カードローン 使用目的

使用目的を設定しなくてもいいのが魅力のカードローン。

「ローン」と聞くと、どんなローンが思いつきますか?住宅ローン、教育ローン、オートローン、フリーローン…。今、私たちの社会には、多種多様、様々なローンサービスがあふれています。

この数々のローンは、それぞれどういった特徴があるのでしょうか

まず、一番わかり易いのは住宅ローンやオートローン、教育ローンといった、何のためにお金を使うのかというのがハッキリとわかっている目的別ローンです。そして、これらはローン契約の際に、その使途を明確に記入し、それを証明する書類等を添付して審査へと進んでいきます。

目的を限定することによって、金利が少し低く抑えられるというのがこの目的別ローンの長所ですが、その目的を果たすために使うことを条件としますから、その契約に違反し、目的外に利用した場合は、金融機関から金利の引き上げというペナルティを課せられたり、一括返済を求められたりすることになります。

これに対して、フリーローンや多目的ローンと言われるローンは、使用目的を限定せずに組むローンのことです。カードローンもその一つで、特に決まった使用目的がなくとも、お金を借り入れることができるローンです。目的別ローンと比べて、金利が少し高く設定されることもありますが、自由に使えるというのは、大きなメリットですよね。

今、人気の、多数の借り入れを一つにまとめる(=一本化する)おまとめローンは、「おまとめローン」という名目の商品として扱っているところもありますし、金融機関によっては、多目的ローンやフリーローンという商品で、多数の借り入れをまとめることができるようなものもあります。

複数の消費者金融から借り入れがある場合などは、返済額を軽減し、返済日も月に一度とわかりやすく、計画が立てやすくなる低金利のおまとめローンにまとめることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加