カードローン 銀行

銀行カードローンなのに、消費者金融?カードローンの仕組み

銀行の店舗やATMに足を運ぶと、必ず目に入るカードローンの広告。消費者金融のカードローンと比べ、低金利ですし、銀行というバックボーンが与えてくれる安心感は絶大です。

一口に銀行カードローンといっても、銀行がお金を貸す銀行カードローンと、銀行を窓口にして、銀行と消費者金融が共同で作った子会社が貸し付けを行う銀行系カードローンの2種類があります。

子会社主体で運営されているカードローンは、実際、消費者金融が運営しているようなものなので、返済サービスなども豊富で、様々な返済方法が選択できるもの特徴の一つです。これらをひっくるめて、銀行系カードローンと称しているのです。

銀行カードローンに申し込んで、審査に通らなくても、銀行系カードローンの審査には通るというのは、先にも述べたように、消費者金融が運営する子会社ですから、審査基準も消費者金融の基準と同じなので、同じ銀行の名前がついていても、審査基準が異なるのです。

主なカードローンには、三井住友銀行グループのモビット(金利年利4.8~18.0%、株式会社モビット)、三菱UFJフィナンシャル・グループアコム(金利年利4.7~18.0%、500万円まで、アコム株式会社)オリックスVIPローンカード(金利年利3.5~14.8%、800万円まで、オリックス・クレジット株式会社)、三井住友銀行グループプロミス(金利年利6.3~17.8%、300万円まで、プロミス株式会社)など。

主な銀行カードローンは、オリックス銀行カードローン(金利年利3.0~17.8%、最高800万円まで)、楽天銀行カードローン(金利年利4.9~14.5%、500万円まで)などがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加