カードローン 嘘

ついついやってしまう嘘。カードローンではその嘘が命取りなんです。

カードローンは誰でも簡単に利用できるものではありません。カードローンも借金と同じです。他者からお金を融通してもらうわけですから、見ず知らずの他人に自分を信用てもらえるような証拠を示す必要があります。

カードローンの世界では、それが書類による審査になるわけです。会社が安心してお金を貸せるような、信用情報を提供してください、ということです。では、一般的に第三者があなたを信用するためには何が有効でしょう。

第一に、借りたお金を返せるだけの「返済力」です。その「返済力」を一般的な尺度で示せるのが、定職に就いているかどうかです。得るものがあって、はじめてお金を借りることができるというわけです。

定職がありお金を借りることができたとして、そこでの年収が高ければ高いほど、高額の融資が可能だと判断されます。また、勤務年数が長いということで、社会的な信頼性と安定した収入が見込めるとして、プラス評価を受けることができます。

出来るだけ多くの額を借りたい、確実に審査に通りたいと思っても、ローン会社の審査によってはそれがかなわないこともあります。もちろん、申告時に年収や勤続年数など有利なように虚偽の申告としたとしても、その後の本審査で証拠書類を提出するため、嘘は分かってしまいます。

嘘をつくようでは、大切な信用情報に大きなマイナスになってしまします。個人信用情報はローン会社共有の個人データであり、そこに借り入れのすべての記録が記されているのです。

たとえば、何社からも審査に落とされているとか、返済に滞りがあるとか、申告時に虚偽の報告がなされた・・・などなどです。このように個人信用情報にマイナス要素があると、どこの会社からもお金を借りられなくなることもあるのです。

そんなリスクを冒すよりも、正しく申告し、その上で融資してもらえる会社を探す方がどれだけいいことか知れません。たとえ自分の条件が悪かったとしても、嘘の報告をして得することはありませんので、そういった行為は絶対に避けるべきでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加