カードローン 多重

カードローンでは避けたい「多重」とは?多重が引き起こす障害。

お金が急に必要になった時に、簡単にお金を借りられるのが、カードローンのメリットですが、その便利さに、お金が足りない時はいつでもカードローンでキャッシングをしてしまい、気が付けば限度額いっぱいいっぱいになっていて、仕方なく、他社でも借りて…と繰り返すことを、多重債務といいます。この多重債務の状態に陥ってしまう人が、結構たくさんいるというのは、みなさんご存知のとおりです。

多重債務に陥ると、月に何度も返済日がやってきますし、どこでいくら借りたのかということすら、こんがらがってしまうようです。そして、借金を借金で返してしまうことになる人も多く、なかなかその連鎖から抜け出せずにいる人も多くいます。

その状態から抜け出すためには、一本化して返済するという、おまとめローンがおすすめですが、ここで気をつけたいのが、一本化できたとしても、また、ちょっとしたことで他社から借り入れをしないということです。

一本化するということは、新たに契約した金融機関が、あなたに変わり、複数の金融機関に一括返済をします。そうすると、あなたが最初に契約したいくつもの金融機関は、あなたを「一括返済した優良顧客」として登録し、さらに条件を優遇して融資をしようとします。この誘惑に負けてしまわないためにも、一本化したあとは、そのほかのカードローン会社の契約を確実に解約しましょう。

また、急な資金調達のため、一度に何社もの金融機関に審査を申し込む、「多重申し込み」というのもあります。

何社にも申し込んだのに、なんで審査が通らないのか、不思議に思われる方もいるかもしれませんが、これにはカラクリがあります。クレジットカードやカードローンを申込む際は、必ず審査を必要とします。この審査は、審査会社が個人信用情報機関にあなたの個人情報を照会します。この信用情報には、あなたの今までの借り入れの契約、月々の支払額、返済の遅延の有無や債務整理等の事故情報などが明記されています。あなたが一度に複数の金融機関にカードローンやクレジットカードを申し込むと、申し込んだだけで、その情報が一定の期間、記載されてしまいます(一定の期間とは、大体半年と言われています)。

審査係の人たちは、その情報を見ると、「この人は、お金に困ってそうだな、何らかの金策に走っているな」と感じ、審査を落としてしまいます。また、申し込みの事実があるのに、契約したという情報が載っていないということは、審査に落とされたということですから、そこから信用を得て審査に通るというのは、かなり難しいでしょう。

そしてなにより、多重債務や多重申し込みが掲載された個人信用情報によって、住宅ローンやオートローンなどが組めなくなることすら、あるのです。お金を借りるうえで、最も避けたいのは、多重です。この点をしっかり踏まえて、計画的に利用しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加