カードローンとは

クレジットカードとカードローンとは、何が違うの?

クレジットカードとカードローン。どちらも「お金を立て替える」という意味合いでは同じですが、その性格はまるで違います。クレジットカードとカードローンの違いをあげてみましょう。

まず、クレジットカードとはなんなのでしょうか。クレジットカードは、VISAやJCB、ニコスやアメリカンエクスプレスといったクレジット会社が発行するカードで、主にショッピング、買い物をする際の支払い方法の一つで、現金の持ち合わせがない場合や、クレジットカード決済で買い物をしたい時に大変便利なカードです。

クレジットカードを利用するには、クレジットカード会社に申し込みをし、審査を受けて、審査に通れば発行してもらえます。限度額はカードによって異なり、キャッシングが出来るクレジットカードもあります。

クレジットカードで支払った場合、その代金の支払い方法は一括払いや分割払い、リボルビング払いなど多数あります。一括払いを選択すれば、ほとんどのクレジットカード会社は利息を取りませんが、分割払いなどを選択すると、支払い回数に応じて年率が掛けられ、さらに毎回の支払いに手数料を加えて支払うようになります。

一方、カードローンというのは、現金資金を借り入れるためのカードであり、ショッピングやお店で利用することは出来ず、キャッシュディスペンサーやATMなどで現金を引き出し、利用するものです。

カードローンを利用する際は、アコムやレイク、プロミスなどといった消費者金融の会社に申し込み、クレジットカードと同様に審査を受け、審査に通ると利用できます。返済方法は、クレジットカードと同じように一括や分割などがあります。一括で支払っても利息は生じますが、完済期間が短ければ短いほど、利息が抑えられる構造になっています。なかには、指定期間内に完済するなら、金利が0(ゼロ)という商品もあるようです。

クレジットカードも、カードローンも、借りたらすぐ返す、という基本を守れば、低金利もしくはゼロ金利で賢く利用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加