カードローン 審査 勤続年数

カードローン審査には、勤続年数が大きく影響しています。

昔に比べ、転職することがスキルアップにつながると考えるようになった現代ですが、あまりに何度も職を変えることは、信用面で好ましくないことだとも言えるのです。特にカードローンや住宅ローンの申し込みを考えているならば、勤続年数を気にした方がいいでしょう。

カードローンを組む時に、勤続年数はとても重要な情報になります。カード会社にしてみれば、貸したお金を確実に回収したいわけですから、安定した雇用下にある人かどうかを見極めるのは当然のことと言えるでしょう。

審査を有利にするためには、最低でも6カ月以上の勤務期間が必要です。転職したてや、新入社員は審査に通るのが難しいと思った方がいいでしょう。また、勤続年数が足りないからといって、嘘を報告してはいけません。嘘の申告なども含めて、個人信用情報に記録されてしまいますので、大きなマイナス評価になってしまいます。

カードローンの審査に勤続年数が重要視されている一方で、もうひとつカード会社が重要だと判断するもののなかに他社からの借り入れについてがあります。当然ながら、複数の会社からお金を借りていたり、一社であっても多額の融資を受けている場合は審査時に通らないことが考えられます。

インターネットで簡易審査をすることができますが、その入力画面には勤続年数を入れるところはなくても、他社からの借入額の有無は必ずと言っていいほど入力項目になっているのです。もちろん本審査には勤続年数を含む、雇用状況を申請するので、勤続年数が大切だということに変わりはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加