カードローン 審査 ブラック

ブラックリストって実在する?カードローンの審査の仕組みについて。

ブラックリストという言葉、聞いたことがありますよね?でも本当に「ブラックリスト」なるものが存在しているのでしょうか。そして、その「ブラックリスト」にはどのような情報がふくまれているのでしょう。

私たちがローンを組んだり、銀行から融資をうけたり、クレジットやキャッシュカードを利用した場合、いつ、どこから、いくら借りたのか、支払状況はどうなっているのかなどの情報は、個人信用情報に記録されます。

もちろん、誰でもローンを組んだり、クレジットを利用するでしょう。ほとんどの人がその返済も滞りなく完済していることでしょう。それ自体は何の問題もありません。ただ、利用し返済が終わったという情報ですね。

一方、借りたものの返済が何らかの事情によって滞ってしまった場合、その情報が特記事項として記録されてしまいます。この特記事項に追記されたことを、「ブラックリストに載った」と呼んでいるのです。

個人信用情報はローン会社同士、共有することが認められています。1社で延滞が記録されると、どこの会社でもその事実を知ることができるという仕組みです。それによって、ローン審査を通すかどうか、各社審査しているのです。

また、何件か審査から落ちてしまった場合、申込ブラックとなってしまい、どこの会社からも融資してもらえないことになります。たとえば、いくら金利が安いからといって、審査基準が厳しいところに、他社からの借り入れが何件もある人が申込したとしても、申込ブラックになってしまうリスクが高く、利口な方法とは言えません。

ローン会社の審査基準は公表されてはいませんが、不利な要素を持っている人は、金利の低さだけにこだわらず、審査に通りやすいところに申し込む方が無難です。

このエントリーをはてなブックマークに追加