カードローン 確定申告

確定申告している事業者なら、総量規制対象外カードローンが有利。

2010年6月に施行された、総量規制。総量規制とは、年収の3分の1以上の借り入れが出来ないという貸金法で、この法律の施行によって、困ってしまうカードローンユーザーも多いはず。

そこで、もしあなたが個人事業主で確定申告を行い、一定の条件を満たしているなら、総量規制対象外の事業主カードローンを契約することができるのです。

個人事業主カードローンを借りるためには、どういった条件なのでしょうか。具体的な例を見ながら紹介していきましょう。まず、事業者専用ローンを展開するビジネクストでは、本人確認の書類と2年分の確定申告書を提出すれば、融資を受けることが可能です。

銀行系カードローンでは、近畿大阪銀行がオリックス・クレジット株式会社と提携して展開するビジネスカードローン「わくどりくん」という事業主ローンがあり、条件としては、確定申告書Bの所得金額欄の「営業等」、「不動産」の合計金額が100万円以上あり、業歴が2年以上、さらに、近畿大阪銀行が設定している基準を満たしていれば、借りることができます。

セゾンが提供している事業者向け不動産担保ローンでは、本人確認などの書類の他、確定申告書、新規事業の場合は事業計画書など、固定資産税や所得税などの納税証明書と担保不動産のローン残高が確認できる残高証明や返済予定表などを提出すれば、事業の資金として借り入れることが可能です。

オリックス・クレジット株式会社では、個人事業主専用カードローンという商品があり、これは、原則として個人事業主で業歴が1年以上であれば、本人確認書類の他、確定申告書の第一表および第二表を添えれば、契約できる。

さまざまな事業者向けカードローンを紹介しましたが、他に借り入れが多額にわたってある場合などは、審査時にはじかれて、契約ができないという場合もありえます。

事業者向けカードローンは、ある条件を満たせば総量規制外という扱いになりますので、健全な借り入れをする際は非常に有利な商品であることは間違いなしです。

もし、あなたが確定申告を行なっている個人事業主で、今までに多額の借り入れもないのであれば、いざというときには、事業者専用ローンを契約することをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加