カードローン 審査 通らない

「カードローン審査に通らない」にはきちんとした理由あり。

決まった収入がある人や、定職についていない人、専業主婦に学生。どんな立場の人にも急にお金が必要となることはありますね。頼れる人がいればいいのですが、周りに迷惑をかけず自分で何とかお金の都合をつけたいときなど、やはりカードローンはとても助かる存在です。

さて、先に挙げたいろいろな立場の人の中で、一番カードローンを受けやすい人は誰でしょう。お金を貸す側に立って考えれば、だれもが「決まった収入のある人」が安心して融資できると考えるのではないでしょうか。その理由は簡単です。「きちんと返済してもらえそう」だからですね。

もちろん、お金を借りる人の「人と成り」を知っていれば、たとえ収入の安定しない人であっても、「この人は必ず約束を守る人」だという信頼の元にお金を貸すことはできるでしょう。ただ、それが対会社となると、人と成りを知る由もないわけですから、やはり見た目の条件で信頼できるかどうかを決めるしかないのです。ローン会社にとって、その見た目の条件が収入の安定性なわけです。

定職さえあれば、たとえ非正規社員ではなくても、その勤続年数なども考慮され審査が通ることもあります。フリーターの場合、半年以上は勤めていなくてはなかなか審査基準には通らないようです。

融資を受ける際には融資限度額が決められますので、その人の収入に見合った額を限度額として設定されます。ですから、審査基準としては確実に返済してもらえるかどうかが重要であり、どのくらいの収入があるのかは審査基準ではないのです。年収の高い人にはたくさん融資出来るし、年収が低い人にはそれなりの融資を行えばいいわけです。

たとえ定職を持っている人であっても、他社からの借り入れがたくさんあったり、公共料金の支払いが滞っている場合、審査に通らないこともありますので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加