カードローン 信用情報

カードローンで見られるあなたの信用情報とは

人からお金を借りるとき、一番必要なのはその人との信頼関係ではないでしょうか。何も知らない初対面の人に、いきなりお金を貸す人はいませんよね?たとえお金を貸す会社であったとしても、基本的な考え方は同じことです。何も調べずにお金を貸すことはないのです。

では、何を持ってその人の信頼性を測るのでしょうか。個人に関する情報は個人情報といい、氏名や生年月日、住所・勤務先などがそれにあたります。いわゆるその人自身を特定してしまう情報のことです。この個人情報に、年収や住宅に関する情報、ローンの有無や公共料金の支払情報を加えたものが信用情報と言われ、カードローンをなどのローンを組む時に見られる情報なのです。

カード会社が融資に関する審査を行う時、申込者の信用情報を個人信用情報機関に確認します。ここでは、クレジットカードやキャッシングの利用状況や現在の借入額などが記録されていますので、多重債務のある人や支払の滞納がある人が判明するのです。

お金を借りる際、公務員や大企業に勤めていたとしても、返済意思が低いと判断されると融資を断られる場合があります。いくら安定した収入があり、高収入だったとしても、延滞履歴があったり、未払いがあるのは返済意思がないと判断されかねないのです。逆にいえば、収入は低くクレジットなどの利用頻度が高くても、滞りなく返済が行われている場合は信用度が高くなります。

現在私たちの生活は、カード払いや料金後払いの銀行振り込みなどが頻繁に使われいます。日頃から、後払いの請求を期限期限内に済ませることや引き落としの残高不足にしないことなどに気をつけて生活することが大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加