カードローン クレジットカード 違い

カードローンとクレジットカードができることの違いを考える。

一見、同じようなサービスにも思えるカードローンとクレジットカード。その違いは一体何なのでしょうか。まず、各サービスについて詳しくみていきましょう。

カードローンは、契約時に発行されたカードを使って、キャッシュディスペンサーやATMを使って現金を借りることができますが、最近では、クレジットカードもカードローンと同じように、キャッシングができるものも多くなってきました。利息についても、クレジットカードでおこなうキャッシングもカードローンのキャッシングも、あまり変わらないと考えていていいでしょう。

もう一方のクレジットカードの特色は、何といってもショッピングという機能がメインだということです。
クレジットカードのショッピング機能というのは、お店やインターネットを通して買い物を楽しむことで、世界中、どの国にいても、そのお店が自分の契約しているクレジット会社に加盟していれば、そこのお店で現金を払わずに、クレジットカードで決済することができます。それに比べて、カードローン専用カードを使ってのショッピングは、国内外を問わず、することはできません。

また、クレジットカードは、海外でもキャッシングが出来るという特色を持っています。海外のキャッシュディスペンサーやATMを使って、現地通貨をキャッシングできるのです。この機能はとても便利で、現地の両替商や銀行に行くわずらわしさを解消でき、海外旅行者にはとても喜ばれているサービスです。この外貨キャッシングも、カードローンのカードではできません。ただ、気をつけておきたいのはクレジットカードのショッピングとキャッシングの利息の違いです。

ショッピングでは、一括払いなどを選択すれば、手数料や利息も無料という会社が多いですが、リボルビング払いやキャッシングなどの機能を使うと、利息が一気に高まりますので、注意が必要です。

カードローン専用カードと、クレジットカードの二つを比べると、クレジットカードを持っている方が、便利さで言えば有利でしょう。ですが、キャッシングの借り入れ限度額が高く設定されているのはカードローンです。どちらも、それぞれの特徴を出し、上手く棲み分けしているのですね。もちろん、両方とも、総量規制の対象になりますので、使いすぎには十分気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加