カードローン 特定調停

知って納得!自己破産・任意整理・特定調停・個人民事再生。

カードローンを利用するにあたって、まれに耳にすることのある債務整理。その債務整理と言われるものを、細かく説明していきましょう。

まず、債務整理とは、多重債務や借りたお金を返せなくなった時に、お金を整理して、返済できる金額に減額したりする制度です。

その方法は4つあります。
・自己破産
・任意整理
・個人民事再生
・特定調停

このうち、自己破産は借りたお金が全てゼロになりますが、住宅や財産などは全て没収され、給与も4分の1か、21万円のどちらか多いほうが差し押さえられます。また、一定期間、破産者として信用情報に登録されるため、新たにローンを組むこともありませんし、破産したことで、保証人に借金の取立てが行き、保証人も破産してしまうかもしれないという特徴があります。

次によく聞く、任意整理です。任意整理は、裁判所などを使わず、弁護士か司法書士が金融業者と直接交渉をします。交渉で、借り入れ金を減免してもらい、3年間および5年間という期間を設けてすべて返済してくという方法です。

任意整理と同じような債務整理の方法が、特定調停と呼ばれる方法です。特定調停とは、弁護士や司法書士に頼らず、裁判所などの公的機関を通して債務を減免、整理し、3年間という機関で返済し終えるというものです。こちらは、弁護士や司法書士に支払う費用はもちろん生じませんが、もし、その支払いが滞ってしまった場合、給与を差し押さえられてしまうので注意が必要です。

次に、個人民事再生ですが、こちらはあまり聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。ニュースでは、企業等の民事再生法をよく聞くかと思いますが、それの個人バージョンと考えていいでしょう。個人民事再生は、他の債務整理の方法と比べて費用が多く掛かることが多いようですが、内容としては、やや有利で、住宅ローンは除外され、マイホームを手放すことなく、債務を減免できます。条件としては、5000万円以下の債務で、給与または、定期的な収入を得ることの出来る人が、減額された借り入れ金を3年かけて返済していきます。

以上のように、多重債務者を救済する様々な法律や方法がありますが、債務整理に陥らないよう、計画的な利用を心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加