カードローン 審査 甘い

収入に不安がある人も甘い審査で融資可能なカードローン選びを。

一般的にカードローンにおける審査は、年収や勤務年数、雇用状態など、その人の就業に関する情報が重要視されています。もちろん返済能力のない人にはお金は貸せないということです。

一方で、学生向けや専業主婦向けのカードローンもあるように、ニーズのあるところにはそれなりの条件で融資する会社もあるのです。学生向けローンのほとんどは金利が低く設定されており、融資額も50万円までとなっていますので、アルバイトをしていれば融資してもらえます。滞りなく返済できていれば、親に連絡が行くようなことはありません。学生向けローンを利用する際には、身分を証明する物の一つとして、学生証の提示が必要です。

専業主婦向けのローンは、収入のない専業主婦にお金を融資するわけですから、配偶者の同意が必要となります。配偶者にどうしても知られずにお金を借りたかったら、銀行系のカードローンを利用するしかありません。銀行カードローンは総量規制の対象外となっているため、専業主婦でも借りることができるからです。もちろん限度額は低く、30万~50万円位までとなっています。

一般のカードローンに比べ、収入という大きなポイントの審査基準が甘くなっているのがこれらのローンの特徴です。同じように、収入が不安定なフリーターなどでもある程度の勤務年数があれば融資を受けることも可能です。いずれにしても借入限度額が低いことと、金利が高くなってしまうことは考慮しなくてはならないようです。

いくら金額が低いからと言って、月々の返済を甘く見てはいけません。収入に不安があるならば、余計に返済計画をしっかり立てて、毎日の生活に影響のない範囲で利用するように心がけることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加