カードローン 年収

カードローンに年収制限?実はとっても大切なんです。

2010年6月から改正賃金業法が施行され、新しく総量規制が導入されました。この導入により、借りる人の年収の1/3までが融資額と定められたのです。この規制の対象となったのが、消費者金融や信販会社、クレジット会社などであり、銀行からの借り入れは対象外となりました。また、住宅ローンや自動車ローンなども対象外となっています。

このことで、話題となったのが専業主婦のような無収入者は、事実上、独断で融資を受けることができなくなったということです。専業主婦が融資を受けたい場合は、配偶者の同意と婚姻の事実を示すものの提示が必要となりました。専業主婦の中には、配偶者に内緒で日々の生活費や家計を、カードローンで賄っていた人も多く、これらの人には大変大きなニュースとなって報道されました。

しかしこの規制は、弱者を守るための規制であることは間違いありません。返せる見込みのない人にも平気で高い金利で融資をするようなローン会社から守るための規制だと言えるのです。実際、高い金利に苦しめられ、融資額を返金することができず、自己破産に至るケースが後を絶たないことからも、こういった規制は必要だったのかも知れません。

カードローンを受ける場合のもう一つの規制が、すでに年収の1/3以上借り入れがある人は、新たにローンを申込むことが出来ないということです。この規制も、もうこれ以上返せる見込みのない人に、新たなローンを生まないようにするための規制です。複数のローン会社とローン契約を結んだ結果、ローンを返済するためのローンを抑止するための規制と言えるでしょう。

カードローンの年収制限は、借り手側には都合の悪いこともあるかも知れませんが、ある程度の規制の中で、ローン計画を立てることが最も大切なことなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加