カードローン 必要書類

カードローンの速やかな手続きには、事前に確認。必要書類について。

カードローンを利用したいと思ったら、窓口での手続きの他、インターネットでも簡単に申込することができます。通常、インターネットで必要事項を入力すると、融資可能かどうかを簡易的に判断し、審査に通るとすぐ融資出来るような会社もあります。

その後、必要書類を郵送で送ることになりますが、その際要求される書類については、本人を確認するための身分証明書と、健康保険証になります。特に健康保険証は、これ一つで、その人がどのような仕事を持っているかがだいたい分かってしまうので、ローン会社にとっては必ず確認したい書類と言ってもいいでしょう。

健康保険証は、共済・社保・国保に分かれていて、公務員であれば共済であり、一般的な会社員は社保、自営・フリーターは国保に属するため、大まかな業種が判断できるのです。
これによって、公務員であればより安定した収入を期待できる分、審査にも有利となったり、融資額も高めにしてもらえたりするのです。

パスポートや運転免許証は顔写真のついた身分証明となり、大変信頼できる証明書と成ります。より確実に審査に通りたい場合や、高額の融資を受けたい場合は、これら顔写真入りの身分証明書と、健康保険証の組み合わせを用意しておく方がよいでしょう。

借入額が50万円を超える高額になる場合、審査はより厳しくなります。その際、収入を証明する書類として、源泉徴収票を求められることが多くなっています。速やかに手続きができるよう、必要書類については事前に確認し、前もって用意しておくことをお薦めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加