銀行 カードローン 比較

カードローンなら絶対に銀行系がお得!メリットとデメリット比較

カードローンには、銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンがあります。そのなかでも特に人気が高いのが、銀行系のカードローンです。

銀行系カードローンの最大のメリットは何といっても金利が安いという点です。しかも銀行カードローンは、総量規制の対象外になりますので、年収の3分の一以上の額でも借りることができます。つまり、年収が300万円の場合、信販系と消費者系では100万円以上は借りられませんが、銀行系なら審査さえ通れば、それ以上の金額も借りることができます。利用限度額も高めに設定されていますから、一度に大きな金額が必要な時にも向いているでしょう。

さらに銀行系なら、提携銀行・コンビニ等、借入れや返済に利用できるATMが多く、利便性にも大変優れています。そして何といってもサービス提供しているのが銀行ですから、イメージも良いですし、安心感や信頼感が違うのではないでしょうか。

デメリットとしては、消費者金融等に比べて審査がやや厳しいという点です。例えば消費者金融ではパートやアルバイトの収入でもたいてい審査は通りますが、銀行系では収入が不安定だったり、他社での借入れ件数が多い場合は審査が通りにくくなっています。逆に言えば、正社員で他社からの借入れがない、過去に支払いが滞ったこともないという方はこの点についてはあまり心配しなくて良いでしょう。

審査に関してですが、カードローンやキャッシングの業界では、他社での借入れ額だけではなく、他社への申込み状況も共有されています。自分の収入状況、借入れ状況に合わない会社ばかりに短期間に何度も申込みをして断られていると、「申込みブラック」となり、しばらくは借入れができなくなってしまいますから、注意が必要です。銀行系カードローンの審査が通らなかった場合は、信販系や消費者系も検討してみましょう。

このように審査さえ通れば大変おすすめな銀行系カードローンですが、カードローンはあくまでも借金ですから、必要な額だけを、無理のない返済期間で借りるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加