カードローン 外国人

在日の外国人も利用できます。銀行・銀行系系カードローン

以前は閉鎖的だった日本も、最近はたくさんの外国人が住み、その2世、3世も珍しくなくなった今、話す言葉は日本語、教育も全て日本で受けてきた外国籍の人も増加しています。そんな、「ほとんど日本人」な外国人には、日本で暮らすなかで、日本国籍が無いということで、たくさんの弊害があります。住宅ローンを使っての不動産の購入はもちろん、賃貸住宅に住むにも一苦労です。

それはやはり、万が一、何かがあった時に逃げられる国外に場所がある、ということが、足踏みさせてしまっているのでしょう。

カードローンに関して言えば、現金を借りるだけ借りて帰国してしまい、日本に帰ってこなくなるのは、かなりの痛手ですから、なんらかの保証、デポジットを要求してくるのは当然でしょう。しかし、2世3世となっては、帰るところといえば、もはや日本の家。それなのに借りられないとなると、息苦しいですよね。

カードローンは、外国人であっても、外国人登録証や永住権を持っていれば、クリアできるケースがたくさんありますが、外国人が使えるカードローンは、消費者金融が多いんじゃないの?とお思いになる方も多いはず。ですが、そんなことはありません。

都市銀行のみずほ銀行カードローンは、では、永住権があれば申請できますし、銀行系と呼ばれる、銀行と消費者金融会社が提携した子会社が提供する「銀行系カードローン」も利用ができます。

例えば、三井住友と提携しているプロミスや、じぶん銀行が運営するじぶん銀行カードローン、イーオンが運営するイーオン銀行カードローン、オリックス銀行が運営するオリックス銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンのマイカードプラスやバンクイックなどであれば、外国人でも、外国人登録証や永住権をもって、申し込むことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加