し込みをした際に、金利をしっかりと確認したうえで、現状より返済しやすくなるようであれば、利用した方がいいでしょう。そして、担当者に相談をすることにより、返済計画をしっかりと立て直してみてはいかがでしょうか。

「おまとめローン」に関しては、申し込みをした際に、審査があるため、全ての方がご利用できるというものではありませんが、現在の借入れ状況を把握すると同時に、なるべく「まとめる」ことを念頭に、完済に向けての返済計画を練り直すことは、とても重要なことです。そして、現状よりも低い金利により、支払総額が少しでも低くなるようなら、「おまとめローン」に借り換えることは、お得な方法と言うことができるでしょう。

カードローンの返済期間が長い人は、過払い金が発生している?

「過払い金」とは、賃金業者に対して払い過ぎた利息のことを言います。利息制限法の金利は、借入れをする元金の金額により年利15%~20%と定めされており、それを超える金利で、カードローンの返済を長期間に渡って支払い続けた結果、借り入れた元金が法律上では、完済となっているにもかかわらず、尚も、超過利息分を支払い続けた場合に発生します。

過払い金が発生する条件には、ある程度(5年~10年以上)利用していることがあげられますが、「カードローンの返済期間が長ければ発生している」というものではなく、金利が利息制限法の範囲内で利用している場合においては、10年以上借り入れ続けている人でも発生することはありません。

過払い金が発生しているかどうかを確認するためには、賃金業者から「取引履歴」を取り寄せる必要があります。通常であれば、電話で「取引履歴を下さい」と連絡を入れることで、郵送などで送ってくれますので、それを確認しながら利息制限方に基づき再計算をすることで、算出することができます。計算ソフトは、インターネット上に無料ソフトがありますので、そちらをダウンロードして使用すると簡単に計算することが出来ます。

この段階で、払い過ぎていることが明らかになった場合には、「過払い金」として返還請求が可能となります。自力で賃金業者に対し、返還請求をすることもできるのですが、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼してお任せした方が、確実かもしれません。ただし、この場合には、費用がかかりますので、その点の比較と、信用できるかどうかも併せて、確認をした上で依頼するといいでしょう。

カードローン返済に行き詰まりを感じた時の相談先について

便利なカードローンを使用しているうちに感覚が麻痺してしまい、気が付くと複数のカードローン会社から借入れをしていて「返済額が思っていた以上に大きくなっていた」という人も少なくありません。そして、現状での返済に行き詰まりを感じている人もいるのではないでしょうか。

このような時は、まず、どの会社にいくら借入れをしているのか、金利はいくらで借りているのか、複数の金融会社から借り入れている総額はいくらであり、月々の返済総額はいくらなのかなど、現状を把握してみましょう。現実の数字に向き合うことは、勇気のいることかもしれませんが、把握してから相談する方が、より具体的なアドバイスをもらうことができます。

対応策の一つとしては、金利の低い金融会社に借り換えをする「おまとめローン」という方法です。何度もある返済日が月に一度となるので、自己管理がしやすく、金利が低くなるため、返済総額も減る可能性があります。また、一本化するにあたり、再度、自分が抱えている借金の返済計画を見直すチャンスにもなりますので、「おまとめローン」を取り扱っている会社へ相談してみるのもいいでしょう。

ただ、審査が通らない場合もあることや、借入れに適用される金利が思ったほど、低くない場合には、月々の返済がこれまで以上に苦しくなることも考えられますので、その点に関しては、担当者にしっかりと確認をする必要があります。まとめた方が、損になる場合には、得策とは言えません。

また、債務整理などの法的な対応策を考えている場合には、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談してみるといいでしょう。この場合は、通常、高額な費用がかかります。「相談無料」「着手金無料」など、事務所により、報酬の支払額や方法も違ってきますので、費用の面を確認して、信用のおける専門家に依頼するようにしましょう。

その他には、消費生活全般に関する公的な相談窓口が各居住地にあり、多重債務に関する相談も受け付けていますので、こういった専門機関に、まずは相談をしてみることにより、的確なアドバイスを受けられますのでお勧めです。このように、相談先はいくつもありますので、一人で悩まずに、返済についての相談をすることにより解決の糸口を見つけるようにしてみましょう。

1 2 3 >