カードローン 解約

使わなくなったカードローンのカードは、きっちり解約しましょう。

カードローンを利用してお金を借り入れ、それを完済し終えたら、すぐにカードローン契約自体を解約することをおすすめします。というのも、カードローンのカードを保持すると、信用情報機関にその情報が掲載されるので、ほかのローンを契約する際に影響を与えたりすることがあるからです。

カードローンのカードには、有効期限が設けられており、期限が切れる頃に自動再交付され、継続契約されるシステムになっています。ですので、いつでも限度額の上限までカードローンを利用できるという状況にあるということになります。このカードローンのカードを、たとえ利用していなくても、複数枚所持していると、信用情報機関に複数のカードローンが契約中であることの情報が掲載され、住宅ローンを組む際など、審査の時に考慮されてしまうこともあるようです。

健全に完済し終えていれば、新たな契約は、いつでも結ぶことは可能ですので、使わなくなったカードを「万が一のために」と保持するよりも、解約してしまうのが賢明と言えるでしょう。

解約するには、完済していることが第一条件で、未完済の場合は解約することができません。完済し終えたら、解約の書類を各カード会社から取り寄せ、解約の手続きを進めましょう。解約の手順は、カードローン会社に直接電話をし、解約手続きの申請をします。カードローン会社によって、手続き方法が若干異なりますので、案内に沿って解約を進めてください。

解約の際に、カードローンを解約したことを確認できる残高証明書や契約書を、しっかり手元に保管しておき、万事に備えておきましょう。

カードローンは、完済したら、解約する。そして、また必要になった時に、新たに契約を結ぶ。これが、賢いカードローンの利用方法だと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加