カードローン 複数

知っておきたい、複数のカードローンを契約すると生じるデメリット

カードローンを契約している人は、一社だけの契約だけではなく、複数社のカードローンを契約している人もいるでしょう。ここで、カードローンを複数契約していると、どういうデメリットが生じるのかを見ていきたいと思います。

まず普通は、複数のカードローン契約を、一気に結ぶことは大変難しいことだと考えていていいでしょう。なぜなら、日本の金融業者やクレジットカード会社、銀行などが加盟する信用情報機関に、短期間ではありますが、申し込みの事実が掲載されるからです。

もし、あなたが複数のカードローンに申し込んだことが掲載されてしまうと、他にカードローンの契約をしようとしたときに、審査のために審査会社が信用機関にあなたの信用情報を問い合わせた際、複数のカードローンを申し込んだことが知られてしまいます。すると、「一度に多数の契約をするのは怪しい」と思われ、審査が通らなくなる可能性が高まります。

また、その信用情報には、あなたがどこから、どのくらいの借り入れをし、きちんと返済ができているかどうかという情報も掲載されています。もし、あなたが一度でも返済を遅延したり、滞納したりした場合があると、もちろん、その情報が掲載されます。そのような遅延や滞納、または破産や債務整理をしたことが信用情報に掲載されているものが、俗にいう「ブラックリスト」と呼ばれるものです。

この信用情報は、金融業者やクレジットカード会社、銀行などが、契約の審査時に閲覧することができるため、あなたが住宅を購入するための住宅ローンやクルマを買うためのオートローンを借り入れようとした時も、閲覧されることになります。

ですので、カードローンを複数契約すると、次に借り入れをしようとしたとき、審査が厳しくなったり、もしくは通らなかったりする可能性が出てくるのです。

注意しておきたいのは、カードローンなどは、利用中はもちろん、返済を全て終え、完済した状態にあっても、契約しているだけで「契約中」という掲載がされ、消えることはありません。

その信用情報から契約中の文字を消すには、解約する他にないのです。もし、カードローンで借り入れたお金を完済したなら、「次、また借りるかもしれないから」と手元に保持しておくよりも、早めに解約することが、その後の借入時に有利になると言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加