カードローン ブラック

ブラックリストに自分の名前が載っているかどうかを調べる方法。

ブラックリスト。この言葉を聞いて、クレジットカードやカードローンを利用したことのある人なら、誰でも、自分の名前が載っているのかいないのかを知りたいと思うことでしょう。

実際は、ブラックリストという1つのリストは存在しません。

では、どんなものが「ブラックリスト」と言われているのでしょうか。現在、日本に3社ある個人信用情報機関が保有している個人の信用情報で、ローンの審査時などにローン会社が、申込者のクレジットカード利用履歴を見ることができるというものがあります。

これは、もちろん本人も見る権利があり、手数料を支払って、必要書類を揃えれば、窓口や郵送で照会することができます。また、最近ではインターネットを通しての照会もできるようになっていますし、機関によっては、携帯電話からでも簡単に照会できるようになっています。

その個人信用情報に掲載されているのは、今までの返済履歴や利用額のほかに、3回以上の返済の延滞や、自己破産、債務整理などの事故情報、クレジットカードやローン、キャッシングの申し込みが複数同時に行われたことなども掲載されます。これが、いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるものになります。

この事故情報は、ある一定の期間を過ぎると消えますが、その掲載期間は事故の形態や情報機関によっても異なります。延滞の場合の掲載期間は、延滞継続中はもちろん、延滞解消後1年から5年。自己破産した場合は、その情報が5年から10年は登録されています。

一度登録された情報は、それが間違いでない限り、どのような方法をもってしても、消すことはできません。詐欺にあってしまったり、まれに間違いであったりした場合は、それを申し立てると、機関が時間をかけて念入りに調べ、それが誤情報であると判断された場合、消去されることもあるようです。

この事故情報は、信用情報機関3社すべてが共有できるシステムになっていて、どこかで事故情報が掲載されると、すべての情報機関にその情報が共有されるため、一度ブラックリストに載ると、どの貸金業者からも借りられなくなるどころか、住宅ローンや車のローンといったものまで、お金を借りることが一切できなくなるのです。

信用情報機関は、クレジット会社全社が加盟する株式会社シーアイシー(CIC)、貸金業者が加盟する株式会社日本信用情報機構(JICC)、銀行や信金などの金融機関が加盟する全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つで、各連絡先は下記のとおりです。

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)http://www.cic.co.jp/index.html (照会方法)パソコン、携帯電話、郵送、窓口(照会手数料)1000円。

・株式会社日本信用情報機構 http://www.jicc.co.jp/ (照会方法)携帯電話、郵送、窓口(照会手数料)1000円。

・全国銀行個人信用情報センター http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/ (照会方法)郵送(照会手数料)1000円。

このエントリーをはてなブックマークに追加