カードローンの審査や申込み

記事一覧

収入に不安がある人も甘い審査で融資可能なカードローン選びを。

一般的にカードローンにおける審査は、年収や勤務年数、雇用状態など、その人の就業に関する情報が重要視されています。もちろん返済能力のない人にはお金は貸せないということです。

一方で、学生向けや専業主婦向けのカードローンもあるように、ニーズのあるところにはそれなりの条件で融資する会社もあるのです。学生向けローンのほとんどは金利が低く設定されており、融資額も50万円までとなっていますので、アルバイトをしていれば融資してもらえます。滞りなく返済できていれば、親に連絡が行くようなことはありません。学生向けローンを利用する際には、身分を証明する物の一つとして、学生証の提示が必要です。

専業主婦向けのローンは、収入のない専業主婦にお金を融資するわけですから、配偶者の同意が必要となります。配偶者にどうしても知られずにお金を借りたかったら、銀行系のカードローンを利用するしかありません。銀行カードローンは総量規制の対象外となっているため、専業主婦でも借りることができるからです。もちろん限度額は低く、30万~50万円位までとなっています。

一般のカードローンに比べ、収入という大きなポイントの審査基準が甘くなっているのがこれらのローンの特徴です。同じように、収入が不安定なフリーターなどでもある程度の勤務年数があれば融資を受けることも可能です。いずれにしても借入限度額が低いことと、金利が高くなってしまうことは考慮しなくてはならないようです。

いくら金額が低いからと言って、月々の返済を甘く見てはいけません。収入に不安があるならば、余計に返済計画をしっかり立てて、毎日の生活に影響のない範囲で利用するように心がけることが大切です。

初めてのカードローン申込なら、じっくり会社選びから。

カードローンを利用したいと思ったら手続きが必要です。カードローンは銀行系や消費者金融系などがありますので、まずはどこで借りるかを検討し、申込用紙を準備します。申込用紙の他に必要な書類を用意しておきますが、借りる先によって必要書類は異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

一般的には本人確認が取れる、運転免許証や健康保険証、パスポートなどになります。借り入れる額によっては給与を証明するものとして源泉徴収票や給与明細を求められる場合もあります。

必要な書類が揃ったら、いよいよ申込です。カードローン会社や銀行に直接出向いて提出しますが、その他にもATMで手続きが可能であったり、パソコンからも申し込むことができます。パソコンならば24時間好きな時に手続きできるので、忙しい方にはとっても便利です。

ローンの手続きをすると、通常、ローンを受けるための審査が行われます。なかには審査が即時に終わり、すぐに融資を受けることができる会社もあります。また審査時に、本人の勤務状況を確認するために会社あてに電話をかけるところもあります。ローンを受けるための審査が終わるといよいよ融資を受けることができるのです。

金利も低く、融資額が高いことで人気のある銀行カードローンには個人向けと法人向けの2種類あります。個人向けは担保が不要な無担保型のものが多く、保証人や保証料も不要なものがほとんどです。一方、消費者金融系のローン会社も、最近では低金利のものが増えてきているので、申込するまえにいろいろな会社のメリットデメリットを検討し、よりよい条件や自分に見合った条件のところを探しましょう。

審査時間もスピーディ。より身近になったカードローン

手続きが簡単になって、ますます身近な存在になったカードローン。昔よりの低金利商品や融資までの期間が非常に短く済むものなど、さまざまなローンがありますので、必要に応じてうまく活用することができます。

通常、カードローンを申し込むと、融資可能かどうかの審査が行われます。審査の基準は各会社によって異なり、A社では可能であっても、B社では断られるようなことはよくあります。この審査を通らないことには融資を受けることはできません。

一般的に審査の基準となるのが、利用者の信用情報だと言われます。信用情報とは、その人の収入や勤務先、他社の利用履歴や返済状況などを言います。たとえば、勤務先が大企業だった場合、融資の額が多かったり、収入は高くなくても、勤続年数が長かったり、持家だったりすると有利になったりといった具合に、各会社で信用情報を元に判断されるのです。

インターネットを活用すると、その会社の審査に通るかどうかを瞬時に知ることができます。一度に何社かの審査を確認することができますので、いざという時にすぐ借りられるところを調べておくのも手です。

ただし注意が必要なのは、インターネットでの審査は仮審査であって、その後に書類提出による本審査があるということです。仮審査の際にきちんと申請して入力しないと、本審査でNGとなることもあるのです。審査はスピーディに行われますが、審査自体が甘くなっているわけではありませんので、そのあたりを勘違いしないようにしましょう。

<1 2 3