カードローン 会社

カードローン会社からの在籍確認の電話。仕事場にローンがバレる?

カードローンに限らず、お金を借りるときに必ずといっていいほど心配になるのが「会社への在籍確認の電話」です。

「私は営業で、会社にはほとんどいないのに、ほかの人がとってしまったらどうしよう」とか、「飲食店でアルバイトしているのに、アルバイトが休みの日に電話があったらどうしよう」と、不安になりますよね。

カードローンを申し込んだら、もちろん、審査するにあたって、本当にその会社に勤めているのか、という確認をしなければいけません。そこで、あなたが記入した勤め先に電話をかけ、あなたがそこに在籍しているかどうかを確認します。

その際、「お金を借りるっていうことが、ほかの人にバレてしまうんじゃないか」と気になるのは当然です。では、どのように電話をかけてきて、どのように在籍確認するのでしょうか。

ここであなたが想像するような「○○信販会社ですが、△△さんは本当に在籍していますか?」等と言うようなことは、一切ありませんのでご安心を。

ローン会社もプロフェッショナルですから、会社名は言わず、個人名でかけてきたり、グループ会社の、ローンを全く想像させない名前で電話をかけてきて、あなたがいるかどうかを確認します。

そこで、あなたがいれば、電話を取り次いでもらい、そこで「○○信販会社の□□です」と名乗ります。しかし、営業や離席をしていて取り次げない場合、あなたの会社の人は「△△は離籍しています」や、「△△は、外出しております」と伝えることでしょう。それが、在籍しているという確認なのです。

もし、あなたがその会社に勤めていなければ、「え?うちに△△なんていませんよ」という返答をするので、あなた自身がローン会社からの電話を取らなくても、在籍の確認が出来るということなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加