カードローン 仕組み

カードローンの種類と仕組み。同じローンでもこんなに違う!

カードローンと一口に言っても、銀行カードローン、銀行系カードローン、消費者金融カードローン、信販会社カードローンと、その形態は様々です。特に有名なのが、プロミスやアコムなどの消費者金融系カードローンでしょうか。その次によく目にするものは、銀行と貸金業者が子会社を作り、窓口を銀行に構え、契約は消費者金融業者と結ぶ銀行系カードローンです。

一般に、金利が低めに設定されている銀行カードローンは審査が厳しく、逆に、金利が高めに設定されている消費者金融系カードローンは審査が甘い、と言われています。

また、消費者金融系カードローンは、総量規制という、年収の3分の1以上の借り入れを禁止する貸金法が設けられています。例えば、年収が200万の人なら、1つのカードローン会社からでも、複数のカードローン会社からでも、借り入れた金額の総額が、年収の3分の1、計算すると、(年収200万円÷1/3=66万円)で、66万円以上の借り入れは出来ないとなっています。

貸金法とは、貸金業者に対して定められた法律であり、貸金業者の定義は消費者金融業者やクレジットカード会社、信販会社などで、銀行は金融会社ではありません。ですから、銀行カードローンは総量規定外となります。

では、銀行系はどうでしょうか?先にも述べたように、銀行系カードローンは、窓口は銀行ですが、実際の契約は消費者金融業者と契約を結びますので、総量規制が適応されます。

注意が必要なのは、総量規制対象外である銀行と直接契約する銀行カードローンであっても、他の貸金業者からの借り入れがたくさんある場合などは、借り入れることが難しくなることです。

あなたがクレジットカード会社や消費者金融業者、銀行等からお金を借りたり、クレジットを使用している場合、信用機関にその情報が掲載され、どこでどのくらい借りているのか、また、返済に遅延、延滞がないかなど、一目で分かりますから、あちらこちらから借り入れをするというのは、ほかのローンの審査も通りにくくなるということを覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加