カードローン 限度額

カードローンの限度額が500万の主婦と、50万円の会社役員の謎

カードローンの広告を見ていると、「低金利」や「即融資」といった謳い文句にならび、「借り入れ限度額200万!」や、「ご融資は、最高500万円までOK!」と、高額な限度額が掲示されています。

その下段に「学生、パートでもご融資可能」なんて書かれていると、正社員でない、言わば不安定な収入なのに、いきなり200万や300万、時には500万円といった高額な融資が、即日に受けられるなんて、ちょっと危険な予感!なんて思ってしまいますよね。「限度額」というものについて、少し考えてみましょう。

融資限度額とは、その名の通り、「銀行がいくらまで貸せますよ」という額で、基本的には収入や職業などの審査をして、融資する側が融資限度額を決定します。利用者が借り入れ希望額を限度額いっぱいに書いたとしても、それが初回ですんなりと認められることは、まず少ないと考えてよいでしょう。というのも、あなたとカードローン会社の間に「信用」という実績が、融資をする際に大変重要な位置を占めるからです。

初めての利用で、カードローン会社から認められる限度額は、大体が約50万円前後と言われています。それを期限内にきっちりと返済し、また借りる。これを繰り返し行うことによって、カードローン会社とあなたとの間に「信用」が生まれ、その信用が増すごとに、限度額が引き上げられていきます。

たとえば、自分には収入の無い主婦がカードローンを申し込んで、最初の審査で限度額が30万円に設定されたとしても、その融資の範囲内での貸し借りをきちっとコンスタントに繰り返すことによって信用が生まれ、融資額が引き上げられて、最高融資額が300万や500万円へとなるのです。

これが、役員などを務める正社員がカードローンに申し込み、最初の融資額で100万円の融資限度額が設定されたとしても、返済が滞ってしまったり、全く借りないでいたりすると、カードローン会社との間に信用が築かれないために、限度額の引き上げはあまり無いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加